ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

杉田 秀二郎

  • Sugita Shujiro

    sh-sugita@bunka.ac.jp

    現代文化学部 応用健康心理学科
    大学院 国際文化研究科(修士課程)

プロフィール

早稲田大学大学院人間科学研究科健康科学専攻修士課程修了、日本大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程修了。労働省産業医学総合研究所、東京都老人総合研究所を経て現職。認定専門健康心理士。小平市教育委員会平成28年度教育功労者。

【学 位】 博士(心理学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 著書
  • 『高齢者心理学』(分担執筆)建帛社(2004)
  • 『健康心理学・入門』(分担執筆)有斐閣(2009)
  • 『事例分析でわかるヘルスプロモーションの「5つの活動」』(編著)ライフ出版社(2016)
  • 訳書
  • 『シェパード老年学-加齢、身体活動、健康-』(共訳)大修館書店(2005)
  • 論文
  • 「健康観に関する心理学的研究」博士学位論文
  • 「個人の健康観と生き方の類型との関連」健康心理学研究(1994)
  • 「文部省学習指導要領(保健)の内容の変遷およびそこにみられる健康観」健康心理学研究(1998)
  • 「健康観はいかに測られているか-日本における健康観の調査的研究に関する展望-」健康社会学研究(2000)
  • 「薬物問題と社会の安全を考える~薬物乱用防止プログラムの実践とそれを支える地域の役割~」平成二十二年度公募論文論文集「薬物問題と社会の安全を考える」(2011)
  • 「女子大学生の健康観と被服行動との関連についての探索的研究」日本繊維製品消費科学会誌(2011)
  • 「大学生のファッションショーにおける心理的要因の研究(第1報)―ショーの前後における自己効力感・集団効力感の比較―」日本繊維製品消費科学会誌(2014)
  • ”Exploratory Research on the Image of Fashion Psychology and its Relation to Health among Female University Students in Japan.” 16th annual IFFTI conference proceedings. (2015)
受賞
  • 財団法人公共政策調査会・警察大学校警察政策研究センター共催 平成22年度公募論文「薬物問題と社会の安全を考える」最優秀賞 受賞(2011)
  • 日本健康心理学会・2013年度実践活動奨励賞 受賞「地域の小中学校における薬物乱用防止教室の実践」(2013)
研究テーマ
  • 健康心理学における主観的健康の概念的および実証的研究
  • ファッション心理学(ファッションにおける自己概念、対人関係、知覚、集団、流行等と心理的要因との関連)
  • 健康心理学とファッション心理学との関わり(ファッション健康心理学)
研究内容
  • 健康に影響する心理的な要因としての健康観、主観的健康度、生活の質などについての概念的な検討や実際の調査
  • ファッションと心理、対人関係、色彩、知覚(錯視)、購買、集団、流行等の関わりについてのファッション心理学全般
  • ファッションが心身の健康に与える影響(ファッションによる情動の活性化など)
所属学会

日本健康心理学会、日本心理学会、健康社会学研究会(副代表)、日本ヘルスプロモーション学会、日本繊維製品消費科学会

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP