ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

学費・奨学金

  • 学費(受験生)
  • 学費(在学生)
  • 奨学金/奨励金/教育ローン

入学金・学費の納入について

本学を志望する受験生の皆さんへ

納入方法

金融機関窓口において、本学所定の振込用紙にてお振込ください。
本学指定の「みずほ銀行」各支店の窓口にて振込されますと、振込手数料が無料となります。
都合により納入期限までに納められない場合は、学事課までご相談ください。

領収書について

振込金領収書を、本学の領収書とさせていただきますので、大切に保管してください。紛失した場合、領収書の再発行はいたしません。

大学・短期大学部(2018年度入学者)

(単位:円)

  1年次
(内、入学時納入分)
2年次 3年次 4年次
服装学部 ファッションクリエイション学科 1,546,500
(949,000)
1,116,500 1,116,500 1,116,500
ファッション社会学科 1,546,500
(949,000)
1,111,500 1,111,500 1,111,500
造形学部 デザイン・造形学科
建築・インテリア学科
1,581,500
(966,500)
1,146,500 1,146,500 1,156,500
現代文化学部 国際文化・観光学科
応用健康心理学科
1,350,800
(774,000)
1,076,500 1,076,500 1,076,500
国際ファッション文化学科 1,545,800
(946,500)
1,101,500 1,101,500 1,131,500
短期大学部 ファッション学科 1,341,500
(811,500)
1,056,500

※現代文化学部1年次後期の演習実習費にTOEICテスト費[4,300円(1年次後期受験分)]が含まれています。

※次の①、②は預かり金となるため上表には含んでいません。また、金額や内容を変更することがあります。

卒業年次諸経費:
大学は3年次後期に24,000円、短大部は1年次後期に24,000円
学生諸活動費(学生会費、同窓会永久会員ほか):
大学は入学時に17,200円、 2・3・4年次前期に各5,000円、4年次後期に10,000円、
短大部は入学時に15,360円、2年次前期に5,000円、後期に10,000円

※留学生会費(留学生のみ):大学・短大部の各年次前期・後期に各10,000円

※入学金および授業料は上表に含みます。

※その他、校外授業、資格免許取得課程等、上記学費以外に別途費用がかかる科目が開講されています。

大学院(2018年度入学者)

(単位:円)

  1年次
(内、入学時納入分)
2年次 3年次
博士後期課程 学内生 1,199,000
(665,250)
1,091,000 1,091,000
学外生 1,394,000
(847,750)
博士前期課程・修士課程 学内生 1,199,000
(665,250)
1,091,000  
学外生 1,394,000
(847,750)

※次の①、②は預り金となるため上表には含んでいません。また、金額や内容が変更することがあります。

学生諸活動費:
博士後期課程は入学時に21,280円〔学内生の場合は7,760円〕、2・3年次前期に各5,000円
博士前期課程・修士課程は入学時に20,360円〔学内生の場合は6,840円〕、2年次前期に5,000円
留学生会費(留学生のみ):各年次前期・後期に各10,000円

※学内生とは、文化学園大学から博士前期課程・修士課程へ進学した者、および本学大学院博士前期課程から博士後期課程へ進学した者が該当します。2年次以降の納入金は学内生・学外生同額になります。

入学時納入金の納入について

納入方法

金融機関窓口において、本学所定の振込用紙にてお振込ください。
本学指定の「みずほ銀行」各支店の窓口にて振込されますと、振込手数料が無料となります。
都合により納入期限までに納められない場合は、学事課までご相談ください。

領収書について

振込金領収書を、本学の領収書とさせていただきますので、大切に保管してください。紛失した場合、領収書の再発行はいたしません。

学費に関する問合せ先

学事課 TEL:03-3299-2309

学費(在学生)

学費の納入について

在学生の皆さんへ

学費

納入方法について

学費の納入は前期・後期の分納です。
金融機関窓口において、本学所定の振込用紙にてお振込ください。
本学指定の「みずほ銀行」各支店の窓口にて振込されますと、振込手数料が無料となります。

注意:一度納入された学費は返還できません。休学などを考えている場合は、早めに相談してください。

振込用紙について

学費振込用紙の発送時期と納入期限等は下記の通りです。振込用紙が1週間以上たっても届かない場合は、学事課までご連絡ください。

2017年度スケジュール

振込用紙発送 納入期限 延納期限 除籍期限
前 期 4月1日(土) 4月28日(金) 10月31日(火) 10月31日(火)
後 期 9月1日(金) 9月29日(金) 3月30日(金) 3月30日(金)

送付先

学生本人宛に送付します。
住所変更をした場合は、速やかに学事課で手続きを行ってください。

紛失した場合

紛失等により振込用紙の再発行を希望する場合は、学事課に申し出てください。

領収書

振込金領収書を、本学の領収書とさせていただきますので、大切に保管してください。紛失した場合、領収書の再発行はいたしません。

延納制度について

経済的な事情等により納入期限までに学費を納められない場合は、本学所定の「学費納入延期願」を学事課学費担当まで提出し、許可を受ける必要があります。用紙は、事務局教務部学事課窓口もしくは、下記からダウンロードしてください。延期願の提出がない場合は、学生本人と保護者宛に納入勧告を通知します。外国人留学生で、保証人がいらっしゃる場合は保証人にも通知します。

学費納入延期願

学費未納の場合の処置

学費未納者は、定期試験を受験することは可能ですが、学費の納入が確認されるまで、成績評価を受けられず、単位認定されません。学費納入確認後に認定されます。
退学をする場合、文化学園大学・文化学園大学短期大学部学費納入に関する細則第7条(3)により当該学期の学費納入がない場合は退学ではなく除籍となります。
納入期限より6ヶ月以内(前期は10月末日、後期は3月末日)に学費が納入されない場合は、学則により教授会の審議を経て除籍となります。
前期学費で、再延期が許可された場合のみ、最長で当該年度の3月末日まで延期が可能となります。

※学費未納のまま3月31日を越えて在籍することはできません。また、卒業年次は卒業できません。3月31日までに納入が確認できない場合は同日付けで除籍となります。

海外より送金を希望する場合

海外より送金を希望される方は、指定口座(下記の海外送金案内文章参照)に振込ください。
振込の際は、学籍番号と学生の氏名を必ず入力してください。

※海外の銀行から送金する場合、本国と日本で送金手数料が必要となります。学費から手数料が引かれないように送金してください。

※必ず日本円で送金してください。

海外送金案内文章

学費に関する相談・問合せ先

学事課 TEL:03-3299-2309

奨学金

勉強への強い意志をもちながらも経済的援助を必要としている学生の皆さんが、安心して自立した学生生活を送れるように、下記の奨学金制度を整えています。家計状況・成績・面接などの選考を経て、多くの学生が奨学金を利用しています。

文化学園大学・文化学園大学短期大学部奨学金(給付)

人物・学業ともに優れ、かつ経済的理由により修学が困難な学生のための、本学独自の奨学金です。

募集説明会 対象 給付金額 給付期間 採用予定人数
5月下旬 大学院生および授業料減免等を申請している学生を除く、全学生 年間授業料
半額免除
1年間 30名程度
  • ※ 募集説明会に参加することが必要です。
  • ※「日本学生支援機構奨学金」に申請中の学生も、同時に申し込むことができます。

紫友会奨学金(給付)

名称 対象 金額 採用予定人数
紫友会奨学金 大学院生および授業料減免などを申請している学生を除く、卒業年次の学生 100,000円 10名まで

根岸愛子特別奨学金(給付)

文化学園大学大学院で学業、人物ともに特に優れた学生を対象とした奨学金です。

推薦対象 推薦手続・審査 給付金額 給付期間
文化学園大学大学院生で、学業、人物ともに特に優れた者。ただし、他の奨学金等(給付)を受けている者を除く。 クラス・コースの担任または専攻の指導教員による推薦書の提出後、審査し、決定する。 年間学費
相当額
承認された年度の1年間とし、2年間を限度とする。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

種別 説明会 対象 貸与金額
〈月額〉
申込基準
第一種奨学金
(無利子貸与)
4月上旬
(年1回)
全学年の学生
ただし、外国籍の学生は在留資格による
大学 自宅 30,000円/54,000円 学力基準、家計基準等の詳細(第一種と第二種では異なる)は、独立行政法人日本学生支援機構のホームページにてご確認ください
◆日本学生支援機構ホームページ
自宅外 30,000円/64,000円
短大部 自宅 30,000円/53,000円
自宅外 30,000円/60,000円
大学院 修士課程相当 50,000円/88,000円
博士課程相当 80,000円/122,000円
第二種奨学金
(有利子貸与)
大学/短大部 30,000円/50,000円/80,000円/100,000円/120,000円
大学院
修士課程相当/
博士課程相当
50,000円/88,000円/100,000円/130,000円/150,000円
  • ※ 募集説明会に参加することが必要です。
  • ※月額は上記のいずれかを選択。
  • ※主たる家計支持者の失職・死亡など、家計急変のため奨学金を必要とする場合は、学生課で随時相談を受付けています。
  • ※高校在学中に、大学進学時の奨学金を予約する制度があります。詳細は在籍する高校の先生にご相談ください。

各種地方公共団体および諸団体奨学金

各種地方公共団体奨学金は各市区町村にお問合せください。また、諸団体奨学金の募集のお知らせは、随時奨学金掲示板(A館ロビー階)に掲示します。

奨励金

特に優秀な成績を修めた学生や海外留学をする学生に対し、奨励金の制度を設けています。

名称 対象 給付金額 採用予定人数
学業成績優秀者奨励金 成績評価(GPA)最上位の学生(大学3年・短大2年) 10,000円(予定) 各学科の最上位
提携校留学等奨励金 海外提携校とのプログラムによる留学をする学生 1年 100,000円
半年 50,000円
該当者全員

学生チャレンジプロジェクト助成金制度

学生主体の企画やアイデアに対し、優れた企画について活動資金を援助する制度です。

支援対象 ①学部・学科の専門性を活かし本学のブランドを向上する活動
②ボランティア活動など社会貢献に関する活動
③学内マナー向上のための企画と実施
④その他(本学学生の企画にふさわしく、実行により成長が期待できるもの)
支援要件 ●1件につき原則10万円の範囲内(審査による採否)
●原則として1団体/1個人につき年1回
●支援項目:交通費・賃借料・運搬費
募集期間 原則として年2回
第1回募集:  5月下旬(5月下旬から翌年2月末日までに実施するプロジェクトが対象)
第2回募集:10月上旬(10月下旬から翌年2月末日までに実施するプロジェクトが対象)

文化学園大学大学院特別奨励金

文化学園大学大学院で学業、人物ともに優れ、かつ経済的援助を必要としている学生を対象とした奨励金です。

推薦対象 推薦手続・審査 給付金額 給付期間
文化学園大学大学院生で、学業、人物ともに優れ、かつ経済的援助を必要としている者。ただし、他の奨学金等(給付)を受けている者を除く。 クラス・コースの担任または専攻の指導教員による推薦書の提出後、審査し、決定する。 年間学費
相当額
原則として1年間

教育ローンのご案内

入学金や授業料などの納付時期に必要な額だけ融資を受け、月々返済していく制度です。
一般的な教育ローンよりも、借入資格や利率の面で優遇措置を受けることができます。詳細につきましては、各金融機関に直接お問合せください。ただし、「永住者」・「特別永住者」以外の在留資格の外国人留学生の方は利用できません。

  金融機関 問い合わせ先
国の教育ローン 日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター
0570-008656
【専用サイトはこちら】
提携信販会社
株式会社オリエントコーポレーション 学費サポートデスク
0120-517-325
【専用サイトはこちら】
株式会社セディナ(三井住友フィナンシャルグループ) カスタマーセンター
0120-686-909
【専用サイトはこちら】
株式会社ジャックス ジャックスコンシュマーデスク
0120-338-817
【専用サイトはこちら】
  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP