ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

押山 元子

  • OSHIYAMA, Motoko

    職位:教授 (Professor)

    • 造形学部 デザイン・造形学科 Faculty of Art and Design / Department of Art and Design
    • 大学院 生活環境学研究科(修士課程) Graduate School of Fashion and Living Environment Studies (Master's Program)
oshiyama@bunka.ac.jp

プロフィール

文化女子大学(現:文化学園大学)家政学部生活造形学科卒業。
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科博士課程前期修了。
本学助手、講師、准教授を経て現職
公益社団法人日本工芸会の正会員金工部会幹事として活動に参加している。
2017年文化庁文化財部調査員。

学位

学士(家政学)、修士(経営管理学)

業績 (主要著作・論文・作品など)

  • 受賞
2017年 第46回伝統工芸日本金工展 東京都教育委員会賞
2014年 第43回伝統工芸日本金工展 東京都教育委員会賞
2010年 第50回東日本伝統工芸展 第50回展記念賞
2003年 第32回伝統工芸日本金工展 日本工芸会賞
2001年 第18回淡水翁賞 (財)美術工芸振興佐藤基金
1996年 第36回伝統工芸新作展 奨励賞
  • 入選(公募展)
1996年 日本伝統工芸展 以後出品
1989年 伝統工芸日本金工展 以後出品
1987年 東日本伝統工芸展 以後出品
2015年~ Asia Week New York   Onishi Gallery 2015~2018
2010年 21世紀の伝統工芸-世界の眼展
2008年 淡水翁賞二十五周年記念 新しい金工の美 展
2005年 Motoko oshiyama Metal work Exhibition
  • 論文
  • 「金工における色彩表現技法についての研究―撹拌文に関して(1)―」文化女子大学紀要 服装学・生活造形学研究38(2007)
  • 「彫金における色彩表現技法についての考察―銷箔押技法に関して―」文化女子大学紀要 服装学・生活造形学研究29(1998)

【修士課程】

・指導可能な分野
工芸・彫金・鍛金・ジュエリー

 

研究内容

伝統的素材を使用した金工制作において、金属表現の技法と工芸の可能性を研究し(公社)日本工芸会主催の公募展などに発表。ジュエリーへの工芸技法応用の可能性及び他素材との表現法の研究。工芸と工芸産業を通した日本文化と生活の関わりの研究。

所属学会

(公社)日本工芸会、(公社)日本工芸会金工部会、(公社)日本工芸会東日本支部、山梨美術協会

ギャラリー

  • 「風舞」

  • 「さざれ雲」

  • 「撹拌文ジュエリー」

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP