ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

国際文化・観光学科

航空会社や旅行会社、ブライダルなど観光・ホスピタリティ産業で活躍する
実際の現場でも使用されている設備を整えた「ホスピタリティ実習室」を利用し、実務に近い形で実習を行うことで即戦力となる力をつけます。国際社会の基礎知識と異文化理解の要となる語学力の習得を必修とし、世界の人々と働くためのホスピタリティとコミュニケーション力の養成をめざします。

学びの流れ

観光・ホスピタリティ産業をめざすための基礎知識と語学力を身につける。

観光・ホスピタリティ産業をめざすための基礎知識と語学力を身につける。

観光・ホスピタリティ産業で働くには、ビジネスマナーや現場での振る舞いを知るだけではなく、語学力と国際文化への理解が求められます。1年次ではその基礎を養うために、英語と中国語、世界各国の歴史や文化事情・観光、ホスピタリティを学びます。

1年次

観光系科目、文化系科目などを具体的に学ぶ。

観光系科目、文化系科目などを具体的に学ぶ。

航空会社やホテルのビジネス・サービスを実習から学ぶ観光系科目、各国の文化事情をより深く読み解く文化系科目など、学びの内容が具体的になります。少人数制のゼミ形式に分かれ、企業とのコラボレーション課題を通して専門的に学びたい分野を明確にします。また、インターンシップも2年次から参加することができます。

2年次

進路を見据えて科目を自由に選択する。実践的な課題に取り組み、社会を意識する。

進路を見据えて科目を自由に選択する。実践的な課題に取り組み、社会を意識する。

ブライダル関連の科目や、ホスピタリティ実習室を利用し、テーブルセッティング・マナーを実践的に学ぶ授業、実際にカウンターに立ってビジネス英語を話しながら学ぶ授業など、将来をイメージしやすい授業が中心になります。並行して2年次から引き続き行うゼミ形式のセミナーの中で、卒業研究のテーマを決定します。

3年次

観光面・文化面から独自の視点で考察する卒業研究が学習の中心。

観光面・文化面から独自の視点で考察する卒業研究が学習の中心。

学習の中心となる卒業研究では、各々のテーマについて調査・文献研究などを行い、観光面・文化面からのアプローチで考察。論文にまとめ発表することで、情報収集力や物事を成し遂げる力を養います。
また、就職に役立つマネジメントやマーケティングを学ぶキャリア形成の授業も行い、社会へと繋げます。

4年次

ロールプレイングや資格対策を通じて、将来役立つスキルを学んでいます。

インタビュー

3年 水野 智美 さん

(インタビュー時2年)

この学科を選んだ理由は?

高校の修学旅行でアメリカを訪れた際に、日本との文化や習慣の違いを感じたのがきかっけで、いろいろな国の歴史や文化事情に興味を持つようになりました。さまざまな国の文化と観光を同時に学べること、中国語が必修であること、また少人数制の授業でじっくり学べそうだと感じたことが入学の決め手です。

インタビュー

3年 水野 智美 さん

(インタビュー時2年)

続きを読む

実践的な学び

インターンシップ経験談
インターンシップ経験談
  • 航空業界に興味があり、株式会社JALスカイでのインターンシップに参加しました。グランドスタッフとして、手荷物カウンターでの受託補助や、スマイルサポートカウンターで補助が必要なお客様へのお手伝いのほか、搭乗口でのゲート業務を体験させていただきました。実際の仕事内容は想像よりも大変で精神面と体力面では苦労しましたが、身だしなみや挨拶、言葉遣いには気を付け、プロのサービスを提供する難しさを学ぶことができました。
    4年 治井 香乃((インタビュー時 3年)

  • インターンシップ経験談

    授業でエアラインサービスを学んでいたため、グランドスタッフの仕事や旅客サービスを理解したうえで参加することができました。

新宿エリアPR企画
新宿エリアPR企画
  • 小田急電鉄株式会社との産学連携で、3年生が外国人旅行者に新宿エリアを楽しんでもらうためのPR企画プロジェクトに取り組みました。2016年度は新宿を舞台としたRPGを体験できる要素を盛り込んだツアー「新宿クエスト」を考案し、プレゼンテーションしました。この企画の取り組みは、小田急電鉄ホームページで公開されています。

  • 新宿エリアPR企画

    観光・ホスピタリティの学びを生かして、実践的プロジェクトに取り組み、企画立案することをめざしています。

文化・語学体験プログラム
文化・語学体験プログラム
  • 「文化・語学体験プログラム」は、約2週間アメリカ・シアトルの家庭でホームステイをしながら文化・語学研修を行う選択科目です。提携校のベルビューカレッジで行われる英会話レッスンと、アメリカの学生生活を体験するためさまざまな課外活動に参加します。また、ホストファミリーや現地の人々との交流を通じて生活習慣や価値観の違いを理解し、アメリカの生活を肌で感じることができます。

  • 文化・語学体験プログラム

    2週間で日常英会話のスキルアップと日本との文化の違いを学ぶことができます。

  • インターンシップ経験談
    インターンシップ経験談
  • 新宿エリアPR企画
    新宿エリアPR企画
  • 文化・語学体験プログラム
    文化・語学体験プログラム
インターンシップ経験談
  • 航空業界に興味があり、株式会社JALスカイでのインターンシップに参加しました。グランドスタッフとして、手荷物カウンターでの受託補助や、スマイルサポートカウンターで補助が必要なお客様へのお手伝いのほか、搭乗口でのゲート業務を体験させていただきました。実際の仕事内容は想像よりも大変で精神面と体力面では苦労しましたが、身だしなみや挨拶、言葉遣いには気を付け、プロのサービスを提供する難しさを学ぶことができました。
    4年 治井 香乃(インタビュー時 3年)

  • インターンシップ経験談

    授業でエアラインサービスを学んでいたため、グランドスタッフの仕事や旅客サービスを理解したうえで参加することができました。

新宿エリアPR企画
  • 小田急電鉄株式会社との産学連携で、3年生が外国人旅行者に新宿エリアを楽しんでもらうためのPR企画プロジェクトに取り組みました。2016年度は新宿を舞台としたRPGを体験できる要素を盛り込んだツアー「新宿クエスト」を考案し、プレゼンテーションしました。この企画の取り組みは、小田急電鉄ホームページで公開されています。

  • 新宿エリアPR企画

    観光・ホスピタリティの学びを生かして、実践的プロジェクトに取り組み、企画立案することをめざしています。

文化・語学体験プログラム
  • 「文化・語学体験プログラム」は、約2週間アメリカ・シアトルの家庭でホームステイをしながら文化・語学研修を行う選択科目です。提携校のベルビューカレッジで行われる英会話レッスンと、アメリカの学生生活を体験するためさまざまな課外活動に参加します。また、ホストファミリーや現地の人々との交流を通じて生活習慣や価値観の違いを理解し、アメリカの生活を肌で感じることができます。

  • 文化・語学体験プログラム

    2週間で日常英会話のスキルアップと日本との文化の違いを学ぶことができます。

卒業に必要な履修単位数

大学の授業は「単位制」で、授業を受けて試験に合格すると「単位」が取得できます。
現代文化学部卒業には、下表の単位を取得する必要があります。

科目種別 履修単位数
学部共通基礎教養科目 16単位
キャリア形成教育科目※1 8単位
コラボレーション科目※2 2単位
専門教育科目 98単位
(外国語科目24単位を含む)
合計 124単位

※1 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につけることを目的に開講しています。

※2 教員は専門を問わずに協力し、学生は学部・学科・学年を越えて、集中授業の方式で毎年度さまざまな科目を開講しています。

若干変更される場合がありますので、詳細は入学後に配布される「履修要項」を参照してください。

資格

取得資格・免許

定められた課程を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお、学芸員、図書館司書として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 学芸員
  • 図書館司書

受験資格

指定科目を履修することで受験資格が得られます。

  • ピアヘルパー

本学修了証

指定科目の履修と定められた課程を修了した学生に対し、大学卒業(学位取得)と同時に修了証を授与します。

  • 日本語教員養成課程(留学生は卒業までに日本語能力試験N1に合格した者のみ取得可能)

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的に合わせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • 総合・国内旅行業務取扱管理者
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用英語技能検定
  • 秘書技能検定
  • 日商パソコン検定
  • AXESS実用検定試験
  • ホテルビジネス検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後にめざす主な職業
客室乗務員 / グランドスタッフ / ブライダルプランナー / ホテルマン / ツアーコンダクター / ツアープランナー / ツアーガイド / 総合職(銀行 / 貿易 / 商社 / 卸売業 / 小売業 / マスコミ) / 企画 / 広報 / 販売 / NGO・NPO / 日本語教員 etc.

沖縄がお客様にとって特別な場所になってくれたら。

インタビュー

沖縄ツーリスト株式会社

カウンター業務
手塚 葵 さん(2014年度 卒業)

どんなお仕事ですか?

沖縄に本拠地を置く旅行会社の東京支店で、添乗業務や営業職などを経て、現在はお客様をお迎えするカウンター業務を担当しています。観光プランを提案し、レンタカーやダイビングなど、目的に応じた手配も行っています。

インタビュー

沖縄ツーリスト株式会社

カウンター業務
手塚 葵 さん
(2014年度 卒業)

続きを読む

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP