トップページ » お知らせ・お願い » 事務局からのお知らせ

事務局からのお知らせ

文部科学省 「人文学及び社会科学における共同研究拠点の整備の推進事業」に採択

この事業は、大学に蓄積された人的・物的資源を活用し、国公私立大学を通じた共同研究の促進及び研究者ネットワークの構築、ならびに学術資料等の共同利用 の促進等、研究体制や研究基盤を強化するために、人文学及び社会科学分野における共同研究拠点の整備を私立大学等にも拡大することを目的とし、平成20年 度より実施されました。

申請大学は14大学あり、文化女子大学をはじめ、早稲田大学、慶應義塾大学、大阪商業大学、関西大学の5大学が各研究分野で採択され、本学には総合的な学 問分野である服装学やファッション文化の多様な研究を俯瞰しながら、相互の調整や学際的な共同研究を推進し、成果をあげ、日本の文化力・ソフトパワーを我 が国のみならず、世界に発信することが求められています。
また、この採択を受け共同研究拠点「文化ファッション研究機構」を設立し、10月3日には開設記念シンポジウムを開催しました。初年度は、「きもの」文化 に絞り込んだプロジェクト研究、ならびに服飾文化に関わる人文学、社会科学、自然科学・技術の三分野における共同研究を募る公募事業に取り組みます。

文部科学省 平成20年度「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に採択

この事業は、教育の質の向上につながる教育的取り組みの中から特に優れたものを選定し、広く社会に情報を提供するとともに、重点的な財政支援を行うことに より、我が国全体としての高等教育の質の保証、国際競争力の強化に資することを目的としています。短期大学の申請は73大学91件あり、本学を含む17件 が採択されました。

本学が採択されたプログラムは、「ファッションブランドビジネスモデルの構築―短大生のプロジェクトチームによる体験プログラム」とし、学生プロジェクトチームによってファッションビジネスの実体を体験することを目的としています。
本取り組みは、短期大学部服装学科の教育が専門知識の修得にとどまらず、現在のファッションビジネス業界の現場で通用する人材を育成することを目的としています。
ファッションクリエイティブコースとファッションビジネスコースがチームを編成して互いの専門領域を生かして、企画・運営・サンプル製作・店舗計画・販売 促進までの業務フローを実体験します。2年という短い学習期間の中でもキャリアプランが明確となるものです。