ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

在学生を紹介

宇津木 侑樹 さん造形学部 建築・インテリア学科

宇津木 侑樹 さん

東京都/私立明星高等学校 出身

Qこの学科を選んだ理由は?

部屋の模様替えが好きで、家具や照明器具にも興味がありました。BUNKAの建築・インテリア学科は、建物の構造はもちろん家具や照明器具のデザインなど内装インテリアにも力を入れていることを知りました。それが一番の魅力で入学を決めました。

Q印象に残っている課題は?

3年生のときに取り組んだ「清澄白河の店舗併用住宅リフォーム計画」という課題です。現地調査から手書き図面、模型制作、施工図、材料表の制作など、建物を建てる一連の流れを学ぶことができました。あえてCADを使わず手書きで8枚もの図面を書いた経験は自信にも繋がりました。とても大変な課題でしたが、その分大きな達成感を得ることができました。

Q卒業制作はどのような作品を制作していますか?

“UNDER PARK~新宿中央公園地下空間活用計画~”をテーマに制作に向き合う日々を過ごしています。上に伸びるビル群が特徴の新宿で、逆に地下を広く活用したら面白いのではないかと思い、何もなかった新宿中央公園の地下に複合商業施設をつくるという計画を考えました。これまでの課題よりも規模が大きいので難しい面もありましたが、4年間の集大成として納得できるものに仕上がったと思っています。

(2017年3月の取材より)

造形学部 建築・インテリア学科 関係リンク

建築・インテリア学科とは
就職状況
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP