ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

建築・インテリア学科

工学的な専門知識を学ぶだけでなく、文系思考の強みを生かした「発想や感性を磨く」教育が特長。生活者の視点で、その場に集う人たちの幸せを考えることができる、柔軟な感性や発想力を養います。一方で、文系出身でも建築士などの受験資格を得られるカリキュラム体系を組み、3年次から将来を見据えた2つのコースに分かれてより専門的に学びます。

学びの流れ

発想する力と表現する方法。その両方を基礎からしっかり。

アートやデザインに関する科目が多いのが特長で、発想力や感性を磨きます。図面や模型、パースなど、空間をカタチにして伝える方法も基礎から身につけることができます。また、小課題を通して、空間デザインの基礎を理解します。

1年次

「住まう」を意識した学びから、生活者視点のデザイン力を身につける。

「住まいの設計」をはじめ、「住まう」を意識した科目・課題を通して、生活者視点を身につけます。また、3年次からのコース選択を見据えながら、サイエンス&テクノロジー、文化・社会、企画・計画・提案、身体・感性、アート&デザインの5つの学びの領域から多方面に学び、それらをデザインに結びつける力を身につけます。

2年次

より実践的な課題にチャレンジし、自分と社会の接点を探る。

インテリアと建築、それぞれのコースに分かれて、ブランドショップ・集合住宅・公共空間の設計、リフォーム、古民家改修、街づくりなどの課題を通して、社会や周辺環境との関わりや実践性を踏まえたデザインを学びます。

  • インテリアデザインコース
  • 建築デザインコース

コース紹介

3年次

論文と制作、それぞれの形で卒業研究に取り組む1年。

ゼミに所属し、4年間の集大成となる卒業研究に取り組みます。各自の問題意識に基づいてテーマを設定し、「卒業研究展」に向けて論文・制作それぞれの方法で学びを形にしていきます。優秀な研究は、卒業設計コンクールへの出展や学会での発表など、学外でも高く評価されています。

4年次

建築とインテリア、どちらも学べるところに惹かれました。

2年 金子 悠人
(インタビュー時1年)

この学科を選んだ理由は?

子供の頃から、モノづくりの好きな親と一緒に木材を使った家具などをつくっていたので、建築の分野に自然と興味を持つようになっていました。大学進学を考えたとき、ただ建物の構造を知っているだけではなく、そこに何かプラスアルファαして学べたら面白いだろうなと思っていたので、建築に加えてインテリアや空間デザインについても詳しく学べるこの学科を選びました。

2年 金子 悠人
(インタビュー時1年)

続きを読む

コース(3年次より2コースに分かれます)

インテリアデザインコース

両極の視点を持つ、インテリアのスペシャリストに。

理論に基づいた確かなデザインと、身体・五感による感覚的に心地よいデザイン。居心地のよい空間に求められる両極の要素を兼ね備えた新しい空間を創造できる、インテリアのスペシャリストを育てます。

トレンド分析で、デザイン感覚を磨く。

最新のインテリアデザインを取り上げ、そのデザインが何から発想されているのかを分析。多くのインテリアデザインがアートやファッションなどの他分野から影響を受けていることに気づくと同時に、トレンドを見極める目を養います。

実務を意識した、プロフェッショナルな指導。

どの制作課題でも、インテリア空間と人とコト・モノなど実務的な内容まで細かくチェック。普段から「インテリアデザインの世界で働く」ことを意識し、学びを将来につなげていきます。

建築デザインコース

暮らしの中から建築は生まれる。

建物のかたちをただデザインするのではなく、その中で「人がどう過ごすのか」を意識した空間デザインを考えます。人の暮らしや社会のニーズを分析し、デザインができるように指導します。

柔軟な発想で、新しい建築のあり方を考える。

一般的な建築の型を学びつつ、アートや他分野にも目を向け、柔軟かつ自由な発想で既存の枠組みを乗り越えて、新しい建築や空間を導くための力を身につけます。

建築を取り巻くあらゆる状況を丁寧に考察する。

ランドスケープを含む環境を考慮し、街づくりまでを意識して企画・提案します。敷地周辺のリサーチに基づいて考察を深め、提案に結びつけるよう指導します。

  • インテリアデザインコース
  • 建築デザインコース

両極の視点を持つ、インテリアのスペシャリストに。

理論に基づいた確かなデザインと、身体・五感による感覚的に心地よいデザイン。居心地のよい空間に求められる両極の要素を兼ね備えた新しい空間を創造できる、インテリアのスペシャリストを育てます。

トレンド分析で、デザイン感覚を磨く。

最新のインテリアデザインを取り上げ、そのデザインが何から発想されているのかを分析。多くのインテリアデザインがアートやファッションなどの他分野から影響を受けていることに気づくと同時に、トレンドを見極める目を養います。

実務を意識した、プロフェッショナルな指導。

どの制作課題でも、インテリア空間と人とコト・モノなど実務的な内容まで細かくチェック。普段から「インテリアデザインの世界で働く」ことを意識し、学びを将来につなげていきます。

暮らしの中から建築は生まれる。

建物のかたちをただデザインするのではなく、その中で「人がどう過ごすのか」を意識した空間デザインを考えます。人の暮らしや社会のニーズを分析し、デザインができるように指導します。

柔軟な発想で、新しい建築のあり方を考える。

一般的な建築の型を学びつつ、アートや他分野にも目を向け、柔軟かつ自由な発想で既存の枠組みを乗り越えて、新しい建築や空間を導くための力を身につけます。

建築を取り巻くあらゆる状況を丁寧に考察する。

ランドスケープを含む環境を考慮し、街づくりまでを意識して企画・提案します。敷地周辺のリサーチに基づいて考察を深め、提案に結びつけるよう指導します。

卒業に必要な履修単位数

大学の授業は「単位制」で、授業を受けて試験に合格すると「単位」が取得できます。
造形学部卒業には、下表の単位を取得する必要があります。

科目種別 履修単位数
総合教養科目
外国語科目
30単位
(総合教養科目 13単位以上、外国語科目 4単位以上)
コラボレーション科目※1 2単位
キャリア形成教育科目※2 2単位
専門教育科目 80単位
自由選択科目 10単位
合計 124単位

※1 コラボレーション科目:教員は専門を問わずに協力し、学生は学部・学科・学年を超えて、集中授業の方式で毎年度さまざまな科目を開講しています。

※2 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につけることを目的に開講しています。

若干変更される場合がありますので、詳細は入学後に配布される「履修要項」を参照してください。

資格

取得資格・免許

定められた課程を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお学芸員として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 学芸員

受験資格

定められた専門課程または指定科目を履修することで受験資格が得られます。
資格によっては卒業後に実務経験が必要なものもあります。

  • 一級建築士(卒業後実務経験2年を要する)
  • 二級建築士・木造建築士
  • ピアヘルパー

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的にあわせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • カラーコーディネーター検定
  • アドビ認定資格
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • マンションリフォームマネジャー
  • キッチンスペシャリスト
  • 福祉住環境コーディネーター検定
  • 商業施設士
  • 照明コンサルタント
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用英語技能検定
  • 秘書技能検定
  • 日商パソコン検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後の主な職業
インテリアコーディネーター / インテリアデザイナー / 空間デザイナー / 建築士 / ショールームアドバイザー / ハウジングアドバイザー / 商品企画 / CADオペレーター / 企画営業 etc.

設計が好き。この仕事が楽しくて仕方ないです。

株式会社大林組(株式会社アトリエ・ジーアンドビー所属)

設計 宿田 恵さん
(2008年度 インテリアデザイン(二級建築士)コース インテリアコーディネート専攻*卒業)
*現:インテリアデザインコース

どんなお仕事ですか?

グループ会社のデザインスタッフとして大林組に出向し、建物の外観・内観の意匠設計を担当しています。男性が多い環境ゆえに女性としての意見を求められたり、建物が竣工したあと『宿田さんと一緒に仕事ができてよかった』とお客様に言っていただけたりした時に嬉しさを感じます。

株式会社大林組
(株式会社アトリエ・ジーアンドビー所属)

設計 宿田 恵さん
(2008年度 インテリアデザイン(二級建築士)コース
インテリアコーディネート専攻*卒業)
*現:インテリアデザインコース

続きを読む

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP