ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

角田 薫

  • Tsunoda Kaoru

    服装学部 ファッションクリエイション学科

プロフィール

文化女子大学大学院(現:文化学園大学大学院)生活環境学研究科被服環境学専攻博士後期課程修了

【学 位】博士(被服環境学)

【業績(主要著作・論文・作品など)】

  • 特許出願
  • 特願2008-002086 名称「染色方法およびその装置」
  • 助成研究
  • 平成15年度 洗濯科学協会研究助成による研究
    題目:「日米の市販粉末洗剤の洗浄性能について-EMPA汚染布による洗浄力試験-」
  • 平成19年度 洗濯科学協会研究助成による研究
    題目:「TiO2光触媒作用による布からの油汚れの除去に関する研究」
  • 執筆
  • 「フィルム・ガラスの表面処理技術とその評価・分析」:情報機構
    (執筆担当:第1章 プラスチックの表面構造と表面改質、ぬれと接着性,p.2-37)(2007)
  • 「表面・深さ方向の分析方法」:サイエンス&テクノロジー
    (執筆担当:第4章・第2節 洗浄効果の評価技術,p.499-530)(2007)
  • 「界面活性剤の選択方法と利用技術」:サイエンス&テクノロジー
    (執筆担当:第2章・第6節 起泡,p.160-178)(2007)
  • 一般解説
  • 技術情報(2005年2月号)」、Vol.34,No.11,p.3-10
  • Seikei-Kakou Vol.18,No.4(2006)p.253-260
  • NEW GLASS Vol.23,No.2(2008)p.7-20
  • 受賞
  • 2007年度 材料技術研究協会 学生論文賞 受賞
  • 平成20年度 材料技術研究協会 論文賞 受賞
  • 論文
  • Material Technology Vol.25,No.1(2007)pp.24-30
  • Material Technology Vol.25,No.2(2007)pp.49-59
  • Material Technology Vol.25,No.3(2007)pp.116-126
  • Material Technology Vol.25,No.5(2007)pp.220-224
  • 化学と教育 Vol.56,No.9(2008)p.430-435
  • 口述発表
  • 日本油化学会、日本家政学会、繊維製品消費科学会などにて多数発表
  • ポスター発表
  • 第5回ASDAC国際会議、第8回先端表面工学国際会議、国際光触媒展2007
研究内容

被服管理学を専門とし、洗浄、染色、その他 被服の管理や手入れに関する研究を行っている。以前は、日米の衣料用市販粉末洗剤の洗浄性能を研究テーマとし追求してきた。現在は「布およびその素材としてのポリマー表面の機能化に関する研究」を主要テーマとし、①TiO2光触媒を被服管理学分野に応用した研究、②プラズマや紫外線による表面改質を被服管理学分野に応用した研究を行い、被服管理学における未来型洗浄の実現を目指している。

所属学会

日本化学会、日本油化学会、日本家政学会、日本繊維製品消費学会、繊維学会、日本繊維機械学会、材料技術研究協会、洗濯科学協会

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP