ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

卒業生を紹介

松竹衣裳株式会社衣裳スタッフ 

松竹衣裳株式会社

国際ファッション文化学科 卒業生
2016年3月 卒業

QBUNKAでの学生生活を振り返るといかがでしたか?

小さい頃から手作業をすることが好きで、「自由なイマジネーションでものづくりがしたい」と思い国際ファッション文化学科へ入学しました。印象深い授業や、ファッションショーや卒業イベントなどここでしかできない経験を通じて、手作業やものづくりの魅力を再認識できた学生生活でした。

Qどんなお仕事をされていますか?

衣裳スタッフの主な業務は、舞台作品や映像作品で使われる衣裳の管理や貸し出しと本番の着付けです。入社2年目の夏から日本舞踊を担当しています。公演がある日は朝から劇場に入り、終演まで劇場に詰めて、舞踊家さんに衣裳を着付けて、それをたたむことを繰り返します。興行が終わると、使用した衣裳のメンテナンスまで自分たちで行っています。

Qお仕事するうえで心掛けていることはありますか?

この仕事に資格や知識は必須ではありませんが、センスが生かされる仕事なので日頃から“五感を磨く”ことを大切にしています。季節の移ろいを肌で感じたり、本や映画を見たり、感受性を鍛えておくことは、作品の世界観や演者の美しい所作をサポートするのに役立つからです。

(2018年3月の取材より)

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP