ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

野口 京子

  • Noguchi Kyoko

    noguchi@bunka.ac.jp

    現代文化学部 応用健康心理学科
    大学院 国際文化研究科(修士課程)

プロフィール

早稲田大学文学研究科心理学専攻修士課程修了。コロンビア大学大学院社会福祉学修士課程修了後、同大学大学院健康教育学博士課程を経て日本健康心理学研究所長。1999年4月より本学教員。M.S.W.、保健学博士、認定指導健康心理士、臨床心理士、Advanced Certificate for REBT

【学 位】 修士(心理学)、修士(社会福祉学)、博士(保健学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 警察庁「国民生活の安全を守るための施策を研究する会」 委員:主に青少年にかかわる課題
  • (社)全国少年警察ボランティア協会 理事:大学生の補導ボランティア活動の実践を推進
  • 宇宙航空研究開発機構「宇宙飛行士選抜心理適性評価委員会」 委員:健康心理学的資質の検討
  • 児童ポルノ流通防止協議会 会長:少年の健全育成と性虐待防止のための対策
  • 著書
  • 『新版健康心理学』金子書房(2006)
  • 『ストレスと情動の心理学』実務教育出版(2004)
  • 『変化対応力』ダイヤモンド社(2000)
  • 論文
  • “Fashion and Health – psychological considerations to health promotion”IFFTI Journal(2009)
研究テーマ

行動変容におけるカウンセリングの効果に関する研究

研究内容

行動変容におけるカウンセリングの効果に関する研究。ストレス対処とパーソナリティ。健康心理学の視点によるアセスメント・介入・評価を含む総合的援助モデルの構築。ファッション心理学とウェルビーイング

所属学会

日本健康心理学会(常任理事)、日本心理学会(国際委員)、日本心理臨床学会、日本行動療法学会、日本交流分析学会、日本自律訓練学会、日本心身医学会、国際応用心理学会(理事)、アジア健康心理学会(副会長)

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP