大学院入試 1期・2期

  • 博士前期課程・修士課程
  • 博士後期課程

受験希望の方は、志望分野の担当教員との「事前相談」が必須です。出願期間前に各自で志望分野の担当教員と連絡をとり、研究テーマや内容について相談と確認をしてください。
教員の連絡先(メールアドレス)は、下記の各専攻のページから確認してください。

生活環境学研究科 被服学専攻

生活環境学研究科 生活環境学専攻

国際文化研究科 国際文化専攻

「2023年度大学院入試入学試験要項」および出願書類(本学所定用紙)は下記の出願方法に公開しています。出願前に必ず印刷し、確認してください。

入試日程

1期

出願期間(郵送・窓口受付)
2022年9月1日(木)~9月6日(火)16:00必着[9月3日(土)・4日(日)は窓口閉室]

試験日
2022年9月15日(木)

合格発表日
[Web]2022年9月26日(月)10:00~
[郵送]2022年9月28日(水)

入学手続締切日
2022年10月7日(金)

2期

出願期間(郵送・窓口受付)
2023年1月23日(月)~1月26日(木)16:00必着

試験日
2023年2月9日(木)

合格発表日
[Web]2023年2月16日(木)10:00~
[郵送]2023年2月18日(土)

入学手続締切日
2023年3月1日(水)

出願資格

次の項目のいずれかに該当する者

詳細を見る
(1)
大学を卒業(学士取得)および2023年3月卒業見込み(学士取得見込み)の者
(2)
独立行政法人大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(3)
外国において、学校教育における16年の課程を修了した者および2023年3月までに修了見込みの者
(4)
外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該国の学校教育における16年の課程を修了した者および2023年3月までに修了見込みの者
(5)
外国において15年間の学校教育課程を修了し、本学の定める単位を優秀な成績で取得したと認めた者
(6)
我が国において、外国の大学相当として文部科学大臣が指定した外国の学校の課程を修了した者および2023年3月までに修了見込みの者
(7)
外国の大学等において、修業年限が3年以上の課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(8)
文部科学大臣が指定した専修学校の専門課程(修業年限が4年以上)を修了し、高度専門士の資格を取得した者および2023年3月までに取得見込みの者
(9)
本大学院において、個別の入学資格審査により、学士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた22歳に達した者および2023年3月31日までに22歳に達する者

※上記(9)にて出願する者は事前に個別入学資格審査を受けることが必要です。入学資格審査を申請する場合は、「個別入学資格審査について」を必ず確認し、下記期日までに申請書類を入試広報課へ提出してください。

【1期】2022年7月15日(金)必着 【2期】2022年11月25日(金)必着

個別入学資格審査について

〈社会人特別入試〉は次の項目のいずれかに該当する者

(1)
学士または高度専門士取得後、2年以上勤務経験のある者
(2)
学士または高度専門士を取得し、入学時に27歳以上の者

【受験上および修学上の特別な配慮が必要な方へ】
本学への入学を志望し、疾病・負傷や障がいがある方は、受験時および入学後の修学上支障がないよう特別な配慮を必要とすることがありますので、出願開始日の1ヵ月前までに必ず「事前相談申込書」を入試広報課へ提出してください。また、怪我や病気のため、受験の際に特別な措置が必要な場合も「事前相談申込書」の提出が必要です。詳細は下記ページを確認してください。

受験上および修学上の配慮を希望する入学志願者の事前相談について

閉じる×

【出願上の注意】

  • 出願期間前に、必ず各自で志望分野の担当教員と連絡をとり、研究テーマや内容について「事前相談」を行ったうえで、出願してください。
  • 「事前相談」の際に、研究指導を希望する教員より自己制作の「実物作品」または「ポートフォリオ」の提示の指示があった場合は、必ず『文化学園大学大学院入学試験 提示作品自己制作証明書(本学所定)』を教員に提出してください。この証明書は下記より印刷してください。また、「事前相談」を経て出願となった場合、この証明書は出願書類の一つとして取り扱います。

出願方法

出願前に「2023年度大学院入試入学試験要項」および出願書類(本学所定)を印刷し、必要項目を記入してください。その他の出願書類については、必ず「大学院入試入学試験要項」を確認してください。

※1 入学願書/履歴書/写真票/研究計画書/推薦書/受験承諾書/メールアドレス記入用紙/発送用ラベル/出願書類提出用ラベル
※2 「推薦書」はWordで作成することも可能です。(志願者と推薦者の捺印は必須)

入学検定料をお支払い後、出願期間内にすべての出願書類を入試広報課窓口にて直接、または郵送で提出してください。

入学検定料

35,000円

入学検定料は、出願期間内に下記のどちらかの方法でお支払いください。
【支払方法】
 ①クレジットカード決済・ネット銀聯(海外在住および日本国内在住の受験生が利用可能)
 ②コンビニエンスストア端末(日本国内在住の受験生のみ利用可能)

選考方法

「筆記試験」、「面接」、「出願書類」の結果を総合的に判定して選考します。

[試験科目]

生活環境学研究科 被服学専攻(博士前期課程)
  • 外国語科目※1(学外生のみ *社会人特別入試の学外生は含まない)
  • 小論文(学外生のみ *社会人特別入試の学外生も含む)
  • 専門科目
    アドバンストファッションデザイン専修・・・ファッションデザイン・造形学
    テキスタイルデザイン学専修・・・・・・・・被服材料・管理学
    服装機能学専修・・・・・・・・・・・・・・被服衛生学
    服装社会・文化専修・・・・・・・・・・・・服装社会・文化論
    ファッションビジネス専修・・・・・・・・・ファッションビジネス論
  • 面接※2

※1 「英語」と「日本語」から母国語を除く1科目を選択しますが、外国人留学生は「日本語」を選択してください。
※2 面接では、実物作品やポートフォリオによるプレゼンテーションはできません。作品を面接会場へ持ち込むこともできませんので、注意してください。

閉じる×
生活環境学研究科 生活環境学専攻(修士課程)
  • 外国語科目※1(学外生のみ *社会人特別入試の学外生は含まない)
  • 小論文(学外生のみ *社会人特別入試の学外生も含む)
  • 専門科目
    生活造形学専修・・・・・・・デザイン論 または 美術工芸論
    建築・インテリア学専修・・・建築・インテリアデザイン論
  • 面接※2

※1 「英語」と「日本語」から母国語を除く1科目を選択しますが、外国人留学生は「日本語」を選択してください。
※2 面接では、実物作品やポートフォリオによるプレゼンテーションはできません。作品を面接会場へ持ち込むこともできませんので、注意してください。

閉じる×
国際文化研究科 国際文化専攻(修士課程)
  • 外国語科目※1(社会人特別入試の志願者は含まない)
  • 小論文(国際文化専修のみ)
  • 専門科目(健康心理学専修のみ)
  • 面接※2

※1 「英語」と「日本語」から母国語を除く1科目を選択しますが、外国人留学生は「日本語」を選択してください。
※2 面接では、実物作品やポートフォリオによるプレゼンテーションはできません。作品を面接会場へ持ち込むこともできませんので、注意してください。

閉じる×

入学手続き

合格者には、合格通知書とともに入学手続きについての書類を送付します。記載された手続方法に従い、入学手続締切日までに所定の学費を納入することにより、入学手続きが完了します。

入学手続完了後に入学を辞退する場合は、所定の手続きを行うことで入学辞退となり、入学金以外の学費を返還します。学費等納入金返還の手続方法は、下記ページを確認してください。

入学辞退および学費等納入金返還について

過去問題

試験科目の過去問題については、志望分野の担当教員との「事前相談」を終えた受験予定者にのみ、入試広報課窓口またはメール送付で渡すことが可能です。希望する場合は、入試広報課(TEL 03-3299-2311)へお問合せください。

在留資格(留学)の申請について

日本国外から直接入学する方は、入学手続完了後、日本の出入国在留管理庁で「在留資格認定証明書(留学)」の申請が必要になります。「在留資格認定証明書(留学)」の申請後、許可がおりるまでには約2~3か月かかりますので、該当する方は早めに学生課(TEL 03-3299-2322)に連絡してください。
なお、2月に実施する大学院入試2期で合格した方で、在留資格認定証明書(留学)が必要な場合は、上記の理由により、4月初旬から開始する授業に間に合わない可能性が高いことをあらかじめご了承ください。
在留資格が「短期滞在」の受験生は、できるだけ大学院入試1期を受験することをお勧めいたします。

被服学専攻グローバルファッション専修(英語プログラム)を志望する方へ

グローバルファッション専修への出願・入試に関して質問がございましたら、下記の入試広報課E-mailアドレスまでメールでお問合せください。(日本語もしくは英語でお送りください)
nyushi@bunka.ac.jp

If you have any questions about admissions for Global Fashion Concentration, please ask the admissions office by email. (in English or Japanese)
nyushi@bunka.ac.jp

グローバルファッション専修の授業内容、カリキュラム、修士論文または修了制作に関して質問がございましたら、下記の担当教員へメールでお問合せください。(日本語もしくは英語でお送りください)
高木 陽子 教授(Prof. Yoko Takagi) プロフィールtakagi@bunka.ac.jp

If you have any questions about syllabus, curriculum, master’s thesis or collection of Global Fashion Concentration, please ask the professors below by email.
Prof. Yoko Takagi (profile) ✉takagi@bunka.ac.jp

グローバルファッション専修の2023年度入学試験要項および出願書類は、下記よりダウンロードしてください。
Please download the Guidelines for Admission 2023 and the university-designated forms as below.

受験希望の方は、志望分野の担当教員との「事前相談」が必須です。出願期間前に各自で志望分野の担当教員と連絡をとり、研究テーマや内容について相談と確認をしてください。
教員の連絡先(メールアドレス)は、下記の「専攻紹介」からご確認ください。

専攻紹介

「2023年度大学院入試入学試験要項」および出願書類(本学所定用紙)は下記の出願方法に公開しています。出願前に必ず印刷し、確認してください。

入試日程

出願期間(郵送・窓口受付)
2023年1月23日(月)~1月26日(木)16:00必着

試験日
論述:2023年2月8日(水)
語学・面接:2023年2月9日(木)

合格発表日
[Web]2023年2月16日(木)10:00~
[郵送]2023年2月18日(土)

入学手続締切日
2023年3月1日(水)

出願資格

次の項目のいずれかに該当する者

詳細を見る
(1)
修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(2)
外国において、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(3)
外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(4)
我が国において、外国の大学院相当として文部科学大臣が指定した外国の学校の課程を修了し、修士の学位または専門職学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(5)
国際連合大学の課程を修了し、修士の学位に相当する学位を授与された者および2023年3月までに授与される見込みの者
(6)
大学等を卒業し、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者で、本大学院において、修士の学位を有する者と同等の学力があると認めた者
(7)
本大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた24歳に達した者および2023年3月31日までに24歳に達する者

※上記(7)にて出願する者は事前に個別入学資格審査を受けることが必要です。入学資格審査を申請する場合は、「個別入学資格審査について」を必ず確認し、2022年11月25日(金)までに申請書類を入試広報課へ提出してください。

個別入学資格審査について

【受験上および修学上の特別な配慮が必要な方へ】
本学への入学を志望し、疾病・負傷や障がいがある方は、受験時および入学後の修学上支障がないよう特別な配慮を必要とすることがありますので、出願開始日の1ヵ月前までに必ず「事前相談申込書」を入試広報課へ提出してください。また、怪我や病気のため、受験の際に特別な措置が必要な場合も「事前相談申込書」の提出が必要です。詳細は下記ページを確認してください。

受験上および修学上の配慮を希望する入学志願者の事前相談について

閉じる×

【出願上の注意】

  • 出願期間前に、必ず各自で志望分野の担当教員と連絡をとり、研究テーマや内容について「事前相談」を行ったうえで、出願してください。
  • 「事前相談」の際に、研究指導を希望する教員より自己制作の「実物作品」または「ポートフォリオ」の提示の指示があった場合は、必ず『文化学園大学大学院入学試験 提示作品自己制作証明書(本学所定)』を教員に提出してください。この証明書は下記より印刷してください。また、「事前相談」を経て出願となった場合、この証明書は出願書類の一つとして取り扱います。

出願方法

出願前に「2023年度大学院入試入学試験要項」および出願書類(本学所定)を印刷し、必要項目を記入してください。その他の出願書類については、必ず「大学院入試入学試験要項」を確認してください。

※1 入学願書/履歴書/写真票/推薦書/受験承諾書/メールアドレス記入用紙/発送用ラベル/出願書類提出用ラベル
※2 「推薦書」はWordで作成することも可能です。(志願者と推薦者の捺印は必須)

入学検定料をお支払い後、出願期間内にすべての出願書類を入試広報課窓口にて直接、または郵送で提出してください。

入学検定料

35,000円(本大学院博士前期課程からの志願者は15,000円)

入学検定料は、出願期間内に下記のどちらかの方法でお支払いください。
【支払方法】
 ①クレジットカード決済・ネット銀聯(海外在住および日本国内在住の受験生が利用可能)
 ②コンビニエンスストア端末(日本国内在住の受験生のみ利用可能)

選考方法

「提出論文」または「成果作品」、「論述試験」、「語学試験」、「面接」、「出願書類」の結果を総合的に判定して選考します。

[試験科目]

  • 論述試験
    修士課程修了に相当する成果をまとめた内容を「パワーポイント」を用いて、一人20分程度発表します。その後、20分程度の口頭試問を行います。論述試験会場にパソコン(Windows10)とプロジェクターを用意しますので、パワーポイントのデータを入れたUSBメモリーを必ず持参してください。
  • 語学試験
    日本人(外国人学生を含む)は「英語」を必修とし、外国人留学生は「日本語」を選択してください。
  • 面接

※面接では、実物作品やポートフォリオによるプレゼンテーションはできません。作品を面接会場へ持ち込むことはできません。

入学手続き

合格者には、合格通知書とともに入学手続きについての書類を送付します。記載された手続方法に従い、入学手続締切日までに所定の学費を納入することにより、入学手続きが完了します。

入学手続完了後に入学を辞退する場合は、所定の手続きを行うことで入学辞退となり、入学金以外の学費を返還します。学費等納入金返還の手続方法は、下記ページを確認してください。

入学辞退および学費等納入金返還について

過去問題

語学試験の過去問題については、志望分野の担当教員との「事前相談」を終えた受験予定者にのみ、入試広報課窓口またはメール送付で渡すことが可能です。希望する場合は、入試広報課(TEL 03-3299-2311)へお問合せください。

在留資格(留学)の申請について

日本国外から直接入学する方は、入学手続完了後、日本の出入国在留管理庁で「在留資格認定証明書(留学)」の申請が必要になります。「在留資格認定証明書(留学)」の申請後、許可がおりるまでには約2~3か月かかりますので、該当する方は早めに学生課(TEL 03-3299-2322)に連絡してください。
なお、合格した方で在留資格認定証明書(留学)が必要な場合は、上記の理由により、4月初旬から開始する授業に間に合わない可能性が高いことをあらかじめご了承ください。