ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

デザイン・造形学科

デザイン・造形学科
1,2年次はデッサンや立体造形などの基本を修得することから始まり、観察力や造形力、表現力といった基礎知識と技術を段階的に身につけていきます。3年次からは3つのコースに分かれ、より専門的な創造力を身につけて、社会に必要なデザインを提案するなど、自分の好きなことを仕事にするための「将来につながるものづくり」を学びます。

段階的に身につける基礎力とコースで磨く専門力

1・2年次の教育は、デザイン全般に親しみその幅広い分野に対して視野を広げ、多様な表現方法と技法に触れて基礎力を養うことを目的のひとつとしています。その基礎力をベースに3年次からはコースで専門知識を身につけ、社会に対して問題にクリエイティブな発想で臨む力を養います。

学びの流れ

「可能性を広げる」基礎授業で、学びたいことが見つかる。

学びの流れ

デザインと造形の基礎が身につく講義と実習を中心に、プロとして活躍するために必要な「デザインの考え方」と「柔軟な表現力」を養います。色彩や素材の基礎学習や平面・立体作品の制作などを通して表現の可能性を探り、デザイナーとしての基礎を築きます。

1年次

さまざまな表現方法をためし、自分に合ったデザインの道を見つける

学びの流れ

1年生で学んだデザインの基礎力を土台に、理論や知識を生かした作品制作に取り組みます。また、専門領域への視点をより深めるため、3年次より分かれる各コースの基礎実習科目を設置。前もってコースの学びを実体験することで、自分の適性を見極め、将来を明確にイメージしていく1年です。

2年次

コースに分かれ、企画力やデザイン力を総合的に鍛える。

コースに分かれ、企画力やデザイン力を総合的に鍛える。

コースに分かれ、それぞれの専門分野を基礎から応用まで深く学びます。社会のニーズを分析し、必要なデザインを提案するなど、社会性の高い課題も実施。各自が最も成長する1年です。

  • メディア映像クリエイションコース
  • グラフィック・プロダクトデザインコース
  • ジュエリー・メタルデザインコース

コース紹介

3年次

デザインで社会に関わっていく手法を学び、研究や制作に取り組む。

デザインで社会に関わっていく手法を学び、研究や制作に取り組む。

それぞれのコースにおいて「生活を豊かに」という視点で将来の進路を見据えたテーマでモノづくりを行う1年間。卒業研究では、学んできたすべてを作品制作に生かします。さらに研究を深め、プロとしての専門性に繋げるとともに、デザインで社会と関わっていく手法を学びます。

4年次

在学生の声

インタビュー

インタビュー時
1年生

今の自分と、これからの目標

1年次の今は、デザインの概念や技術の基礎をきちんと理解し、「自分に足りないものは何か」を探す時間だと思っています。今は、技術や感性を磨いて知識を蓄えている最中。そして、これからの3年間で「誰にも負けないデザイン力」を身につけたいです。

インタビュー

インタビュー時
1年生

続きを読む

コース(3年次より3コースに分かれます)

メディア映像クリエイションコース
メディア映像クリエイションコース
point01

メディア映像クリエイションコース学外のイベントや企業とのコラボレーションに挑戦できる

学外の映像イベント、CMやフリーペーパーの制作など、企業との連携企画に積極的に参加し、コミュニケーション力や社会性、作品のクオリティを磨きます。

point02

メディア映像クリエイションコースメディアや映像の分野で活躍する専門家による、丁寧な指導

グラフィックデザイナー、映像作家、ディレクター、フォトグラファーなど多様な分野で活躍するメディア制作のプロの教員陣が、学生の個々の実力に合わせて丁寧に指導します。

point03

メディア映像クリエイションコースいろいろなメディアに対応した、幅広い表現方法が学べる

3年次では、個々の目的に合わせて、アニメーションや実写映像、雑誌の編集やデザイン、ネットメディアの企画・デザインなど多様な内容を組み合わせ選択することが可能です。

グラフィック・プロダクトデザインコース
グラフィック・プロダクトデザインコース
point01

グラフィック・プロダクトデザインコース幅広い課題制作を通して自分の適性が発見できる

広告、グラフィックアート、映像、家具、生活雑貨など幅広くデザインを体験。グラフィックとプロダクトの境界をこえ、まずは視野を広げてデザインについて学ぶことで、自分に合った専門分野を見つけます。

point02

グラフィック・プロダクトデザインコースデジタルワークとハンドメイドの両方をバランスよく学べる

コンピュータを使ったデジタルワークだけでなく、手描き・アナログ表現、木・布・樹脂などの素材加工といったハンドワークも大切な要素。デザインを発想するためのバックグラウンドとなるものづくりの基礎知識と技術を身につけます。

point03

グラフィック・プロダクトデザインコース社会と関わりながら実践的なデザインを体験する

デザインが実社会においてどのように繋がっているかいるのかを知っておくことは卒業後のイメージを描く上で大切です。コースの卒業生にデザインの現場のリアルな話を聴く授業や、企業との連携授業でそれらを体験します。

ジュエリー・メタルデザインコース
ジュエリー・メタルデザインコース
point01

多様な場で考える力とオリジナル性を育む多様な場で考える力とオリジナル性を育む

社会を広くリサーチし、魅力あるジュエリーのデザインとは?について考えます。さらに、仲間や教員とのコミュニケーションによって心地よいデザインバランスを生み出すためのポイントや可能性を探り、完成度を高めます。

point02

新しい表現方法に挑戦し、スキルアップをめざす

さまざまな技法、表現方法を学ぶと同時に、ジュエリーや金属装飾の歴史にも関心を持って研究を深めます。それらの知識を生かしてオリジナル性の高いデザインや制作にチャレンジし、表現の可能性を広げます。

point03

ジュエリー・メタルデザインコース積極的に作品を発信して社会と繋がる

学内外のコンテストやプロジェクトに積極的に参加して発信力を鍛え、作品づくりに生かします。教員や企業の方々、卒業生の先輩からいただいたアドバイスは、卒業後の進路へ繋がる動機づけにもなる貴重な経験となります。

  • メディア映像 クリエイションコース
    メディア映像
    クリエイションコース
  • グラフィック・プロダクト デザインコース
    グラフィック・プロダクト
    デザインコース
  • ジュエリー・メタル デザインコース
    ジュエリー・メタル
    デザインコース
いろいろなメディアに対応した、幅広い表現方法が学べる

いろいろなメディアに対応した、幅広い表現方法が学べる

point01

学外のイベントや企業とのコラボレーションに挑戦できる

学外の映像イベント、CMやフリーペーパーの制作など、企業との連携企画に積極的に参加し、コミュニケーション力や社会性、作品のクオリティを磨きます。

さメディアや映像の分野で活躍する専門家による、丁寧な指導

point02

メディアや映像の分野で活躍する専門家による、丁寧な指導

グラフィックデザイナー、映像作家、ディレクター、フォトグラファーなど多様な分野で活躍するメディア制作のプロの教員陣が、学生の個々の実力に合わせて丁寧に指導します。

いろいろなメディアに対応した、幅広い表現方法を学ぶ

point03

いろいろなメディアに対応した、幅広い表現方法が学べる

3年次では、個々の目的に合わせて、アニメーションや実写映像、雑誌の編集やデザイン、ネットメディアの企画・デザインなど多様な内容を組み合わせ選択することが可能です。

幅広い課題制作を通して自分の適性を発見する

幅広い課題制作を通して自分の適性を発見する

point01

幅広い課題制作を通して自分の適性が発見できる
 

広告、グラフィックアート、映像、家具、生活雑貨など幅広くデザインを体験。グラフィックとプロダクトの境界をこえ、まずは視野を広げてデザインについて学ぶことで、自分に合った専門分野を見つけます。

デジタルワークとハンドメイドの両方を学ぶ

point02

デジタルワークとハンドメイドの両方をバランスよく学べる

コンピュータを使ったデジタルワークだけでなく、手描き・アナログ表現、木・布・樹脂などの素材加工といったハンドワークも大切な要素。デザインを発想するためのバックグラウンドとなるものづくりの基礎知識と技術を身につけます。

社会との関わりから実践的なデザインを体験する

point03

社会と関わりながら実践的なデザインを体験する
 

デザインが実社会においてどのように繋がっているかいるのかを知っておくことは卒業後のイメージを描く上で大切です。コースの卒業生にデザインの現場のリアルな話を聴く授業や、企業との連携授業でそれらを体験します。

考える力 × オリジナル性

多様な場で考える力とオリジナル性を育む

point01

多様な場で考える力とオリジナル性を育む

社会を広くリサーチし、魅力あるジュエリーのデザインとは?について考えます。さらに、仲間や教員とのコミュニケーションによって心地よいデザインバランスを生み出すためのポイントや可能性を探り、完成度を高めます。

新しい表現方法に挑戦し、スキルアップをめざす

point02

新しい表現方法に挑戦し、スキルアップをめざす

さまざまな技法、表現方法を学ぶと同時に、ジュエリーや金属装飾の歴史にも関心を持って研究を深めます。それらの知識を生かしてオリジナル性の高いデザインや制作にチャレンジし、表現の可能性を広げます。

積極的に作品を発信して社会と繋がる

point03

積極的に作品を発信して社会と繋がる

学内外のコンテストやプロジェクトに積極的に参加して発信力を鍛え、作品づくりに生かします。教員や企業の方々、卒業生の先輩からいただいたアドバイスは、卒業後の進路へ繋がる動機づけにもなる貴重な経験となります。

卒業に必要な履修単位数

単位は、授業を受けて試験などに合格することで取得ができます。造形学部を卒業するには、下記の単位を取得する必要があります。詳細は、入学後に配布される「履修要項」をご参照ください。

科目種別 履修単位数
総合教養科目
外国語科目
30単位
(総合教養科目 13単位以上、外国語科目 4単位以上)
コラボレーション科目※1 2単位
キャリア形成教育科目※2 2単位
専門教育科目 80単位
自由選択科目 10単位
合計 124単位

※1 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につける目的で開講される科目。

※2「学部・学科をこえた学生同士」「専門の異なる教員同士」「本学と産業界・地域・国内外の大学」などのコラボレーションを意図して開講される科目。

資格

取得資格・免許

定められた課程および指定科目を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお、教員、学芸員として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 中学・高校1種教員免許状(美術)
  • 学芸員

受験資格

指定科目を履修することで受験資格が得られます。

  • ピアヘルパー

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的にあわせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • カラーコーディネーター検定
  • DTP検定
  • DTPエキスパート
  • アドビ認定エキスパート
  • ジュエリーコーディネーター検定
    (ジュエリー・メタルデザインコースのみ)
  • 貴金属装身具製作技能士
    (ジュエリー・メタルデザインコースのみ)
  • TOEIC®/TOEFL®
  • 実用英語技能検定
  • 秘書技能検定
  • 日商パソコン検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後にめざす主な職業
グラフィックデザイナー / ジュエリーデザイナー / WEBデザイナー / 雑貨デザイナー / 映像編集者 / イラストレーター / 一般企業(総合職・一般職) / 商品企画・開発 / 営業・販売 / 美術事務 / 美術科教員 / 学芸員 etc.

卒業生の声

インタビュー

[2016年度卒業生]

編集者

株式会社宝島社

編集者をめざそうと思ったきっかけ

在学中から、「将来は世界観をつくる人になりたい」と思っていました。3年生のとき、メディア編集デザインコース(現:メディア映像クリエイションコース)でチームごとにフリーペーパーを制作し、企画構成、取材や撮影、デザインまで雑誌づくりをひと通り体験するうちに編集の仕事に興味がつのり、この仕事が自分の将来像にもマッチしていることを確信しました。

インタビュー

[2016年度卒業生]

編集者

株式会社宝島社

続きを読む

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP