トップページ » お知らせ・お願い » 事務局からのお知らせ » 東北支部被災会員への支援物資送付についての報告

東北支部被災会員への支援物資送付についての報告

2011.7.5

東北支部被災会員への支援物資送付についての報告

 この度は東北支部の会員に被災された方々がいらっしゃいましたので、皆様のご支援を申し上げましたところ、たくさんの会員の皆様から支援物資をいただくことができました。 ご支援いただけました皆様には心より御礼申し上げます。
 早速、6月15日に前東北支部長の佐藤真理子様を介して、被災なされました佐々木尚子様(学服29回生)へ段ボ-ルで9箱をお送りさせていただきました。 被災地の方々にもお役に立てていただけるということでございます。
 大変お喜びいただくことができ、早速、東北支部長の篠原美江子様より御礼状が届きましたのでここにご報告させていただきます。

会長 渡邊 玉見

御支援頂きました紫友会本部役員、各支部長並びに会員の皆様へ

 平成23年3月11日14時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震は、東北地方・関東・甲信越地方までに及び、東日本に大きな被害をもたらしました。 特に東北地方は、未曾有の大震災に突然襲われ、多くの尊い命が一瞬にして奪われてしまいました。
 前東北支部支部長の佐藤真理子さんと連絡が取れ、手分けをして手元にある東北支部会員名簿の皆様の安否確認等をさせて頂きました。 名簿の皆様の無事を確認し安心したと同時に、まだお会いしていない東北在住の紫友会会員の方々の御無事を心の中で祈る思いで一杯でございます。
 そして現在、日を追う毎に悲惨な状況が現実として身の上に突き付けられております。 津波の爪痕、原発の脅威と先の見えない問題はまだまだ続きますが、大きな被害を受けた地域の人々が、地元を離れずに“普通の日常の幸せ”を一つ一つ取り戻す姿から、勇気と感動を頂いております。 “普通の日常の幸せ”を取り戻す事は容易な事ではありませんが、会員の皆様同士の繋がりや支えを礎にして、前向きに日々を送っていきたいと願っております。

 この度は、その様な震災に見まわれた東北支部に対しまして、紫友会本部の皆様はじめ、各支部の皆様から沢山の支援物資を寄せて頂きました事に大変心強く思い、その迅速な行動に深く、深く感謝申し上げます。 皆様からお送り頂きました心のこもった支援物資は、特に被害の影響が大きかった宮城県石巻市在住の佐々木尚子さん(学服出身)のお手元に、紫友会事務局よりお送り頂きました。
佐々木さんからも感謝のお声を頂いております。厚い御支援を賜り、ありがとうございました。
 東北支部は、去る平成23年3月5日(土)にウェスティンホテル仙台にて、第3回支部総会及び懇親会を開催致しました。 役員改選により新役員も決まり今年の9月上旬には、秋田・山形の会員の皆様との懇親会を予定しておりましたが、震災の影響にて平成23年度の紫友会東北支部の活動を休止させて頂く事となりました。 東北支部の活動を再開する時期が参りますまでは、紫友会本部の役員の皆様、各支部の皆々様に御支援頂く事と存じますので、何卒、宜しくお願い申し上げます。
 東日本大震災以降、東北地方のみならず全国各地で余震が続いております。どうぞお体を御自愛頂き、お気をつけてお過ごし頂きたいと存じます。 そして紫友会本部役員の皆様、各支部支部長はじめ会員の皆様の御健勝を心からお祈り申し上げ、震災御支援の御礼とさせて頂きます。

平成23年7月1日
紫友会東北支部支部長 篠原 美江子