ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

ファッション社会学科

ファッションを考える「ヒト」へ。社会や人との関わりを通してファッション領域を幅広く学ぶ。

ファッションを中核に、7つの領域を横断的に学ぶ

ファッション社会学科では、ファッションを中核にして7つの領域を横断的に広く学ぶことで、それらを取り巻く環境を知り、多様化する社会の需要に応えられる人材を育てます。“社会科学”という大きな学問体系の中、ファッションの視点から物事を見ることで、新しい可能性を提案できるようになります。

ファッションを中核に、7つの領域を横断的に学ぶ

ファッションを中核に、7つの領域を横断的に学ぶ

学びの流れ

自分の興味・関心を知るために、すべてを幅広く学ぶ。

1年次

「社会の中で服装が果たしている役割とは何か」。ファッションを学問的にとらえ、ファッションビジネスの基礎知識や服飾の歴史などを幅広く学びます。また、将来のビジョンと可能性を探るための基礎ゼミナールで、2年間かけて少人数体制でファッションの基礎力をつけていきます。

1年次

豊富な選択科目から将来のヒントを見つける。

2年次

1年次に身につけた知識をベースに、「消費者行動論」や「広告論」「アパレル商品企画論」「服装心理学」など、より具体的な内容を学びます。また、基礎ゼミナールではアクティブラーニング型の授業を通して、「思考力」「観察力」「分析力」などを身につけ、3年次からの専門ゼミナールに生かします。

2年次

各領域を専門とする教員とともに、自分の興味をさらに深掘りしていく。

3年次

全員が専門ゼミナールを選択。自分の研究領域を確立し、それを専門とする教員と共に自分の興味をさらに深堀りしていき、「専門的知識」「論理的思考力」「知的想像力」を身につけ、学外との取り組みや各ゼミにおける活動を通して知的想像力と課題解決力を養います。

3年次

4年間かけて磨いた「考えるちから」をかたちに。

4年次

卒業研究への取り組みがメインの1年。この学科の学びは、歴史や流行、グローバルビジネスなど幅広くファッションとの関わりを探究するので、卒論テーマも多様な領域分野で設定されていることが特徴。4年間かけて磨いた「考えるちから」を目に見えるかたちにします。

4年次

在学生の声

インタビュー

インタビュー時
4年生

ファッション社会学科入学の決め手

高校時代、アパレル企画の仕事に興味があったことがきっかけです。ファッション社会学科の学びの中には、ファッションビジネスを研究できるゼミがあると知り、この学科に入学を決めました。

インタビュー

インタビュー時
4年生

もっと読む

ファッション社会学科の特色

基礎ゼミナール
基礎ゼミナール

ファッション社会学科の特色のひとつである「ゼミナール」。
1・2年次は、主体的に学ぶ意欲や態度、能力を培うことをめざした少人数制の基礎ゼミナールで、大学生活に必要な「思考力」「観察力」「分析力」などの基礎力を養います。
研究や課題に必要となるリソースを自ら調達し自在に使用できることをめざし、また文章作成力や資料読解力の向上のため、フィールドワークなどアクティブラーニング型の授業を中心に行い各自でラーニングポートフォリオを作成、教員によるフィードバックを実施しています。身につけたこれらの力を3年次からの専門ゼミナールに生かします。

専門ゼミナール
専門ゼミナール

7つの領域から興味を深掘りし、自分だけのテーマを見つける

社会学、心理学、ビジネス、マネジメント、歴史など、多様な研究テーマをもつ教員が集まっているのがファッション社会学科の特徴。3年次からのゼミナールでは、それぞれの領域を専門とする教員とともに、自分の興味をさらに深掘りしていきます。

人間・社会

【人間・社会】

ファッションとはどんな意味をもつのだろうか?
人間の心理や社会との関連性から、多様なファッション現象について考察します。

ファッション分野での最新技術の応用について学ぶ

グローバル

【グローバル】

ルールや価値観が、国や地域を超えて広がることを意味する「グローバル化」。
複数の学問領域を学ぶことで、グローバル化に対応する力を養います。

新しいファッションの流れをとらえて企画を提案
商品・ビジネス

【商品・ビジネス】

ファッション業界における各業種と仕組みを理解。
商品の特性を踏まえた企画と、業界の課題について考えます。

グローバル化に対応できる「考えるちから」を伸ばす
文化・歴史

【文化・歴史】

ファッションの歴史や文化を分析。博物館や図書館の貴重資料を活用し、「これからのファッション」の発信を試みます。

実物資料に触れて、発見するファッションの‘今’と‘昔’
海外・国内長期インターンシップ
海外・国内長期インターンシップ

海外・国内長期インターンシップ
(グローバルファッションマネジメント/3年次)
グローバルファッションマネジメント実習(企業研修)/3年次

世界規模のビジネス展開が当たり前となった現在のファッション業界において、グローバル化へ対応できる能力は必須です。ファッション社会学科では、国内外で活躍できる「グローバル創造力」をそなえた人材を育成するための科目を設け、それに対応しています。その特徴的な科目のひとつが、3年次後期に国内もしくは海外のファッション関連企業でインターンシップを行う「グローバルファッションマネジメント実習※」です。集中的な学外体験を通して学生にグローバル意識を持たせ、コミュニケーション力と異文化理解力を身につけます。

※本科目は、文部科学省「平成27年度大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択された授業の一部です。

海外・国内長期インターンシップに参加して

海外・国内長期インターンシップに参加して

インタビュー時4年生オーストラリア ホバートカレッジ 出身

インタビューを読む

  • 基礎ゼミナール
  • 専門ゼミナール
  • 海外・国内
    長期インターンシップ
思考力・観察力・分析力などの基礎力を身につけるゼミ

思考力・観察力・分析力などの基礎力を身につけるゼミ

ファッション社会学科の特色のひとつである「ゼミナール」。
1・2年次は、主体的に学ぶ意欲や態度、能力を培うことをめざした少人数制の基礎ゼミナールで、大学生活に必要な「思考力」「観察力」「分析力」などの基礎力を養います。
研究や課題に必要となるリソースを自ら調達し自在に使用できることをめざし、また文章作成力や資料読解力の向上のため、フィールドワークなどアクティブラーニング型の授業を中心に行い各自でラーニングポートフォリオを作成、教員によるフィードバックを実施しています。身につけたこれらの力を3年次からの専門ゼミナールに生かします。

専門ゼミナール

7つの領域から興味を深掘りし、自分だけのテーマを見つけるゼミ

7つの領域から興味を深掘りし、自分だけのテーマを見つける

社会学、心理学、ビジネス、マネジメント、歴史など、多様な研究テーマをもつ教員が集まっているのがファッション社会学科の特徴。3年次からのゼミナールでは、それぞれの領域を専門とする教員とともに、自分の興味をさらに深掘りしていきます。

  • 人間・社会
  • 【人間・社会】

    ファッションとはどんな意味をもつのだろうか?
    人間の心理や社会との関連性から、多様なファッション現象について考察します。

  • 人とファッションに関わる心理学的現象について科学的なアプローチを行う
  • グローバル
  • 【グローバル】

    ルールや価値観が、国や地域を超えて広がることを意味する「グローバル化」。
    複数の学問領域を学ぶことで、グローバル化に対応する力を養います。

  • ファッション業界の各業種と仕組みを理解し、商品の特性を踏まえた企画を提案
  • 商品・ビジネス
  • 【商品・ビジネス】

    ファッション業界における各業種と仕組みを理解。
    商品の特性を踏まえた企画と、業界の課題について考えます。

  • 学術的な文章を読み議論を重ねることで「考える力」を伸ばす
  • 文化・歴史
  • 【文化・歴史】

    ファッションの歴史や文化を分析。博物館や図書館の貴重資料を活用し、「これからのファッション」の発信を試みます。

  • ファッションの歴史や文化を分析し、「これからのファッション」の発信を試み
海外・国内長期インターンシップ

海外・国内長期インターンシップ(グローバルファッションマネジメント/3年次)
グローバルファッションマネジメント実習(企業研修)/3年次

世界規模のビジネス展開が当たり前となった現在のファッション業界において、グローバル化へ対応できる能力は必須です。ファッション社会学科では、国内外で活躍できる「グローバル創造力」をそなえた人材を育成するための科目を設け、それに対応しています。その特徴的な科目のひとつが、3年次後期に国内もしくは海外のファッション関連企業でインターンシップを行う「グローバルファッションマネジメント実習※」です。集中的な学外体験を通して学生にグローバル意識を持たせ、コミュニケーション力と異文化理解力を身につけます。

※本科目は、文部科学省「平成27年度大学教育再生加速プログラム(AP)」に採択された授業の一部です。

海外・国内長期インターンシップに参加して

海外・国内長期インターンシップに参加して

インタビュー時4年生オーストラリア ホバートカレッジ 出身

インタビューを読む

卒業に必要な履修単位数

単位は、授業を受けて試験などに合格することで取得ができます。服装学部を卒業するには、下記の単位を取得する必要があります。詳細は、入学後に配布される「履修要項」をご参照ください。

科目種別 履修単位数
総合教養科目
外国語科目
30単位
(総合教養科目 12単位以上、外国語科目 4単位以上)
コラボレーション科目※1 2単位
キャリア形成教育科目※2 2単位
専門教育科目 78単位
自由選択科目 12単位
合計 124単位

※1「学部・学科をこえた学生同士」「専門の異なる教員同士」「本学と産業界・地域・国内外の大学」などのコラボレーションを意図して開講される科目。

※2 自分の将来について考え、大学生活のみならず卒業後も含めた豊かな人生をデザインできるような視野を身につける目的で開講される科目。

資格

取得資格・免許

定められた課程および指定科目を履修することで、大学卒業時に取得できる資格です。
なお、教員、学芸員として勤務するためには採用試験に合格する必要があります。

  • 中学・高校一種教員免許状(家庭)
  • 学芸員
  • 社会調査士

受験資格

指定科目を履修することで受験資格が得られます。

  • ピアヘルパー

目標資格

取得資格とは違い、誰でも(学生・社会人など)がチャレンジできる資格です。
自分の目的にあわせて学びを深めることで合格の道が開けます。

  • カラーコーディネーター検定
  • ファッションビジネス能力検定
  • ファッション販売能力検定
  • TOEIC®/TOEFL®
  • 実用英語技能検定
  • 秘書技能検定
  • 日商PC検定

就職・キャリアサポート

卒業後の進路

卒業後にめざす主な職業
ファッションコーディネーター/マーチャンダイザー/バイヤー/プレス/ファッションアドバイザー/ショップディレクター/ショップ経営/ウエディングプランナー/Webデザイナー/イベント企画者/編集者/総合職/一般職/家庭科教員/学芸員

卒業生の声

インタビュー

[2008年度卒業生]

総合職(デジタル推進部)

株式会社パルコ

在学当時、力を入れて学んだこと

「人はどのような気持ちでファッションを選ぶのか?」「どのように流行が広がっていくのか?」を研究し、アンケート調査や分析に力を入れていました。人を観察して流行や傾向をつかむ視点は、いまの仕事でも生きていると感じます。

インタビュー

[2008年度卒業生]

総合職(デジタル推進部)

株式会社パルコ

もっと読む