文化学園大学 ニュース

JR新宿駅看板広告デザインに卒業生のイラストを起用

更新日 2013.02.06

 

 
2/1(金)より、JR新宿駅南口・東南口改札内にて文化学園大学の広告が2種類(10面)展開されています。

2種類の広告は、ファッションショーの衣装を制作する女の子に 『つくる人を つくる。』 というコピーを、また、完成したドレスを着装しランウェイを歩くモデルの姿に 『つくりたいものがある。』 というコピーを重ね、 “新しい文化をつくる” 文化学園大学をPRする広告となっています。

イラストは、国際ファッション文化学科の卒業生で、現在イラストレーターとして活躍されている岸野真生子さんによるもの。映画・舞台衣装デザイナーコースでファッションの勉強をしながらいつしかイラストレーションに傾倒していったという岸野さんに、自身の在学中の想いがこめられた “リアルなBUNKA” を表現していただきました。

JR新宿駅南口改札をご利用の際には、ぜひご覧ください。
≪掲出期間:2013年3/30(土)まで≫


 
岸野真生子 プロフィール:
文化女子大学(現:文化学園大学)国際ファッション文化学科 映画・舞台衣装デザイナーコース2008年卒業。小説装画、キャッシュカード、CDジャケット、イベントポスター、テレビ劇中イラスト等を制作し、イラストレーターとして活躍中。
ホームページ
http://www.makikokishino.net/
COPYRIGHT(c)2011 BUNKA GAKUEN UNIVERSITY. All RIGHTS RESERVED.