ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

卒業生を紹介

小池 翔子 さん株式会社星野リゾート・トマム リテール企画営業ユニットマネージャー

小池 翔子 さん

2011年度 服装学部 服装社会学科(現:ファッション社会学科) 卒業

Qどんなお仕事ですか?

星野リゾートが経営する、北海道の星野リゾートトマムで、現在はホテル内ショップの店長を務めています。リゾートのオリジナル商品やお土産ものを扱っており、それらの販売促進や商品企画、開発にも携わっているため、観光地のリサーチは欠かせません。冬はスキーリゾート、夏には北海道ならではの自然体験ができ、年中活気にあふれています。

 

Q現在の会社でお仕事をされるきっかけは何ですか?

在学中は企画集団FUSEに所属し、照明担当としてファッションショーに取り組んでいました。みんなで一つのものつくる、ということがとても好きだったんです。就職の際も「大勢でひとつのことをする」ということができる会社を探して、業界の幅を広げて活動していました。もともとブライダルに興味があったのですが、そうした中でホテル業界へと転換したのは、リゾート運営という広がりをもった事業内容の中で、自分の可能性を広げたいと思ったことと、実際に働いているスタッフの雰囲気に惹かれたからです。

入社して1年間はOJTとして、現在働いている北海道トマム、軽井沢のウエディング、旅館などで勉強をさせていただきました。2年目からはトマム勤務になり、ウエディングの介添えのほか、フロント業務、カフェラウンジ運営など、6年目の今まで本当にいろいろな経験ができています。

Qどんな学生生活でしたか?

学科では、マーケティングを専門とするゼミの勉強を通してフリーペーパーを制作したりもしました。ゼミリーダーでしたので、メンバーをまとめ、チームをどうマネジメントしていくかなどを考えながら活動していました。企画集団FUSEでの経験もとても大きく、貴重な時間でした。入学前から2年生くらいまでは、「将来はファッションを仕事にしたい」と思っていました。けれど、ゼミでファッション以外の様々な業界に触れたり、FUSEで学部学科の異なる友人たちと関わるうちに、ファッションを専門にするよりも別のところで自分を活かせるんじゃないかと思うようになりました。それが、将来を考えたときに「大勢でひとつのことをする」「それを支えるようなサポート型のリーダーになりたい」という夢に繋がったんです。

Q受験を考えている高校生へメッセージをお願いします。

BUNKAは、特色ある学科や、東京の真ん中という立地が最高の環境です。ぜひこの環境を活かして自分の可能性を広げて欲しいと思います。

服装学部 服装社会学科(現:ファッション社会学科) 卒業 関係リンク

ファッション社会学科とは
卒業後の進路
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP