トップページ » 年別アーカイブ: 2018年

年別アーカイブ: 2018年

第49回造形学部卒業研究展開催のお知らせ

 

第49回造形学部卒業研究展が下記日程で開催されます。学生の集大成となる魅力ある作品等をぜひご覧ください。

 

日  時 : 2019年2月7日(木)~10日(日)10:00~18:00まで

場  所  : 文化学園大学20階

 

<デザイン造形学科>

映像クリエーションコース、グラフィック・プロダクトデザインコース、メディア編集デザインコース、

テキスタイルワークコース、ジュエリー・メタルワークコース、アートワークコースの作品

 

<建築・インテリア学科>

インテリアデザインコース、建築デザインコース、住生活デザインコースの論文と作品

 

 


紫友会サロン終了の報告

文化祭期間中の11月2日(金)、3日(土)の2日間、紫友会サロンを開催いたしました。

 

紫友会サロンでは毎年、各支部からの「活動報告」や「もったいないバザー」、「準会員への支援の報告」などを行っています。文化祭での待ち合わせ場所や展示をご覧いただいた後の休憩場所として、また正会員の皆さまと準会員である在学生との交流の場ともなっています。

 

恒例となりました「もったいないバザー」は、会員の皆様から寄付された品々を売り、売上金4万円を準会員である在学生への支援金として学生会に寄付いたしました。ご協力に御礼申し上げます。 また、今年度は文化学園大学USR推進室とのコラボレーション企画として、卒業生向けのワークショップ「BUNKA会」『パーソナルカラー(自分色)あなたの魅力アップ』を11月3日(土)に開催しました。卒業生でカラーコーディネーターとしても活躍中の田中小百合さんを講師に迎え、久しぶりに母校に帰って仲間と楽しく講義を聞きました。 また、3日には震災支援のパンやお菓子の販売を行い、多くのお客様のご来場をいただきました。皆さまのご協力に感謝申し上げます。


【卒業生向け】ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)大学院奨学生の募集について

ニューヨーク州立ファッション工科大学(以下 FIT)より、本学の卒業生を対象に、以下の奨学生の募集がありました。 興味のある方は、ぜひFITのHPをご確認のうえ、直接に応募してください。

 

募集対象: 文化学園大学を卒業し、「学士」の学位を持っている者であり、かつファッションに関する実務経験

     (最低3年以上)のある者。TOEFL iBT 85点(目安)の英語力及びGREまたはGMATの成績が必要。

       同奨学金を応募できるのは、下記修士課程への入学決定者で日本国籍を有する方のみ。

 

募集専修: グローバルファッションマネジメント(修士課程)

       (課程について):http://www.fitnyc.edu/gfm/index.php

修業年限: 1年6ヵ月

学事日程: 1学期 6ヵ月 ニューヨーク

              2学期 6ヵ月(うちパリ2週間)

              3学期 6ヵ月(うち香港1週間)

奨学金内容: ユニクロ奨学金

      (ただし、大学院に在籍期間中にユニクロニューヨーク支店でのインターシップが必修。)

金  額: 総額90,000ドルまで 支給期間:1年6ヵ月

              (奨学金について))

                http://usjapantomodachi.org/ja/programs-activities/tomodachi-uniqlo-fellowship

募集詳細: FIT HPにてご確認ください。 Fashion Institute of Technology

 

 

                                                                                    文化学園大学

                                                                                    文化学園国際交流センター


~文化祭紫友会サロンで作品展示を行いました~

今年度の文化祭、紫友会サロンでは、ソントル・ドゥ・キュルキュール「益子焼手びねり体験と笠間稲荷神社への旅」で制作した手作りの益子焼と、参加者方々の感想と使用風景の写真を寄せていただき、展示を行いました。

 

その中から作品と感想をご紹介いたします。

 

<短大服装科 15回生F組 弓削田梢>

 暑い七夕さまの日に紫友会の後輩の方々との陶芸を楽しむ旅は 大型バスにゆったり目の人数での 楽々バスの旅でした。

 30代だった10年間、縁があり自宅に窯を作って作陶生活をしたことがあり、久しぶりで土をこねました。柔らかい土の感触が気持ちよく胸が弾みました。時間と作品の大きさに制限があるので壊れないように、気持ち厚めに形成をしました。

 陶磁器は重く、我が家にある作品は今でも食器棚を泣かせています。

 写真の左はウン10年前に生まれて初めて作った一輪挿し、右のものが今回作ったお皿です。糠みその漬物を入れる皿のつもりですが、今日はお菓子を一つ置いてみました。

 昔作った作品は、東京都の美術館の「勤労者美術展」に3年間連続で展示して貰いました。一番の大作は友人が購入してくれましたが、関西の地震で壊れてしまいました。

 形あるものはいつか壊れる、仕方ない事です。

 でも、今回役員の発案でこのように楽しませていただき、懐かしい気持ちで作ることが出来ました、ありがとうございました。

 


卒業生向けワークショップ 第9回「BUNKA会」開催のお知らせ

● パーソナルカラー(自分色)あなたの魅力アップ ●

 文化学園大学USR推進室では、2010年度より毎年、卒業生に気軽に母校へ帰って楽しんでもらえるよう文化祭期間中(文化の日)にワークショップ「BUNKA会」を開催しています。また、昨年2017年から、紫友会サロンにて共催しております。

 この機会にぜひ大学に遊びに来ていただき、現在の母校の様子や、在校生の活躍をご覧ください。また、今後とも卒業生にとって文化学園大学が身近な存在であり続けたいと考えております。

 

◎ 詳細 ◎

 今年は、卒業生でカラーコーディネーターとしても活躍中の 田中小百合さんを講師に迎え、あなたの魅力にあったパーソナルカラー(自分色)を見つけます。

 みなさんの普段の洋服やアクセサリーの色、メイクのファンデーションやアイシャドウ、リップの選び方にも、きっと参考になるはずです! ご友人をお誘い合わせの上、ぜひお申込みください!

●あなたのパーソナルカラーチャートをプレゼント!!

 

<スケジュール>

2018年11月3日(土) 場所:A053 紫友会サロン

①11:00 ~ 12:00 (定員:10名) 参加費無料

②14:30 ~ 15:30 (定員:10名) 参加費無料

※定員がございますので、必ず事前にお申し込みください。

 

参加注意事項…必ずご確認ください!!】

 ●パーソナルカラー診断を正確に行うため、講習はノーメイクで行います。

   主催者でクレンジングやコットンの準備は行いますが、肌の弱い方は、普段お使いのクレンジングをお持ちく

   ださい。

 

 

【参加申込み方法 締切日:2018年11月1日(木)】

参加を希望される場合は、問い合わせ先のメールアドレスにご連絡ください。

    問い合わせ先:文化学園大学USR推進室 事務局

    TEL/FAX:03-3299-2019 e-mail:f-usr1@bunka.ac.jp

 

   ■ ・参加者名(ご本人を含め全員のお名前をご記入ください)

     ・人数

     ・希望時間

      卒業生の方は卒業年度、学部、学科、コースをご記入ください。

 

 

○ 2017年度 第8回「BUNAK会」の様子 ○

第8回目となるBUNKA会講習会では、卒業生でグラフィックデザイナーの三壁知実さんを講師に迎え、紙ナプキンの柄を利用したデコパージュのバッグを製作しました。

 


在学生が「第3回『信州・飯山』クラフトフェア in 北竜湖 2018」 に参加します

文化北竜館(長野県飯山市)で開催される 「第3回『信州・飯山』クラフトフェア in 北竜湖 2018」に、文化学園大学の学生が参加・出店します。

「クラフトフェア in 北竜湖」は、長野県飯山市の自然と手づくりのぬくもりに出会えるイベントで、クラフト作家の作品出展・販売や屋台村、ワークショップ、カヌー体験などの自然を大いに満喫できるプログラムになっています。

文化学園大学からも、有志学生9グループが「学生チャレンジプロジェクト助成金制度(※)」を利用して参加し、服飾小物やアクセサリーなどを販売します。紫友会会員の皆様も、この機会に文化北竜館へぜひお出でください。

なお、クラフトフェア開催期間中の文化北竜館への宿泊はできませんのでご注意ください。

※学生の主体的な企画やアイデアに対して大学がその活動をサポートする制度

 

 

日   時 : 2018年10月6日(土) 10:00~17:00 / 7日(日) 9:00~16:00

会   場 : 文化学園研修施設 文化北竜館(〒389-2322 長野県飯山市大字瑞穂7332-2)

主   催 : 北竜湖観光協会  公式HP :http://www.hokuryuko.com/

 

 

 

 

 

 


文化祭にて紫友会サロンをオープンします

文化祭期間中11月2日(金)~3日(土・祝)の2日間で紫友会サロンをオープンします。

紫友会サロンでは、各支部の活動報告や、手作り体験ができるコーナーを設けていますので皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 

「もったいないバザー」品物寄付のお願い

会員の皆様から寄付としていただいた品々を販売する「もったいないバザー」を今年もおこないます。 ご自宅に眠っている未使用の不用品をご寄付くださいませんか? 売上金の一部は準会員(在学生)の活動のために寄付されます。 皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

締     切 : 10月29日(月)着迄 ※申し訳ありませんが送料はご負担ください。

 

連絡先・宛先  : 〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1

          文化学園大学 紫友会事務局

          TEL:03-3299-2075 / mail:(shiyukai@bunka.ac.jp


大阪府北部で発生した地震、西日本豪雨災害に対するお見舞い

  このたびの、6月に発生した大阪府北部を震源とする地震、7月の西日本を中心とした豪雨災害でお亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表し、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。

 また、被災されました地域の皆さまと同窓会会員の皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。今なお避難されている皆さま、復旧作業に従事されている皆さまの安全と被災地が一日も早く復興されることを心より祈念申し上げます。

 

                                                                                                      文化学園大学紫友会

                                                                      会長  畠山 紀子


第28回 ソントル・ドゥ・キュルチュールのご報告

2018年7月7日(土)に第28回 ソントル・ドゥ・キュルチュール「益子焼 手びねり体験と笠間稲荷神社への旅」を開催いたしました。 日用の道具として発展した益子焼は、濱田庄司や柳宗悦らの民芸運動により、広まりました。手びねり体験では、初めに先生から説明を受け、その後各自の作品制作に入りました。陶芸が初めての方も、経験のある方も同じく土に向かい、出来上がりを楽しみにしながら作陶いたしました。笠間稲荷神社では、参拝とともに周辺の散策も楽しみ、充実した1日となりました。

 

 

益子焼陶芸体験風景

笠間稲荷神社にて


第28回 ソントル・ドゥ・キュルチュールへのお誘い「益子焼手びねり体験と笠間稲荷神社見への旅」

第28回ソントル・ドゥ・キュルチュール 「益子焼手びねり体験と笠間稲荷神社見への旅」

 

日用の道具として発展した益子焼は、濱田庄司や柳宗悦らの民芸運動により、広まりました。厚手のものが多く土の質感が特徴的です。今回は益子焼の手びねり体験と、笠間稲荷神社の見学という日帰りツアーを企画しました。

 

日  時 : 2018年7月7日(土)9:15 大学集合 バスにて益子へ

会  費 : 4,000円(体験料・昼食代・バス代含む)

定  員 : 30名

 

<参加ご希望の方>

氏名・所属・卒業年・電話番号を メール( shiyukai@bunka.ac.jp ) または Fax(03-3299-2075)にて、紫友会事務局まで ご連絡くださいますようお願いいたします。 旅行代金の振込をもって旅行申し込みとさせていただきます。

 

振込先  : 郵便振替口座 00120-6-739964

申込締切 : 6月8日(金)付の参加費の振込まで

 

定員になり次第締め切らせていただきます。

また、欠席になる場合は必ずご連絡をお願いいたします。