ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

ニュース

【造形学部】横⼭稔教授の研究チームがスポーツ専用フェイスシールドを開発・製品化

update 2020.09.09

 
建築・インテリア学科所属の横⼭稔教授を中⼼とした五感のデザイン研究チーム「Five sences of design lab.*」が、ファッション×スポーツ×⽇本⽂化×建築インテリアの領域を横断した画期的なスポーツ専用フェイスシールドを開発し、製品化されました。
 

≪研究チームよりコメント≫
 
開発当初は製品として販売する目的ではなく、DIYで世界中どこでも作ることができるようなデザインを意図していましたが、テスト公開などを通じて製品化の要望が多く寄せられました。これを受け、現在は特許を出願し社会貢献に繋いでいくことを目的に、今後社会実装していく予定です。

このスポーツ専用フェイスシールドは、既に持っているお気に入りのキャップやバイザーを使用することでシールドとして機能する構造にしました。最大の特徴は、日本刀に鍔を差すようなイメージで、シールドの切り込みに帽子の鐔を差し込むと、二次元のシールドが三次元に変化するところ。これにより平面から帽子の鐔のカーブに合わせた曲線的エアロフォルムが出来上がり、あたかもマジックの様に変化し固定されます。この構造は横山稔が長年研究している木造建築・インテリア継手の手法が下敷きとなっています。
 

 
日本において、お多福のような顔立ちは、「伝統的に福を呼ぶ好ましい顔立ち」とされていて、魔除けの意味もあります。このお多福型をインスピレーションにシールドの輪郭線をつくることで、withコロナやAfterコロナの時代でも微笑みを絶やさず、心理的にも安心してウォーキングやジョギングを楽しめるようデザインしました。外で歩いたり走る時でも相手の気持ちを思いやるエチケットとして、日本ならではの「OMOIYARI」精神をフィロソフィーとしています。
今回開発したスポーツシールドが、ニューノーマル(新常識)での生活の中、少しでもスポーツを楽しめ、ストレスを軽減できる一助になればと願っています。

 
Five sences of design lab.*
*建築・インテリア学科の講義の一環としても行っている「五感のデザイン」のほか、「デザインネットワーク」、「デザイン思考」のメソッドを研究するチーム。
◎研究メンバー:横山 稔 教授 / 横山 陽子 特別外部講師 / 岡井 美奈 非常勤講師

HP. Five Senses of Design Lab         @5sod_lab

 
このスポーツ専用フェイスシールドは、9月27日(日)~10月10日(土)の期間に開催される『第32回 袋井クラウンメロンマラソン』にて、「袋井スペシャル・スポーツフェイスシールド」として参加者全員に贈呈されます。


  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP