ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

田中 里尚

  • Tanaka Norinao

    nori-tanaka@bunka.ac.jp

    服装学部 ファッション社会学科
    大学院 生活環境学研究科(博士前期課程)

プロフィール

早稲田大学文学研究科修士課程を修了後、暮しの手帖社などで編集の仕事に携わりながら、立教大学文学研究科比較文明学専攻にて、博士(比較文明学)号を取得。2007年度に本学助教、2011年度より現職。

【学 位】 博士(比較文明学)
【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 平成22年度科学研究費補助金(若手研究B)「戦後日本における外見的価値観に関する社会史的研究」
  • 平成21年度服飾文化共同研究拠点研究助成「日本ファッションにおけるポップカルチャー的背景に関する研究 -戦後日本のポップカルチャー資料収集を中心に-」
  • 論文
  • 「『主婦之友』と戦後女性イメージの創出 -変容する洋装関連記事の分析を通じて-」平成18年度立教大学文学研究科比較文明学専攻博士号取得論文
  • 「「おしゃれ」と女性イメージ : 女性雑誌『ミセス』の1960年代をもとに」『デザイン学研究 特集ファッション・デザインとメディア』16(1) 日本デザイン学会(2007)
  • 「「おしゃれ」と女性-1950年代のファッション言説と消費社会化」『境界を越えて』(5) 立教比較文明学会(2005)
研究テーマ

日本近現代メディア史、社会史、服装思想論

研究内容

日本近現代における女性雑誌(主に「主婦の友」研究)の変遷とその中で表現された服装美の価値観(「おしゃれ」)の社会史的研究、ファッションとファッション・メディアとの関係性の実証的研究、戦後日本ファッションとポップカルチャーの関係性についての研究など。

所属学会

関東社会学会、立教大学比較文明学会、ファッションビジネス学会、同時代史学会

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP