ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

齊藤 眞理子

  • Saito Mariko

    m-saito@bunka.ac.jp

    現代文化学部 国際文化・観光学科
    大学院 国際文化研究科(修士課程)

プロフィール

州立ハワイ大学東アジア言語学部修士課程修了(米国東西文化センターfellow奨学生として)
豪州クイーンズランド州教育省に所属し、2年間日本語教育に携わる。豪州から帰国の際、東南アジアを3ヶ月一人旅する。豪州財団法人 日豪学術文化センターにて3年間コーディネーターを務める。
ハワイから帰国後、ヨーロッパビジネスマンへの日本語指導に2年間携わる。その後、文化外国語専門学校日本語教師を経て、1991年4月より本学教員となる。2007年1月~2009年12月日本語教育能力検定試験作成に携わる。1998年第10回世界青年の船に乗船し、アドバイザーを務め、2015年 第27回世界青年の船研修アドバイザーを務める。

【学 位】 修士(文学 [M.A. Asian Languages and Literature(Japanese)]

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 著書
  • 『日本語超級話者へのかけはし-きちんと伝える技術と表現』(共著)スリーエー(2007)
  • 『日本語上級話者への道-きちんと伝える技術と表現』(共著)スリーエー(2005)
  • 『ACTFL-OPI入門-日本語学習者の話す力を客観的に測る』(共著)アルク(2001)
  • 『文化初級日本語I・II』(共著)文化外国語専門学校(1987)
  • 執筆
  • 「上・超級日本語学習者における発話分析」『世界の日本語教育』第11号(共著)(2001)
  • 「日本語中級話者のおける発話分析」『JALT 日本語教育論集』第1号(共著)(1996)
研究テーマ

日本語教育・日本語教員養成・言語と文化に関する調査研究・異文化コミュニケーション

研究内容

ACTFL-OPI(インタビュー形式による会話能力試験)のテスタートレーナーを務める。OPIの書き起こしデータを利用し、学習者の会話能力の上達についてさまざまな角度から分析をしている。日本語教育実習の効果的な方法についての調査も行っている。

所属学会

日本語教育学会、異文化コミュニケーション学会、日本語OPI研究会など。

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP