ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

在学生・卒業生を紹介

卒業生を紹介

衣装デザイナー

衣装デザイナー

2013年3月 国際ファッション文化学科 卒業生

どんなお仕事ですか?

フリーの衣装デザイナーとして、アーティストのライブ衣装や雑誌企画の衣装とアートディレクションなど、デザイナーの枠を飛び越えて幅広く活動しています。デザインするにあたってテーマや制限はありますが、それが自身の中からではなく他者からの要望として存在するという意味で、新たな視点や気づきと出会うことも多いです。

デザイナーを目指したきっかけは?

大学3年生の時に、1年間ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に留学したのを機に、将来は表現者としてフリーでやっていこうと心に決めました。ただ、そのためには自分という人間を理解してもらうための作品がもっと必要だと感じ、卒業後はBFGU(文化ファッション大学院大学)に進学。作品づくりに取り組みながら、フリーの活動を始めました。

今後の目標は何ですか?

肩書きにしている「衣装デザイナー」という言葉は、初めて会った人に分かりやすく伝えるための言葉です。衣装を発表する際にはメークも照明も必要です。そこに音楽がつくかもしれないし、空間美術が発生するかもしれません。衣装ひとつから始まる大きな可能性の中で、自分の作品性を追究していきたいです。

 

(取材:2017年3月)

国際ファッション文化学科 卒業生 関係リンク

国際ファッション文化学科
卒業後の進路
  • Twitter
  • LINE
  • Youtube