ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

コンテスト

第93回 装苑賞を卒業生が受賞

update 2019.06.20

93装苑賞
 
6月11日(火)に文化学園遠藤記念館大ホールで行われた第93回装苑賞公開審査会にて、服装学部服装造形学科(現:ファッションクリエイション学科)2018年度卒業生の 孫 静(ソン・セイ)さんが、グランプリにあたる装苑賞を受賞しました。
 
受賞作品:テーマ『上下絵』
 
◎孫 静(ソン・セイ)
中国・吉林省出身。
2019年文化学園大学服装造形学科(現:ファッションクリエイション学科)卒業後、アパレルメーカーで企画デザイナーとして活動中。日本の伝統的な「上下絵」から影響を受け、上下、前後どの向きからでも着られる無縫製の服を制作。一つ一つ、幾何学的なパーツを計算しながらそれぞれに切り込みを入れ、パーツを組み立てることで天狗の顔のワンピースをデザイン。同じ手法でバッグや帽子、シューズも制作し、講評ではコンテストにおけるコーディネートの重要さを評価されるなど、満場一致の高評価で装苑賞受賞となりました。
 
YJ

 
装苑賞サイトotherwindow
 
「装苑賞」は、文化出版局が主催する公募のファッションコンテスト。
デザイン画の選考であるポートフォリオ審査から作品製作を経て選出された候補者は、さらに実物作品3体を製作し公開審査会に臨みます。1956年の創設以来、新人デザイナーの登竜門のコンテストとして、数々の著名デザイナーを輩出しています。

審査員はファッションデザイナーのコシノジュンコ(JUNKO KOSHINO)、津森千里(TSUMORI CHISATO)、皆川明(minä perhonen)、岩谷俊和(DRESSCAMP)、廣川玉枝(SOMARTA)、髙島一精(Né-Net)、三原康裕(MIHARAYASUHIRO)、そして93回から新たに審査員に加わった森永邦彦(ANREALAGE)の計8名。
一次審査のポートフォリオ審査で32組の候補者を選出。その後、対談形式の2次審査を経て半数に絞られた16組が、ランウェイにて各3体のミニコレクションを発表しました。

line02

ファッションクリエイション学科otherwindow


  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP