ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

河本 和郎

  • Koumoto Kazuro

    服装学部 ファッションクリエイション学科

プロフィール

青山学院大学経営学部経営学科中退後、文化服装学院に入学しファッションデザイン科を卒業。
個人事務所を設立しアパレル企業のOEMデザインおよびファッション専門誌のトレンド解説のイラストレーションを担当。その後文化服装学院デザイン研究室講師を経て、ソフトウエア開発会社の設立に参加、主にアパレル、インテリア関連の業務ソフトおよびウェッブシステムの開発を手掛ける。ソフトウエア開発会社を退職後、NPOを設立しクリエーター支援活動を始める。2012年本学教授に就任。

【学 位】 専門士

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 文化出版局主催のデザインコンテストで遠藤賞受賞、副賞でパリに遊学
  • 高久記念財団の助成金により動画を使用したデザイン教育支援システム開発・導入(1989年)
  • 山形の山口織物と共同でデジタルファブリック(PCでジャガードを生成)による型紙と柄の融合作品を発表(1990年)
  • 第1回MacExpo(幕張メッセ)にてMacintoshによるアパレルのデザインワーク講演(1991年)
  • 島津理科器械株式会社より高校生用「アパレル総合学習システム:アパレルWORKS」を発表(1994年)

■ 開発した主なソフトウエア

  • 東京都繊維試験場「アパレル業務支援システム」(1996年)
  • 日本インテリアファブリックス協会のカーテン・カーペットBPRプロジェクト「オーダーカーテンの業務システム」(1997年)
  • カーテン専門商社「オーダーカーテン見積発注システム」(1997年)
  • 東京の百貨店「顧客管理システム」(1999年)
  • 寝装品メーカー「ベッドの3次元シミュレーションシステム」(1999年)
  • インテリア専門商社「インターネットを活用したオーダーカーテン管理システム」(1999年)
  • 財団法人コンピュータ教育開発センター教育用コンテンツ作成事業「日本の伝統的工芸品」のコンテンツを担当、各地の工芸品を取材、動画・静止画による教材を作成(2000年)
  • 尾西毛織物協会の地域活性化プロジェクト「インターネットによる尾州の地域情報システム」(2000年)
  • 中小企業総合事業団「QRの促進と啓蒙のサイト構築」(2001年)
  • 縫製企業向け「縫製仕様書兼製品管理システム」(2003年)

■ 参加した主な委員会等

  • 地域振興整備公団の「中心市街地活性化委員会」の委員に就任、地域振興の提案を行う。(1995年 任期1年)
  • 東京都ミシン商工業組合の「経営革新プロジェクト委員会」委員に就任、業務効率化の提言を行う(2001年 任期1年)
  • 東京都ニット工業組合の「ニット産地戦略プロジェクト」の委員に就任、全国のニット産地を取材し調査・報告と提言を担当(2002年 任期1年)
  • 全国中小企業団体中央会の「脱下請・国内製造業の新ビジネスモデル研究委員会」委員に就任、製造現場でのITの活用を提言(2003年 任期1年)
  • 東京・岐阜のアパレル縫製工場の経営者とファッションゲートウェイアライアンス(事業協同組合)を設立し理事に就任、ファクトリーブランドに向けての提言を行う(2003年)
  • 経済産業省の繊維産業自立化支援事業においてニット製造会社のコンサルティングを行う(2005~07年)
  • 全国中小企業団体中央会の服飾加工業者の情報化プロジェクトにおいてシステムの開発を担当(2006年)
  • ユニフォーム業界のRFID(ICタグ)活用委員会の委員に就任、提言を行う(2007年 任期1年)
  • NPO設立クリエーター支援プログラム「スタイルデポ」を推進(2010年~現在)
  • 一般社団法人日本ファッション産業協議会のJ∞QUALITY商品認証審査員(2016~現在)
  • 著書
  • 『ファッションイラスト 始めの一歩』文化出版局
  • 『ファッションイラストレーショントゥデイ』文化出版局
研究内容

アパレルの企画・製造・販売の機能をモジュール化し、ITを活用し一つのユニットのように活動できる新しいビジネスモデルの研究

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP