ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

砂長谷 由香

  • Sunahase Yuka

    sunahase@bunka.ac.jp

    服装学部 ファッションクリエイション学科
    大学院 生活環境学研究科(博士前期課程)

プロフィール

文化女子大学大学院(現:文化学園大学大学院)家政学研究科被服学専攻博士前期課程修了。
本学服装造形学研究室に所属、助手・講師・准教授を経て2016年より現職。
主な担当科目は、「クチュール論」「クチュール演習」「アドバンストファッションデザイン特論II」。

【学 位】 修士(被服学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 研究助成
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究「環境問題改善に配慮した教育プログラムの構築」
    研究代表者(平成26~29年)
  • 「被服系大学における持続可能な社会を目指した教育プログラムの提案」、ファッションビジネス学会 Vol.21(2016)
  • 論文
  • 『オートクチュール仕立てによるドレスの構造』、服飾文化学会 Vol.6(2013)
  • 「パンツパターン作図法の検討 -図学的手法による- 個人対応のパターンメーキングシステム -トルソー原型の作製-」ファッションビジネス学会論文誌Vol.11(2006)
  • 「3次元計測器による文化女子大学生の人体計測値」文化女子大学研究紀要第39集
  • 著書
  • 「楽しくスクールソーイング-基礎から応用までの作品集」(分担執筆)開隆堂(2012)

【博士前期課程】

 ・指導可能な分野
ファッション造形学

・現在指導している大学院生の論文テーマ
「舞台衣装にみるオートクチュールドレスの構造」

・これまでに指導した論文テーマ
郭 以恒「日中における服飾制度の比較」 他

研究内容

「ファッションにおける環境問題改善のための学部教育プログラムの構築」について研究中。
「パンツパターン作図法の検討」(日本図学会)の研究では、非接触三次元人体計測装置により人体形状をデータ化し、パンツデザインとパターンの関係を図学的に研究。人体の体型特性と衣服パターンの関係についてを主な研究内容としている。

所属学会

日本人間工学会、服飾文化学会、ファッションビジネス学会、日本家政学会、日本繊維製品消費科学会

ギャラリー

  • Faible odeur

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP