ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

建学の精神

「新しい美と文化の創造」

文化学園大学・文化学園大学短期大学部における建学の精神には、「新しい美と文化の創造」を掲げ、開学以来今日まで、その意義を失うことなくこれを継承してきています。

本学の教育は、服装領域から始まり、今日では「服装学部」「造形学部」「現代文化学部」の3学部、および「短期大学部」で構成され、各専門領域において時代をリードする「新しい美」を追究すること、またその教育研究活動を通じて次世代の「文化」を創造することを基本理念としています。

大学院

目的

建学の精神「新しい美と文化の創造」のもと、文化学園大学の各学部の教育を基礎に、被服学・生活環境学・国際文化に関するより高度な学術の理論を教授研究するとともに、これを応用・展開する能力を涵養し、文化の進展に寄与することのできる人材を育成することを目的とする。

研究科・専攻の人材養成目的

生活環境学研究科は、大学の服装学部・造形学部における教育・研究に立脚し、人間を取り巻く生活環境を体系的かつ総合的にとらえ、より高度な学術研究を通して、各領域における課題探求能力に優れ、社会で指導的役割を果たすことのできる創造性豊かな人材の育成を目的とする。

  1. 被服環境学専攻(博士後期課程)は、服装を人間に最も近い生理的・物理的・社会的・文化的環境としてとらえ、基盤となる諸領域の基礎理論を確実に理解し課題解決に向けた発展的研究能力を涵養するとともに、被服環境全体を俯瞰する幅広い総合力と国際的コミュニケーション能力を有する指導的人材の育成を目的とする。
  2. 被服学専攻(博士前期課程)は、服装学部の教育研究を基礎に、より専門的かつ高度な知識・技術を習得し、研究方法を体得することを通じて、服装の教育研究分野における研究者、並びに、アパレル産業分野で活躍する高度な専門的知識を持った人材の育成を目的とする。
  3. 生活環境学専攻(修士課程)は、造形学部の教育研究の基礎の上に、より専門的かつ高度な知識・技術を習得させ、研究方法を体得させることを通じて、建築・住居・インテリア・生活造形等の生活環境に関する研究者及び創造的かつ高度な専門的知識を持った人材の育成を目的とする。

国際文化研究科は、大学の現代文化学部における教育・研究に立脚し、人間文化を多様な観点からとらえ、より高度な学術研究を通して、人間文化に関する課題探究能力に優れ、国際社会で指導的役割を果たすことのできる創造性豊かな人材の育成を目的とする。

  1. 国際文化専攻(修士課程)は、現代文化学部の教育・研究の基礎の上に、より専門的かつ高度な知識・技術を習得し、研究方法を体得することを通して、国際文化学・国際ファッション学・健康心理学に関する研究者及び創造的かつ高度な専門的知識を持つ真の国際人の育成を目的とする。

大学

目的

建学の精神「新しい美と文化の創造」のもと、学校教育法の定めるところにより、広く知識を授け深く専門の学芸を教授研究するとともに、社会に貢献し得る知的・道徳的及び応用的能力を持った有能な人材を育成することを目的とする。

学部・学科の人材養成目的

服装学部は、服装学全般にわたる総合的かつ体系的な理論と高度な技術の教育と研究を推進するとともに、広く社会や産業界に有為な人材を育成することを目的とする。

  1. ファッションクリエイション学科(2016年度生より)・服装造形学科(2015年度生まで)は、服装学の基礎技術教育と造形・デザイン等の各分野の専門教育を通じて、広く社会やアパレルを中心とするファッション産業界において指導的役割を果たす専門的知識と技術を備えた人材を育成する。
  2. ファッション社会学科(2016年度生より)・服装社会学科(2015年度生)は、服装を総合的にとらえるために人文学、社会科学等の幅広い分野の教育研究を通じて、課題探求能力及び創造性に富む人材を育成する。

造形学部は、生活に関わるモノづくりやデザイン並びに住環境の観点から「造形」をとらえ、生活の質の向上に貢献できる人材を育成することを目的とする。

  1. デザイン・造形学科(2014年度生より)・生活造形学科(2013年度生まで)は、モノづくりやデザイン及びアートに関わる感性豊かな教育研究を通じて、専門家並びに社会人として生活の質の向上に貢献できる人材を育成する。
  2. 建築・インテリア学科は、建築・住居・インテリアに関わる快適で豊かな環境づくりへの教育研究を通じて、専門家並びに社会人として生活の質の向上に貢献できる人材を育成する。

現代文化学部は、人間文化を多様な観点から捉える教育研究を通じて、国際社会の中で活躍できる人材を育成することを目的とする。

  1. 国際文化・観光学科は、異文化理解の教育研究を通じて、実践的な語学力や国際的なセンスと教養を身につけ、自文化を正しくとらえることのできる人材を育成する。
  2. 国際ファッション文化学科は、ファッションに関する専門的知識と技術の教育研究を通じて、実践的な語学力を身につけ、国際舞台で活躍できる人材を育成する。
  3. 応用健康心理学科は、健康的な生活習慣をつくる要素と過程に関する理論や技術の教育研究を通じて、心と身体の健康の保持や増進に取り組むことのできる人材を育成する。

短期大学部

目的

建学の精神「新しい美と文化の創造」のもと、学校教育法の定めるところにより、社会人として必須な教養を体得させるとともに、社会に貢献し得る良識ある有能な人材を育成することを目的とする。

学科の人材養成目的

ファッション学科(2016年度生より)・服装学科(2015年度生まで)は、服装の造形及び流通に関する専門的な知識・技術を習得するとともに、良識ある社会人としての教養を体得し、社会と服飾産業界に貢献し得る人材を育成する。

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP