ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

菊住 彰

  • KIKUZUMI, Akira

    職位:教授 (Professor)

    • 現代文化学部 応用健康心理学科 Faculty of Liberal Arts and Sciences / Department of Applied Health Psychology

プロフィール

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。新聞記者として主に企業取材に携わり、人材育成や過労死の問題に関心を持つ。育児専業の主夫を経て、慶應義塾大学社会学研究科社会学専攻博士前期課程を修了。大田区子ども家庭支援センター運営委員、心療内科クリニックや複数の大学のカウンセラーなどを経て、現在は青年期のこころの成長と自立促進の支援と実践的研究に取り組む。臨床心理士、公認心理師。

学位

修士(社会学)

業績 (主要著作・論文・作品など)

・「学生相談の臨床像とコミュニティ心理学的介入」慶應義塾大学学生相談室紀要, 46; 29-35 (2016)

・「理工系の研究環境で起こりやすいハラスメントと、学生相談室のかかわり方に関する考察」日本学生相談学会発表論文集, 33; 66 (2015)

・「コミュニケーション能力の向上に対する大学生の関心とグループ企画のあり方 ―― 目ヂカラパワーアップ教室の実践」慶應義塾大学学生相談室紀要, 39; 52-65 (2009)

研究テーマ

学生相談機関に対する現代の若者のニーズと、グループ活動導入成果との相関

研究内容

自己肯定感が低いと言われる現代の学生、対人関係構築への苦手意識を抱える学生たちに対して、大学などの相談機関が行い得るサポートの在り方を探る。

所属学会

日本心理臨床学会、日本学生相談学会、日本コミュニティ心理学会、日本ロールシャッハ学会

  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP