ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

柳田 佳子

  • Yanagida Yoshiko

    服装学部 ファッションクリエイション学科

プロフィール

文化女子大学(現:文化学園大学)家政学部卒業、文化女子大学大学院(現:文化学園大学大学院)家政学研究科被服学専攻修了。本学助手、専任講師、准教授を経て2017年4月より教授。

【学 位】 修士(被服学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 論文
  • 「ファッションスタイルに対するファッションイメージ用語の適合性に関する一考察」日本感性工学会 ,Vol.13,No.1,p137-144(2014)
  • “Analyzing the Human Figure using 3D Measurements to Design Clothing for the Elderly -Focus on Neck and Shoulders-”41-54,IFFTI(2009)
  • 「3次元計測器による文化女子大学生の人体計測値」文化女子大学研究紀要第39集,103-108(2008)
  • 「衣服設計のための計測点自動設定システム作成のための基礎研究-頸側点および肩先点の自動設定-」日本感性工学会誌, Vol.6 ,No.2 pp.1-10Vol.6 No.2(2006)
  • 「ファッションスタイルに対するファッションイメージ用語の適合性に関する一考察(第2報)-日韓若年女性の比較-」日本感性工学会誌,Vol.16 No.1,p.9-18(2017)
  • 「ジャケットの嗜好性に関する日本とイタリアの比較-着用評価から分析するデザイン要素-」日本感性工学会論文誌,Vol.15,No.5,p.571-580(2016)
  • 研究助成
  • 科学研究費補助金採択研究(基盤研究 A):国際市場を前提としたファッションマーケティング・設計・製造過程と工学的体系化(研究分担当)(2011~2013)
  • 科学研究費補助金採択研究(基盤研究 S):国際市場を前提とする服飾造形とテキスタイルの設計提案に関する技術的経営的研究(研究分担当)(2012~2017)
  • 私立大学戦略的研究基盤支援事業:高齢期の心身ストレス・生活自立をケアする「住環境デザイン」学際研究(研究分担者)(2010~2012)
  • 科学研究費補助金(基盤研究A):ファッションアパレルの設計・生産・マーケティングと国際競争力強化に関する調査研究(連携携研究者)(2008~2010)
  • 科学研究費補助金(基盤研究A):三次元人体計測装置による三次元データ利用の高齢者用衣服パターンの自動設計開発(研究分担者)(2005~2007)
研究内容

デザインから感性情報までの衣服設計因子の多角的な分析から、アパレル設計システムの開発を行う為の研究。現在はラグジュアリブランド商品の特徴分析と、グローバル市場における製品開発や設計等に関する研究に取り組んでいる。また、高齢者用アパレル製品の開発に関わる研究を展開。

所属学会

日本家政学会、日本人間工学会、日本繊維機械学会、日本繊維製品消費科学会、日本感性工学会(理事)、ファッションビジネス学会

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP