ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

産学・地域連携活動/USR

産学・地域連携活動

BUNKAでは“社会貢献”のひとつのカタチとして、大学で学んだ知識や技術を生かし、さまざまな企業や地域社会との共同プロジェクトに取り組んでいます。密に連携した活動は、地域の教育や文化活動にも大きく貢献しており、実社会で必要とされるコミュニケーションの重要性を学ぶ絶好の機会です。

  • 企業とつながる
  • 地域とつながる

企業とつながる

『次世代のチカラ!プロジェクト』で実施されたコンテストに参加

(株)イトーヨーカ堂 × 服装造形学科(*現:ファッションクリエイション学科)

(株)イトーヨーカ堂が展開する総合スーパー、イトーヨーカドーによる産学連携企画『次世代のチカラ!プロジェクト』で実施された下記のコンテストにおいて、入賞した学生作品が商品化されました。また、4月に東京ビッグサイトで行われた「第40回 日本ホビーショー」では展示・販売もされました。

キッズのためのダンスウェア デザインコンテスト
母の日サンクスTシャツ デザインコンテスト

学生デザインの水着が商品化

(株)Vell × 国際ファッション文化学科

学生デザインの水着が商品化

手ごろな価格のオリジナル水着を販売する「LipCrown」((株)Vell)とのコラボレーションにより、2016年新作水着に、国際ファッション文化学科 映画・舞台衣装デザイナーコース 3年 長久保彩女さん のデザインが採用されました。6月よりLipCrowm オフィシャルサイトで販売されています。

オンワードブランドのリユース商品を用いたファッション雑貨の制作・販売

(株)オンワード樫山 × ブランド企画コース(服装学部 服装造形学科 *現:ファッションクリエイション学科)

オンワードブランドのリユース商品を用いたファッション雑貨の制作・販売

(株)オンワード樫山が行っているリサイクル環境活動の一つである「自社ブランドの使用済み衣料品の回収」によって集められた洋服等を利用して、新たなファッション雑貨を制作しました。いくつかの作品については、東京・武蔵野市にあるオンワード・リユースパーク店舗内にて販売されることとなり、学生は企業側との商品ディスプレイやPOPデザインの打ち合わせに参加し、期間中の店舗接客にも臨みました。

ニチベイデコブラインドコンペティション

(株)ニチベイ × インテリアデザインコース(造形学部 建築・インテリア学科)

ニチベイデコブラインドコンペティション

文化学園大学、東京家政学院大学の学生を対象に「2016年度 デコブラインドコンペティション」が開催され、「私の部屋のデコブラインドデザイン」をテーマに、自分の部屋や自宅の窓に似合うオリジナルのデコブラインドを課題として制作し、そのデザインを競いました。

nuovo」新制服が商品化

フォーク(株) × アドバンストテクニックコース(服装学部 服装造形学科 *現:ファッションクリエイション学科)

「nuovo」新制服が商品化<

フォーク(株)が展開する事務服ブランド「nuovo」と、3・4年生および教員が、企業向けオフィスレディ制服「シルエットオーバーブラウス」を共同開発し、商品化されました。9号の制服をメインに学生たちが被験者として着心地や伸縮性などの実験に協力。「キレイなシルエットでより動きやすい」制服を製作しました。フォーク(株)が蓄積してきたノウハウと、本学の人間工学に基づく立体裁断法とのコラボで実現したこの制服は、「nuovo2016 All season」コレクションに掲載されました。

小田急沿線の魅力を発信するフリーペーパーを発刊

小田急電鉄(株) × メディア編集デザインコース(現:メディア映像クリエイションコース)
(造形学部 生活造形学科 *現:デザイン・造形学科)

小田急沿線の魅力を発信するフリーペーパーを発刊

4年生が、小田急線の「代々木上原駅」「下北沢駅」「経堂駅」の街の魅力を紹介するPR紙としてフリーペーパーを企画・制作し、該当駅と新宿駅などで無料配布を行いました。取材・制作を通して得られたプロデュース力やコミュニケーション力は、学生の社会性へと繋がっています。

「3つのカタチ」展を開催

(株)ヤマヒサ × 造形学部 デザイン・造形学科/建築・インテリア学科

「3つのカタチ」展を開催

「実社会におけるデザイン・制作活動とは?」「企業と一緒だからこそ学べる体験」「企業は、若い世代のニーズやイメージを取り入れるきっかけに」など、連携ならではの貴重な体験をカタチにしました。造形学部の2学科がそれぞれ課題に取り組み、制作した作品を、本学にて展示しました。

外国人のお客様向け 新宿エリアPR企画

小田急電鉄(株) × 国際文化・観光学科(現代文化学部)

外国人のお客様向け 新宿エリアPR企画

外国人旅行者に新宿エリアを楽しんでもらうためのPR企画プロジェクトに取り組みました。2016年度は、新宿を舞台としたRPGを体験できる要素を盛り込んだツアー「新宿クエスト」を考案し、プレゼンテーションしました。観光・ホスピタリティの学びを生かして、実践的プロジェクトに取り組み、企画立案することをめざしています。この企画の取り組みは、小田急電鉄ホームページで公開されています。

環境展示会「エコプロ2016」に出展

服装学部・服装学部USR推進室

環境展示会「エコプロ2016」に出展

700を超える先端エコ企業・団体・NPO・学校が出展し、あらゆる分野で役立つ環境・エネルギー技術や最新エコ技術を紹介する合同展示会(東京ビッグサイト)に参加。本学ブースでは、授業で出た余り布や糸、不要になった衣料をもう一度繊維状に戻した「反毛(はんもう)」による作品や、“地球に優しいファッションの創造”をテーマに学生がプロデュース・製作したオリジナルブランドを展示し、ファッションを通してエコを考える取り組みを紹介しました。

小田急沿線 電車車両のデザイン提案「トレインテリア」

小田急電鉄(株) × インテリアデザインコース(造形学部 建築・インテリア学科)

小田急沿線 電車車両のデザイン提案「トレインテリア」

3年生が、通勤型車両の魅力向上をテーマに電車のリノベーションを提案する「トレインテリア」を実施しました。2016年度は、「通勤・通学時間を気持ちよく、居心地よく」という課題で、10班に分かれて企画・デザイン・提案を行い、小田急電鉄(株)の方々にプレゼンテーションしました。

USR(服装学部USR推進室)

本学服装学部では、社会の一員として単に社会に責任を果たすという受動的な姿勢ではなく、もっと積極的に社会に貢献していく姿勢が必要であると考え、服装学教育のあるべき姿を追究していくために、服装学部USR推進室を設立しました。

地域とつながる

小学生によるファッションショースタッフ体験を実施

服装造形学科(*現:ファッションクリエイション学科)

小学生によるファッションショースタッフ体験を実施

服装造形学科(*)4年次では、毎年ファッションショーを開催しており、その特別企画として「小・中学生のファッションショースタッフ体験・見学」を開催しています。ファッションショーに興味のある小・中学生を招いて、モデルウォーキング、ヘアメイク、音響操作、照明操作の中から選んだスタッフを体験したり、舞台裏の見学を行ったりと、ショーの様子を実際に肌で感じてもらえる機会となっています。

古民家改修・ワークショップを実施

長野県須坂市 × 造形学部

古民家改修・ワークショップを実施

市の地域活性化を図る目的で、造形学部の学生と地元の職人や農家の方の協力のもと、須坂市仁礼地区にある古民家を、少しずつ改修するプロジェクトを毎年行っています。今年は壁に木を打ち付ける作業に奮闘しました。また地域住民とのワークショップでは、オリジナルデザインでの染め物や、須坂市の木を使用したカトラリー作りなどを実施し、多くの学生が参加しました。

第37回大新宿区まつり「新宿芸術天国2016」に参加

新宿区 × 服装学部 ファッションクリエイション学科×造形学部 デザイン・造形学科

第37回大新宿区まつり「新宿芸術天国2016」に参加

上記学科の学生が、新宿の現在・未来を発信するキーワード【映画】【ファッション】【グルメ】【スポーツ】の4つを軸に展開されたビッグイベント「新宿芸術天国」のファッションステージに参加しました。ファッションクリエイション学科ファッションショー『服の力』の公演に加え、デザイン・造形学科が制作した着物『和服の力』も加わり、会場は大いに賑わいました。

新宿駅大ガード下壁画を在・卒業生が制作協力

新宿警察署 × 造形学部 デザイン・造形学科

新宿駅大ガード下壁画を在・卒業生が制作協力

新宿警察署より依頼を受け、造形学部の在学生および卒業生が制作協力した壁画20点がJR新宿駅-新大久保駅間高架下のウォールギャラリー(通称:新宿大ガード)にて2016年10月12日より展示されています。この壁画設置は、環境浄化のプロジェクトとして取り組み、一層にぎわった街「新宿の未来」をテーマに作成されました。

「東京の地で○○文化を感じる空間・部屋をつくる」

リリカラ(株) × (株)レオパレス21 × 造形学部 建築・インテリア学科

「東京の地で○○文化を感じる空間・部屋をつくる」

学内コンペで優秀賞に選ばれた学生のデザイン案を、㈱レオパレス21が所有しているモデルルームに施工しました。デザインは、日本文化の茶室に興味を持つ外国人をターゲットとした「和」の文化を日常生活で味わえる空間。壁紙や床材などをリリカラ(株)よりご提供いただき、学生たちは試行錯誤しながら一つの部屋をつくり上げました。また、完成したお部屋は、実際のモデルルームとして使用されました。

14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」にてファッションショー

愛知県一宮市 × 尾州 × 服装学部 服装造形学科ファッションクリエイション学科

14th JAPAN YARN FAIR & 総合展「THE 尾州」にてファッションショー

愛知県一宮市が行う地方創生発信型人材育成事業「一宮クロスプロジェクト」に、授業の一環としてクリエイティブデザインコース4年生が参加し、工場や繊維関連施設を見学すると共に生地選び、デザイン、仮縫い、縫製を経て一人ひとりが作品を製作しました。完成した衣装は、一宮市総合体育館にて行われたファッションショー「THE 尾州」で発表されました。

染色を軸に街の活性化をめざす『染の小道』に参加

東京都中井・落合 × テキスタイルワークコース(*)(造形学部 デザイン・造形学科)

染色を軸に街の活性化をめざす『染の小道』に参加

東京都中井・落合を「染の街」として、地域活性化につなげることを目的とした住民主体のイベント『染の小道』に、テキスタイルワークコース(*)の学生が産学連携事業の一環として参加しました。イベント当日は、中井にある8ヶ所の店舗に制作した暖簾を飾り、また、法華宗獅子吼会(寺)のホールでは、テキスタイルワークコース「学外卒業研究展」を開催。3年生の課題作品・4年生の卒業制作を中心に展示し、さらに染めのワークショップや、きものファッションショーも実施しました。

(*)コース編成変更のため、旧名称で表記

USR(服装学部USR推進室)

本学服装学部では、社会の一員として単に社会に責任を果たすという受動的な姿勢ではなく、もっと積極的に社会に貢献していく姿勢が必要であると考え、服装学教育のあるべき姿を追究していくために、服装学部USR推進室を設立しました。

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP