ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

中島 敬子

  • NAKAJIMA, Keiko

    職位:助教 (Assistant Professor)

    • 総合教養

プロフィール

2001年 日本女子大学 家政学部食物学科食物学専攻 卒業
2003年 日本女子大学大学院 家政学研究科食物・栄養学専攻 修了
2015年 博士(学術)日本女子大学にて論文により学位取得

学位
博士(学術)

 

業績(主要著作・論文・作品など)

論文:
  • “Characterisation of Maillard reaction products derived from LEKFD – A pentapeptide found in b-lactoglobulin sequence, glycated with glucose – by tandem mass spectrometry, molecular orbital calculations and gel filtration chromatography coupled with continuous photodiode array”
    Food Chemistry  145 892-902   2014年
  • 「ベトナムの2型糖尿病患者を対象としたCleistocalyx Operculatusの花芽抽出液の効能」
    日本家政学会誌   64(1) 3-9   2013年
  • “Determination of furosine and fluorescence as markers of the Maillard reaction for the evaluation of meat products during the actual. cooking condition”
    Food Science and Technology Research   18(1) 67-76   2012年
  • “Antioxidant/anti-inflammatory activities and total phenolic content of extracts obtained from plants grown in Vietnam”
    Journal of the Science of Food and Agriculture   56(2) 123-131   2010年
  • “Association of Lifestyle Factors, Polymorphisms in Adiponectin, Perilipin and Hormone Sensitive Lipase, and Clinical Markers in Japanese Males”
    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   56(2) 123-131   2010年
  • “Protective and Anticataract Effects of the Aqueous Extract of Cleistocalyx operculatus Flower Buds on β-Cells of Streptozotocin-Diabetic Rats”
    Journal of Agricultural and Food Chemistry   58 4162-4168   2010年
  • “Effects of Salt Concentration on the Reaction Rate of Glc with Amino Acids, Peptides, and Proteins.”
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   73(11) 2379-2383   2009年
  • 「ペプチドのメイラード反応.」
    食品加工技術   25(2) 59-65   2005年
学会
発表:
  • Determination of furosine and fluorescence in cooked meat.
    11th International Symposium on the Maillard Reaction   2012
  • 合成ペプチド(LEKFD、LEKFDKALKA)のD-グルコースによる糖化反応の解析.
    第65回日本栄養・食糧学会大会  2011
  • 合成ペプチドLEKFDのD-グルコースによる糖化反応の解析.
    日本農芸化学会2011年度大会  2011
  • D-グルコース修飾合成ペプチドの修飾パターンの解析.
    日本家政学会第62回大会  2010
  • ベトナム食材Cleistocalyx operculatus花の芽によるMIA paca2の分化誘導作用について.
    日本農芸化学会2010年度大会  2010
  • 食品の加熱調理に伴い生成する 「AGEs」の測定について.
    第63回日本栄養・食糧学会大会  2009
  • ベトナム食材Cleistocalyx operculatus花の芽による抗糖尿病作用について.
  • 日本農芸化学会2009年度大会  2009
  • 生体内で消化・吸収された食品系AGEsの定量法の検討.
    日本農芸化学会2008年度大会  2008
  • On the digestion and absorption of glucose- modified proteins.
    9th International Symposium on the Maillard Reaction   2007
競争的
資金の
導入:
  • 「食用植物由来新規エラジタンニンZeylaniin Aの生活習慣病改善機能」
    科学研究費補助金 基盤研究(B)(研究分担者)   2013-2016
  • 「メイラード反応による安全性確保のためのデータベース作製」
    科学研究費補助金 基盤研究(A)(研究分担者)   2012-2014
  • 「食品中メイラード反応生成物の生成機構および生体内における消化・吸収性に関する解明」
    科学研究費補助金 若手研究(B)(単独)   2011-2012
  • 「食肉製品の調理中に起こるメイラード反応の消長と安全性」
    公益財団法人伊藤記念財団 平成23年度研究助成(研究分担者)   2011
  • 「食用植物水翁やTRAM等の抗糖尿病機構の解明と活性成分の分離精製」
    科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究(研究分担者)   2009-2010
  • 「加工・調理過程により生成された食品中メイラード反応生成物の定量及び生理作用」
    科学研究費補助金 若手研究(B)(単独)   2007-2008
  • 「異なる食塩濃度におけるアミノ酸・ペプチド・タンパク質と糖との反応の進行および生成物の生成について」
    公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 2006年度研究助成(研究分担者) 2006

研究内容

加工・調理過程により生成された食品中メイラード反応生成物の構造解析および反応機構の解明

 

所属学会

日本栄養・食糧学会/日本農芸化学会/日本分子生物学会/日本メイラード学会/日本栄養改善学会/日本家政学会/日本調理科学会

  • 大学へのお問い合わせ 03-3299-2311
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP