ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

ファッションクリエイション学科

ファッションを「創るヒト」人へ。確かな専門性と実力で、これからのファッション業界をリードする

学び方と未来が自由に選べる、3つのフィールドで多彩な未来を切り拓く

多様化するファッション業界に対応できる人材の育成をめざすファッションクリエイション学科。一人ひとりの目標に合わせて横断的にファッションにアプローチできる3つのフィールドを設置しています。1年次の必修科目を経た後は、各フィールドから自分の将来に必要な科目を主体的に選択し、専門知識を磨きながら視野を拡げます。好奇心と夢に合わせて自由に学ぶことで、描かれる未来は幾通りにもなります。

3つのフィールド

学びの流れ

ファッションの基礎を知り、服づくりの理論と技術を身につける。

1年次

ファッションの領域はとても広く、デザイン、技術、素材、布地の知識などすべてがその基礎の上に成り立ち、そして分かれていきます。1年次では服装学、ファッション画、縫製技術などファッションクリエイションの理論と知識を基礎から身につけます。

1年次

服づくりの理解を深め、将来を見据えたフィールドから科目を選択。横断型履修システムでフィールドをまたいだ学びが可能。

2年次

幅広いファッション関連分野に対応した科目と、より高度な技術や知識を習得するための専門科目を設定。より専門性を深めながら、めざす将来に向けてフィールドを選択します。それぞれのフィールドを横断して学ぶことで、自分の可能性をさらに探ることができます。

  • アパレルフィールド
  • プロデュースフィールド
  • アドバンストフィールド

3つのフィールド紹介

2年次

各フィールドの専門的な学びを深め、成果をかたちにする。

3年次

各フィールドの学びを深めるとともに、服づくりの学びの成果をかたちにします。ファッションショー(4年次に開催)を通して創造性と協調性を育む、人間形成を目的とした1年です。ひとつの目的を共通認識として多数で共有し、チームでつくり上げていく経験を土台とし、4年次の個人研究へと繋げます。

3年次

個の力を伸ばす「卒業研究」で将来に応用できる力をつける。

4年次

これまでの学びの知識と、ファッションショーで培った論理的にクリエイションする力を総合し、4年間の集大成として卒業研究に取り組みます。この1年で身につける、ものづくりにおいて重要な「記録する・書く・まとめる・プレゼンテーションする」という工程の経験が将来に応用できる力となります。

4年次

在学生の声

インタビュー

インタビュー時
3年生

BUNKAに入学してよかったこと

実際のアパレル工場の設備でものづくりができることです。実習の授業ではジーンズを製作しましたが、布地の裁断から複数のミシンを使用しての縫製まで、工程の一つひとつが意味をもっていることを実感できました。

インタビュー

インタビュー時
3年生

続きを読む

3つのフィールドで学ぶ

アパレルフィールド

“服づくり”の理論と技術を身につけ、アパレル業界で活躍できるクリエイターをめざします。

多様化するファッションの世界において中心となるアパレルの分野で活躍するためには、確かな専門性と実力をもち、企画・設計・生産・販売までの道筋をしっかりと理解していることが重要です。服づくりを中心とした、専門的な職業をめざすために設置した科目のすべては、ファッションクリエイション学科の教育の柱でもあるアパレル業界への就職をより重視したカリキュラムです。服づくりの知識と技術を理論からしっかりと身につけることができるフィールドです。

Work & Activities

創作意欲をかきたてる充実した設備と、確かな技術を裏付ける実践的な実習

人体とパターンとの基本的な関係を理解することや、アパレル生産に必要な知識を技術の修得、オートクチュールテクニックを基礎とした製作など、アパレル業界で活躍するための実践力と応用力を充実した施設と設備を活用して身につけます。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

領域の学びからめざす職種

  • ファッションデザイナー
  • パタンナー
  • 舞台衣装クリエイター
  • ウェディングドレス企画
  • ブランドディレクター
  • アパレル商品企画
  • 生産管理
  • 起業

など

プロデュースフィールド

ファッションに関わる幅広い知識を身につけ、さまざまな業界で活躍できる総合力を養います。

ファッションとは、多くは私たちが着る“服”のことを指しますが、例えばアニメやゲームのキャラクター、人形、ペットなどの服もまたファッションです。生活のさまざまな場面においてあらゆるものがファッションと深く繋がっている今、“服”を通して新しいファッションの在り方を提案できるちからが求められており、 “ファッション”を広域にとらえ、そこに新しい価値を見出す学びを展開し、多角的にファッションへアプローチし総合力を身につけることができるフィールドです。

Work & Activities

拡大するファッション業界へ。アパレルにとらわれない活躍の場をめざして

アクセサリーやイラスト、デジタルテクニックといったファッションデザイン周辺領域を学び、ファッションを幅広く「プロデュースする力」を身につけます。卒業後は従来のアパレル業界の職種にとらわれず、さまざまな分野での活躍が期待されます。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

領域の学びからめざす職種

  • ファッションイラストレーター
  • キャラクターデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • ファッショングッズデザイナー
  • スタイリスト
  • バイヤー
  • プレス
  • エディター
  • ファッションジャーナリスト
  • 総合職

など

アドバンストフィールド

もっと上へ!得意とする分野を究めて、留学や進学、コンテストなどに挑戦したい人へ。

BUNKAならではの最先端のファッションの学びの環境と実践的かつユニークなプログラムを用意し、個々のめざす将来や得意とする分野においてその能力の深化をめざします。ファッション業界においてもグローバルな視野を拡げることが重要視される時代。ファッションに特化した語学力やコミュニケーション能力の修得、素材や機能性に関する研究開発、また海外研修などを通して、めざすキャリアとそれを実現するための実践力、また高度な専門能力を磨き、グローバルに活躍していくフィールドです。

Work & Activities

グローバル時代に即した最先端の学びを充実した環境で

文化学園が培ってきた海外とのネットワーク、先進的な研究設備、蓄積された多数のコンテスト受賞の記録などが、個々のスキルアップと専門能力の深化を図ります。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

領域の学びからめざす職種

  • クリエイティブディレクター
  • 研究・開発
  • ファッションコンサルタント
  • 品質管理
  • 海外留学
  • 大学院進学

など

  • アパレルフィールド
  • プロデュースフィールド
  • アドバンストフィールド

“服づくり”の理論と技術を身につけ、
アパレル業界で活躍できるクリエイターをめざします。

多様化するファッションの世界において中心となるアパレルの分野で活躍するためには、確かな専門性と実力をもち、企画・設計・生産・販売までの道筋をしっかりと理解していることが重要です。服づくりを中心とした、専門的な職業をめざすために設置した科目のすべては、ファッションクリエイション学科の教育の柱でもあるアパレル業界への就職をより重視したカリキュラムです。服づくりの知識と技術を理論からしっかりと身につけることができるフィールドです。

Work & Activities

創作意欲をかきたてる充実した設備と、確かな技術を裏付ける実践的な実習

人体とパターンとの基本的な関係を理解することや、アパレル生産に必要な知識を技術の修得、オートクチュールテクニックを基礎とした製作など、アパレル業界で活躍するための実践力と応用力を充実した施設と設備を活用して身につけます。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

  • 領域の学びからめざす職種

    • ファッションデザイナー
    • パタンナー
    • 舞台衣装クリエイター
    • ウェディングドレス企画
    • ブランドディレクター
    • アパレル商品企画
    • 生産管理
    • 起業

    など

ファッションに関わる幅広い知識を身につけ、
さまざまな業界で活躍できる総合力を養います。

ファッションとは、多くは私たちが着る“服”のことを指しますが、例えばアニメやゲームのキャラクター、人形、ペットなどの服もまたファッションです。生活のさまざまな場面においてあらゆるものがファッションと深く繋がっている今、“服”を通して新しいファッションの在り方を提案できるちからが求められており、 “ファッション”を広域にとらえ、そこに新しい価値を見出す学びを展開し、多角的にファッションへアプローチし総合力を身につけることができるフィールドです。

Work & Activities

拡大するファッション業界へ。アパレルにとらわれない活躍の場をめざして

アクセサリーやイラスト、デジタルテクニックといったファッションデザイン周辺領域を学び、ファッションを幅広く「プロデュースする力」を身につけます。卒業後は従来のアパレル業界の職種にとらわれず、さまざまな分野での活躍が期待されます。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

  • 領域の学びからめざす職種

    • ファッションイラストレーター
    • キャラクターデザイナー
    • テキスタイルデザイナー
    • ファッショングッズデザイナー
    • スタイリスト
    • バイヤー
    • プレス
    • エディター
    • ファッションジャーナリスト
    • 総合職

    など

もっと上へ!
得意とする分野を究めて、留学や進学、
コンテストなどに挑戦したい人へ。

BUNKAならではの最先端のファッションの学びの環境と実践的かつユニークなプログラムを用意し、個々のめざす将来や得意とする分野においてその能力の深化をめざします。ファッション業界においてもグローバルな視野を拡げることが重要視される時代。ファッションに特化した語学力やコミュニケーション能力の修得、素材や機能性に関する研究開発、また海外研修などを通して、めざすキャリアとそれを実現するための実践力、また高度な専門能力を磨き、グローバルに活躍していくフィールドです。

Work & Activities

グローバル時代に即した最先端の学びを充実した環境で

文化学園が培ってきた海外とのネットワーク、先進的な研究設備、蓄積された多数のコンテスト受賞の記録などが、個々のスキルアップと専門能力の深化を図ります。

Work & Activities

Work & Activities

Work & Activities

  • 領域の学びからめざす職種

    • クリエイティブディレクター
    • 研究・開発
    • ファッションコンサルタント
    • 品質管理
    • 海外留学
    • 大学院進学

    など

卒業に必要な履修単位数

単位は、授業を受けて試験などに合格することで取得ができます。服装学部を卒業するには、下記の単位を取得する必要があります。詳細は、入学後に配布される「履修要項」をご参照ください。

科目種別 履修単位数
総合教養科目
外国語科目
30単位
(総合教養科目 13単位以上、外国語科目 4単位以上)
コラボレーション科目※1 2単位
キャリア形成教育科目※2 2単位
専門教育科目 78単位
自由選択科目 12単位
合計 124単位

※1「学部・学科をこえた学生同士」「専門の異なる教員同士」「本学と産業界・地域・国内外の大学」などのコラボレーションを意図して開講される科目。

※2 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につける目的で開講される科目。

資格

取得資格・免許

定められた課程および指定科目を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお、教員、学芸員として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 中学・高校一種教員免許状(家庭)
  • 学芸員
  • TA(衣料管理士)1級

受験資格

指定科目を履修することで受験資格が得られます。

  • ピアヘルパー

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的にあわせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • カラーコーディネーター検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • パターンメーキング技術検定
  • ファッション販売能力検定
  • フォーマルスペシャリスト検定準2級
  • TES (繊維製品品質管理士)
  • TOEIC®/TOEFL®
  • 実用英語技能検定
  • 日商PC検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後にめざす主な職業
ファッションデザイナー / パタンナー / 舞台衣装クリエイター / ウェディングドレス企画 / ファッションイラストレーター / テキスタイルデザイナー / アパレル商品企画 / 生産管理 / 品質管理 / 総合職 / 家庭科教員 / 学芸員 etc.

卒業生の声

インタビュー

[2015年度 卒業生]

コスチューム

四季株式会社(劇団四季)

仕事をするうえで心がけていること

役者さんの気持ちになってサポートすることです。BUNKAで服づくりとショーのモデル、両方を経験したからこそ裏方として細かな配慮ができていると思います。

インタビュー

[2015年度 卒業生]

コスチューム

四季株式会社(劇団四季)

続きを読む

  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP