ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

在学生を紹介

橋本 真里造形学部 建築・インテリア学科

橋本 真里

東京都/私立東洋高等学校 出身

Q1・2年生の授業と比べて変わったと感じるところは?

2年生までは、空想の条件や敷地を前提にして建築を考えることが多かったのですが、3年生の授業では実際にある場所をテーマに取り上げることが多くなり、より具体的な学びになったように感じます。

QBUNKAで成長したなと感じることは?

課題の取り組みとして敷地や美術館、建築物をたくさん見ることで、1年生の時よりモノの見方が身についたと感じています。今はインターネットで画像や感想をいくらでも調べることができる時代ですが、授業で現場に足を運ぶ大切さを改めて実感することができました。

Q現在取り組んでいる課題は?

建築デザインコースの「建築デザインスタジオⅡ」という授業で、“徳島県にある出羽島の未来を考える”をテーマに、増え続ける空き家を再生し、その土地に残る漁業と生活が一体となった持続可能なまちづくりのプランを考えています。夏休みには実際に出羽島に足を運び、島に住む方のお話を聞いて現地の雰囲気を感じることができたので、これからの地域社会の在り方をより現実的に捉えたプランが企画したいと思っています。

(2016年3月の取材より)

造形学部 建築・インテリア学科 関係リンク

建築・インテリア学科とは
就職状況
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP