ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

在学生を紹介

小林 駿太朗現代文化学部 国際ファッション文化学科

小林 駿太朗

長野県/県立松本県ヶ丘高等学校 出身

Q1・2年生の授業と比べて変わったと感じるところは?

1・2年生は技術的な基礎をしっかりと学びましたが、3年生からはより専門的な内容に変わっていきます。各自が基礎を身につけているという前提なので、デザインや技術面でも自由度が増し、自分の選択次第で応用にチャレンジしていくことができます。

Q学んだことが将来につながっていると感じるところは?

スタイリスト・コーディネーターコースの「ファッション造形応用演習」では、ブラウスやパンツ、スカートなどの基本的な服からファッションショーの衣装まであらゆる服づくりを実践します。課題はみんな同じですが、自由度がある分、それぞれの個性が表現されて作品自体も面白いですし、自分の個性を伸ばす機会にもなっています。制作の中で作図から縫製まですべて経験できることも、デザイナーかパタンナーをめざす自分にとって、将来に確実に生きる力になっていると感じています。

Qこの学科を選んでよかったことは?

活気があり、学生同士仲が良いのでとても楽しいです。3年生からコースに分かれて学べるので自分が将来やりたいと思っていることに直結します。3年生のファッションショーや、これから行う4年生の卒業イベントに向けての準備は大変ですが、人生の大きな糧になると思います。

(2016年3月の取材より)

現代文化学部 国際ファッション文化学科 関係リンク

国際ファッション文化学科とは
就職状況
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP