ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

在学生を紹介

ファッション社会学科  3年服装学部  

ファッション社会学科  3年

長野県/県立松本蟻ヶ崎高等学校 出身

BUNKAに入学してよかったことは?

学生のファッションに感動しました。おしゃれな人や、服が好きな人がとても多いです。友達と一緒に買い物に行くと、今まで知らなかったショップを知ることができ、そのショップのスタッフさんと仲良くなることもあります。友達を通じてたくさんの人と繋がることができ、よい刺激をもらえます。

この学科で学んでどんな変化を感じましたか?

これまでの3年間で、流通や素材、マーケティング、VMDなど、売る側の知識を幅広く学んできました。そして、それらを深く知れば知るほど、いかに買う側の視点でしかファッションを見ていなかったかがわかりました。経済学や社会学など少し難しい視点からファッションを学ぶことで、新たな発見もあります。

印象的な授業は?

オリジナルアパレルブランドの企画マップ制作の授業です。ブランド名からターゲット、サイズ展開、シーズンのテーマまで、一から自分のブランドを企画していきました。本格的な授業を経験できたことで、ファッションをより仕事として意識するようになり、自分の将来を具体的に考えられるようになりました。

(2017年3月の取材より)

  • Twitter
  • LINE
  • Youtube