ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

永富 彰子

  • Nagatomi Akiko

    服装学部 ファッションクリエイション学科

プロフィール

文化女子大学(現:文化学園大学)家政学部服装学科卒業、2004年本学教授となる。

【学 位】 学士(家政学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 論文
  • 「若年女子側面視体型の経年変化と体型特徴による分類」文化女子大学紀要第40集
  • 「被服設計のための3次元計測データの採取」文化女子大学紀要第37集
  • 「自動体型撮影機(シルエッター)の機構改良と検証」文化女子大学紀要第35集
  • 「成人女子用胸度式上半身原型作図法とグレーディングの関係研究」繊維消費科学会誌Vol.45 No4
  • 「1970年代のオートクチュール縫製技法を観る」服飾文化学会誌Vol.6 2013
  • 執筆
  • 『人間工学の百科事典』(共著)p368、p498、p502、p515 丸善(株)(2005)
  • 作品
  • 1970年代 ニナ・リッチのドレス再現(1)
  • 本学教員作品展出品:皮革素材の柔軟性とスラッシュ仕上げを生かしたドレス製作(2)(3)
研究内容

成人女子の体型分析とパターンとの関係について、30年前より10年毎に体型計測・分析をし、グレード量を学会誌に発表。本学博物館所蔵の衣裳再現により、オートクチュールの縫製技術を学ぶ。衣服におけるエコに関する調査。若者のストリートファッション(F)を調査し、Fの動向を分析。

所属学会

(社)日本人間工学会、服飾文化学会、(社)日本繊維製品消費科学会、日本感性工学会、ファッションビジネス学会

ギャラリー

  • (1)ニナ・リッチイヴニングドレス再現ドレス

  • (2)第5回:ガス燈

  • (3)第6回:万華鏡

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP