ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

ファッション社会学科 授業紹介

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(27)

2015年11月20日

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(27) ラフォーレ原宿入り口のポスター

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(27) 奇想天外なシャンデリア

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(27) ぬいぐるみ満載のゆりかご

11月9日月曜日、金川ゼミでは、ラフォーレ原宿のラフォーレ・ミュージアムで開催されていた「キム・ソンヘ展」を訪問しました。キム・ソンヘさんは日本で生まれた韓国系アーティストで、「シャンデリア・アーティスト」として脚光を浴びています。従来のきらびやかなシャンデリアではなく、可愛いぬいぐるみを沢山くっつけたり、奇想天外な作品を作っています。最近ではシャンデリアのみならず、ソファーや椅子、壁面アート、学校を舞台にしたインスタレーションなど活動領域を拡大し、作品の写真集も出版したばかりです。学生の殆どはキム・ソンヘを知らなかったので、会場に入った途端に「可愛い!」と歓声があがりました。このようなアートに於ける新しい試みに触れる事で、ファッションの領域においても常識にしばられない発想に役立ってくれればと思います。

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(26)

2015年11月10日

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(26) ファッション社会学科の展示会場

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(26) 歴史衣装の顔出し看板_1

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(26) 歴史衣装の顔出し看板_2

「文化祭を終えて」
11月2、3、4日と文化祭が行われました。ファッション社会学科では、毎年4コース(服装社会学コース・ファッションビジネスコース・グローバルマネージメントコース・服飾文化史コース)を中心とした学科展示を行っています。特に、ゼミごとに作成したパネルが見どころで、ゼミの活動紹介、ゼミの学生と教員紹介、ゼミ合宿、就職に関して内容はさまざまです。ゼミ生が直接、来校者にゼミ内容や、雰囲気などを説明し、文化学園大学ファッション社会学科を肌で感じて頂いています。
訪問して下さった方は、文化ならではの文化祭を楽しんで頂けたでしょうか。
来年も文化学園大学の文化祭で文化のエネルギーを感じて下さい。

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(25)

2015年10月13日

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(25) 先輩諸姉の講義を伺って参考にする

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(25) キャリアトランプ®を用いて楽しく研修

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(25) 歌舞伎鑑賞により伝統文化を学ぶ

服飾文化史コースのキャリアデザイン(展開編)―コースセミナー―は、
10/5(月) 卒業生でクロムハーツ勤務のダウラ ナンシーさん、スタイリストの下山さつきさんから就職活動と仕事の現場での様子を伺い、活発な質疑応答がなされました。
次に、Life-style Woman代表の吉居理奈子先生の指導により“キャリアトランプ®”を用いて自己分析!チームプレーを通じて自分を知り、他者から自分を学ぶ経験ができました。
10/6(火) 鈴木英一氏による「歌舞伎鑑賞の手引き」を受講し、事前学習を行いました。
10/7(水) 歌舞伎座にて「十月大歌舞伎」を鑑賞し、伝統文化を学びました。
コースの専門性を深め、キャリアアップできた研修となりました。

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(24)

2015年10月10日

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(24) 「発信力」講座でスピーチへの批評を受ける

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(24) 「チームで働く力」講座でチームの企画提案

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(24) 各チームの提案を合意に向けて集約する

服装社会学コースでは、初の試みとして「社会人基礎力」のうちコミュニケーション能力の研修を、財団法人NHK放送研修センターにて実施した。二日間、5教室にわかれて3つの講座を開講した。一つ目は「発信力」講座で、学生全員が「将来働きたい分野」についてスーツ姿でスピーチをビデオカメラで収録し、講師から的確な話し方の指導を受けた。二つ目は「傾聴力」講座で、身近なペットの話題について、質問項目を全員で練り、人から「正確に聞く」こと「知りたい情報を訊く」ことの要点を掴んだ。三つ目の「チームで働く力」講座では、「中高年をおしゃれに」という課題について、チームに分かれて企画・提案・質問・合意形成の流れに沿って、話し合いで問題を解決する能力を磨くことができた。今回の研修を通じて、教員も学生本人も目を見張るほどのコミュニケーション能力の伸長を得ることができたと思う。

Fashioning the Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(23)

2015年10月09日

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(23) 初日午後のグループワーク

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(23) ポーラ美術館に於けるレクチャー

Fashioning  the  Future―現代と過去を見つめ、そして未来を考える“服装社会学科”―(23) ラリック美術館に於けるレクチャー

10月5日(月)~10月7日(水)の3日間、服装社会学科ファッションビジネスコース3年生全員参加でキャリアデザイン・ブラッシュアップ研修を行いました。
初日の5日(月)は渋谷区文化総合センター大和田11階にて、午前中は4人の卒業生による卒業生講話、午後はキャリアデザインアドバイザーの方の指導で、社会人になる前の準備について、様々なグループワークを行いました。
10月6日(火)・7日(水)は1泊2日で美術館巡り。好天に恵まれた秋空の下、彫刻の森美術館、ポーラ美術館、星の王子様美術館、ラリック美術館を訪れ、それぞれの美術館で学芸員の方からレクチャーを受けて、歴史的な素晴らしい芸術に触れる事が出来ました。
彫刻の森美術館のピカソ館、ポーラ美術館の印象派の絵画、ラリック美術館の宝飾品や室内装飾には学生も感銘を受けた様です。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP