ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

浅沼 由紀

  • ASANUMA, Yuki

    職位:教授 (Professor)

    • 造形学部 建築・インテリア学科 Faculty of Art and Design / Department of Architecture and Interior
    • 大学院 生活環境学研究科(修士課程) Graduate School of Fashion and Living Environment Studies (Master's Program)
asanuma@bunka.ac.jp
  • website

プロフィール

横浜国立大学工学部建築学科卒業、東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了。その後、武蔵工業大学(現:東京都市大学)客員研究員、日本女子大学・実践女子大学非常勤講師等を経て、2002年4月より本学教員となる。一級建築士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター。専門分野は、建築計画学、住居学。主に高齢者を対象とした住環境(住宅・施設・地域)計画、高層集合住宅計画に関する研究活動を展開している。

学位

博士(工学)

業績 (主要著作・論文・作品など)

・著書

『初めて学ぶ 福祉住環境(第三版)』市ヶ谷出版社(2018)
『高齢者のすまい』(編・共著)市ヶ谷出版社(2014)
『現代住宅研究の変遷と展望』(分担)丸善(2009)
『新版福祉住環境』(共著)市ヶ谷出版社(2008)
『事例で読む現代集合住宅のデザイン』(分担)彰国社(2004)
『高齢者複合施設』(共編・共著)市ヶ谷出版社(2002) 他

・学位論文
「都市における高層住宅居住高齢者の住環境計画に関する研究」武蔵工業大学(1997)

【修士課程】

・指導可能な分野
都市計画・建築計画

・大学院生の修士論文テーマ

「多世代の居場所をつくる社区サービスセンターの提案―中国の江陰市を事例として―」(2019)
「中国の若者が志向する新中式デザインの研究―住空間のインテリアスタイルを対象として―」(2019)
「LGBT高齢者に住みやすい居住環境の構成要素に関する研究」(2018)
「若手造形芸術家を育成するためのアート交流拠点の提案―台東区旧下谷小学校を活用して―」(2018)
「タイ都市部における被災者のための仮設住宅の提案」(2017)
「中国中小都市における自立高齢者の交流の場としての地域施設計画に関する研究―江蘇省常州市を事例として―」(2014)

「中国都市部の民営養老施設における食堂を活用した交流形成に関する研究」(2011)

研究テーマ

  • 高齢者の継続的居住を可能にする住宅・施設・地域の計画的課題に関する研究
  • コミュニティ形成や景観に寄与する住宅・住宅地計画や街づくりに関する研究

研究内容

高齢者の継続的居住を支援する地域環境に関する研究、高齢者向け住宅・施設に関する研究、コミュニティ施設における多世代間交流の研究、大規模集合住宅に関する計画など。

所属学会

日本建築学会、都市住宅学会、日本都市計画学会、日本インテリア学会