ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

コンテスト

【入 賞】第4回 持続可能なファッションデザインコンクール

update 2014.11.20

Basic RGB

在シンガポール日本大使館〔ジャパンクリエイティブセンター〕が主催する「第4回 持続可能なファッションデザインコンクール」において、大学院生活環境学研究科、服装学部服装造形学科の学生、計3名が入賞を果たしました。

「持続可能なファッションデザインコンクール」は、シンガポールのファッション学校と本学を含む学校法人文化学園との学生間交流を促進させ、学生たちにファッション業界での「持続可能性(sustainability)」と社会的責任のあるデザインの重要性を認識させる目的で行われています。

デザイン画、作品解説、イメージビジュアルの3点が、1次は日本国内、2次はシンガポールで審査され、日本・シンガポール双方の学生から優秀作品ベスト10を選出し、実物製作を行いました。最終審査に参加した10点の作品から下記の学生がベスト3に選ばれ、日本大使館〔ジャパンクリエイティブセンター〕にて表彰されました。
学生の受賞作品は、11月に開催されるFIDE主催オートクチュール・ジャパンナイト・ファッションショーにおいて、プロモデルが実際に着装し、ランウェイ上で紹介されます。
 
 
【受 賞】
◆ 1位
金原 里花 (服装学部 服装造形学科 クリエイティブデザインコース 4年 )
◆ 2位
森澤 詩穂里 (大学院 生活環境学研究科 被服学専攻 2年)
◆ 3位
薄井 あい (服装学部 服装造形学科 クリエイティブデザインコース 3年)

Basic RGB
▲ 受賞作品と学生 (左から)1位 金原 里花/2位 森澤 詩穂里/3位 薄井 あい

Basic RGB
▲ (左から)日本、シンガポールの受賞学生/本学・本大学院 受賞学生と引率教員(高村是州教授[文化学園大学]、馬場園晶司准教授[文化ファッション大学院大学])

 
 
この度のコンクールでシンガポールを訪れた学生たちは、ラサール芸術大学、テマセックデザイン学校、南洋芸術大学(NAFA)、ラッフルズデザイン学校、ファーストメディア学校を訪問し、授業に参加したりと現地の先生や学生たちとの交流を深め、受賞学生3名にとって貴重な経験となりました。
Basic RGB
▲ (左から)ラサール芸術大学にてデザインスケッチ・試作のプレゼンを聴く本学生/ラッフルズ・デザイン学校にて大学院生の授業に参加しドレーピングを行った様子/ファーストメディア学校にて視察後、交流を深めた学生たち

 
 
学校訪問研修の最終日には、引率教員の本学服装学部教授 高村是州先生によるワークショップ「ファッションデザイン〈発想と表現技法〉」が南洋芸術大学(NAFA)にて行われ、シンガポールの学生は講義・実習を通じて日本の服装教育に触れ、日本・シンガポールの双方にとって有意義な時間となりました。Basic RGB
▲ (左から)講義を行う高村是州教授/実習授業で制作したデザイン画/受講学生の皆さん
 
---------------------------------
 
■ 在学生・卒業生のコンテスト情報はこちらから
https://bwu.bunka.ac.jp/info/cate/contest/