ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

国際ファッション文化学科

ファッションと英語を基礎から学ぶ。技術と語学力を手に入れて、世界で活躍するクリエイターへ。
ファッションを基礎から学ぶと同時に英語も学ぶ。ファッション界での活躍はもちろん、世界でも適用する人材を育成するために、海外留学制度の充実、ファッションショーや卒業イベントなどの実践的カリキュラムによる独自の教育を行います。

学びの流れ

服づくりと英会話を基礎から学ぶ。

ファッションに必要な技術や知識を基礎から学び、シャツやスカートなどの実物制作を行うことで、服の構造を理解していきます。また、日本だけでなく世界で活躍するための準備として、英会話を中心とした語学学習を行い、「Fashion English」ではファッションと英語を融合させた授業も行います。

1年次

服づくりの高度なテクニックを学び、ファッションを深く理解する。

1年次の基礎をベースに、新たな素材を扱い、立体裁断などの高度な技術を学びます。帽子制作やヘアメイクなども学ぶことでトータルコーディネート力も身につけます。また、技術だけではなく、ファッション界で活躍している卒業生や、クリエイターの方々の講演会からファッションの“今”を学びます。

2年次

学びたい分野のコースを選択し、専門分野を磨く。

コースの専門分野の実習や講義を中心に、各コースそれぞれの専門性を身につけます。課題やファッションショーを通して、実際の制作現場と同じようにチームでの作品制作も経験し、コミュニケーションスキルも高めます。また、アメリカでファッションショーを開催するなど国際感覚も磨きます。

  • スタイリスト・コーディネーターコース
  • プロデューサー・ジャーナリストコース
  • 映画・舞台衣装デザイナーコース

コース紹介

3年次

各コースの特色を生かした卒業イベントを作り上げ、
社会に出る土台を築く。

学びの中心となるのは、ファッションと音楽、パフォーマンスが融合した舞台を企画制作する卒業イベント。3つのコースが力を合わせ、4年間の成果を発表します。衣装制作・脚本・広報・舞台美術・音響・モデル・スタイリング・パンフレット制作など、すべてを自分たちの手で作り上げます。

4年次

好きという気持ちさえあれば、難しさも楽しさに変わります。

3年 後藤 優希

(インタビュー時2年)

この学科を選んだ理由は?

高校の文化祭のファッションショーの参考にと、授業でBUNKAのショーを見学に来たのが、ここに興味を持つきっかけでした。後日、4年生の卒業イベントの迫力を目の当たりにしたとき「ここしかない」と思いました。

3年 後藤 優希

(インタビュー時2年)

続きを読む

コース(3年次より3コースに分かれます)

スタイリスト・コーディネーターコース
ファッションを文化的背景から学ぶ。豊富な知識と高い感性を持つスタイリスト、コーディネーターをめざす。
Point01

最新のショーからトレンドを読む。

パリやニューヨークコレクションなどのファッションを分析します。スタイリストやコーディネートに必要なトレンドを読み取る力を身につけ、実際のスタイリングに反映させるトレーニングを行います。

Point02

自分らしいコーディネート技術を磨く。

ただバランスよくアイテムを組み合わせるのではなく、その中で個性を表現することがコーディネーターには求められます。コンセプトを自分なりに解釈し、他にはない自分らしさを表現できるように指導します。

Point03

グローバル視点でのスタイリングを学ぶ。

課題や3年次に行うアメリカでのファッションショー、研修を通して、幅広いファッション感覚を身につけます。コンセプトやTPOに合わせ、日本だけでなく世界の舞台で評価されるスタイリングを学びます。

プロデューサー・ジャーナリストコース
イベント企画・演出やメディア編集の実践を積み、即戦力となるプロデューサー、ジャーナリストに。
Point01

編集も 撮影も 販売も すべて自分の手で。

情報収集や原稿制作、写真撮影など編集技術のすべてを基礎から学びます。「卒業イベント」ではヴィジュアルブックを制作。編集はもちろん、広告募集や出版・販売、流通まで実際に経験します。

Point02

責任ある舞台をプロデュース。

「卒業イベント」ではプロデューサーチームを編成し、選出されたリーダーが総合演出の指揮をとります。3コース合同に加え、他大学も参加する大きな舞台で、4年間で学んだ演出力を実践することができます。

Point03

将来に生きるグループワーク。

プロデューサーもジャーナリストも、協調性やリーダーシップが必要とされます。課題には、グループでの作品制作を取り入れ、ディスカッションを重ねることでコミュニケーションスキルを高めます。

映画・舞台衣装デザイナーコース
作品とアクターの魅力を最大限に引き出す衣装を制作。デザイン力と高い技術で、めざすのは世界のステージ。
Point01

舞台衣装のためのデザイン・技術を学ぶ。

映画・舞台の衣装は歌やダンス、アクションなど激しい動きに対応できるものが求められます。体の動きに合う素材の選び方から、登場人物のキャラクター性を表現するデザイン、縫製技術を学びます。

Point02

プロの講師から現場で生かせる知識を学ぶ。

ミュージカルの衣装を手がける現役デザイナーから学ぶ「映画・舞台衣装論」や、ニューヨークから講師を招いて短期集中的に行う「コスチューム・ドローイング」など、プロによる授業を多く設置しています。

Point03

自分の力を試す、卒業イベント。

「卒業イベント」では、集大成として舞台衣装を制作します。制作した衣装は実際にアクターが着装。4年間で身につけたキャラクター性の表現力や衣装の機能性、演出効果を生の舞台で検証することができます。

  • スタイリスト・コーディネーター
    コース
  • プロデューサー・ジャーナリスト
    コース
  • 映画・舞台衣装デザイナー
    コース
ファッションを文化的背景から学ぶ。豊富な知識と高い感性を持つスタイリスト、コーディネーターをめざす。

Point01

最新のショーからトレンドを読む。

パリやニューヨークコレクションなどのファッションを分析します。スタイリストやコーディネートに必要なトレンドを読み取る力を身につけ、実際のスタイリングに反映させるトレーニングを行います。

Point02

自分らしいコーディネート技術を磨く。

ただバランスよくアイテムを組み合わせるのではなく、その中で個性を表現することがコーディネーターには求められます。コンセプトを自分なりに解釈し、他にはない自分らしさを表現できるように指導します。

Point03

グローバル視点でのスタイリングを学ぶ。

課題や3年次に行うアメリカでのファッションショー、研修を通して、幅広いファッション感覚を身につけます。コンセプトやTPOに合わせ、日本だけでなく世界の舞台で評価されるスタイリングを学びます。

イベント企画・演出やメディア編集の実践を積み、即戦力となるプロデューサー、ジャーナリストに。

Point01

編集も 撮影も 販売も すべて自分の手で。

情報収集や原稿制作、写真撮影など編集技術のすべてを基礎から学びます。「卒業イベント」ではヴィジュアルブックを制作。編集はもちろん、広告募集や出版・販売、流通まで実際に経験します。

Point02

責任ある舞台をプロデュース。

「卒業イベント」ではプロデューサーチームを編成し、選出されたリーダーが総合演出の指揮をとります。3コース合同に加え、他大学も参加する大きな舞台で、4年間で学んだ演出力を実践することができます。

Point03

将来に生きるグループワーク。

プロデューサーもジャーナリストも、協調性やリーダーシップが必要とされます。課題には、グループでの作品制作を取り入れ、ディスカッションを重ねることでコミュニケーションスキルを高めます。

作品とアクターの魅力を最大限に引き出す衣装を制作。デザイン力と高い技術で、めざすのは世界のステージ。

Point01

舞台衣装のためのデザイン・技術を学ぶ。

映画・舞台の衣装は歌やダンス、アクションなど激しい動きに対応できるものが求められます。体の動きに合う素材の選び方から、登場人物のキャラクター性を表現するデザイン、縫製技術を学びます。

Point02

プロの講師から現場で生かせる知識を学ぶ。

ミュージカルの衣装を手がける現役デザイナーから学ぶ「映画・舞台衣装論」や、ニューヨークから講師を招いて短期集中的に行う「コスチューム・ドローイング」など、プロによる授業を多く設置しています。

Point03

自分の力を試す、卒業イベント。

「卒業イベント」では、集大成として舞台衣装を制作します。制作した衣装は実際にアクターが着装。4年間で身につけたキャラクター性の表現力や衣装の機能性、演出効果を生の舞台で検証することができます。

卒業に必要な履修単位数

大学の授業は「単位制」で、授業を受けて試験に合格すると「単位」が取得できます。
現代文化学部卒業には、下表の単位を取得する必要があります。

科目種別 履修単位数
学部共通基礎教養科目 14単位
キャリア形成教育科目※1 8単位
コラボレーション科目※2 2単位
外国語科目 10単位
専門教育科目 90単位
合計 124単位

※1 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につけることを目的に開講しています。

※2 コラボレーション科目:教員は専門を問わずに協力し、学生は学部・学科・学年を超えて、集中授業の方式で毎年度さまざまな科目を開講しています。

若干変更される場合がありますので、詳細は入学後に配布される「履修要項」を参照してください。

資格

取得資格・免許

定められた課程を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお、学芸員、図書館司書として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 学芸員
  • 図書館司書

受験資格

定められた専門課程または指定科目を履修することで受験資格が得られます。

  • ピアヘルパー

本学修了証

定められた課程を修了した学生に対し、大学卒業(学位取得)と同時に修了証を授与します。

  • 日本語教員養成課程(留学生は卒業までに日本語能力試験N1に合格した者のみ取得可能)

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的に合わせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • カラーコーディネーター検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • パターンメーキング技術検定
  • ファッション販売能力検定
  • フォーマルスペシャリスト検定準2級
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用英語技能検定
  • 秘書技能検定
  • 日商パソコン検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後の主な職業
コーディネーター / スタイリスト / ファッションジャーナリスト / デザイナー / パタンナー / ファッションアドバイザー / 広報・プレス / 映画・舞台衣装企画・制作 / 総合職 / 販売促進 / 営業 / 企画 / 編集 / 商品管理 / 生産管理 / セールスマネジャー etc.

誰かにとっての「一生の思い出」をつくるために。

株式会社ハツコ エンドウ ウェディングス
メンテナンス
香月 菜摘さん
(2014年度 スタイリスト・コーディネーターコース卒業)

どんなお仕事ですか?

女性が一番輝く結婚式で「一生の思い出をつくるお手伝いをしたい」という思いから、ブライダルコスチュームの会社でウェディングドレスのメンテナンスを行っています。ドレスにインナーを取り付けたり、 お客様の体に合わせてドレスサイズを変更したりと日々緻密な作業です。お客様から直接ご要望を承る衣裳コーディネーターとコミュニケーションをとりながら、1㎜のズレもないよう、確実に縫い付けるのが私の責務です。

株式会社ハツコ エンドウ ウェディングス
メンテナンス
香月 菜摘さん
(2014年度 スタイリスト・コーディネーターコース卒業)

続きを読む

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP