ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

在学生を紹介

市川 博隆現代文化学部 国際文化・観光学科

市川 博隆

埼玉県/私立東京成徳大学深谷高等学校 出身

Qこの学科で学んでどんな変化を感じましたか?

外国や外国人に対する視野が広がりました。入学するまでは、彼らと日常的に接する機会もなく、日本人とは感覚や常識が全く違う人たちというイメージを持っていました。しかし、授業で世界各国の文化事情などを学び、また留学生の多い環境で直に話をする中で、実は日本人との共通点が多いことなど、さまざまな発見があり、異文化に対する関心が強くなりました。

Qこの学科を選んでよかったことは?

入学して強く感じたことは、「先生と学生の距離が近い」ということです。英語が伸び悩んでいることを先生に相談したときは熱心にアドバイスをいただけたり、習熟度別の少人数クラスで学べたので、TOEICのスコアは入学当初より300点以上アップし、今ではコミュニケーションのツールとして役に立っています。

Q卒業研究はどのような内容を研究していますか?

日本の地方活性化策の一つとして六次産業化に焦点を当て、研究しています。日本の歴史と文化事情を世界と比較していくうちに、日本のTPPへの参加問題をはじめ、戦後から現在までの農業の歴史について関心を持ったことがきっかけです。関連文献やニュース記事をあたるだけでなく、実際に六次産業化が行われている現場にも足を運び、関係者に取材をしながら研究を進めています。

(2016年3月の取材より)

現代文化学部 国際文化・観光学科 関係リンク

国際文化・観光学科とは
就職状況
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP