ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

教員紹介

種田 元晴

  • TANEDA, Motoharu

    職位:准教授 (Associate Professor)

    • 造形学部 建築・インテリア学科 Faculty of Art and Design / Department of Architecture and Interior
    • 大学院 生活環境学研究科(修士課程) Graduate School of Fashion and Living Environment Studies (Master's Program)
taneda@bunka.ac.jp
  • website

プロフィール

法政大学工学部建築学科卒業(2005)。種田建築研究所入所(2010)。法政大学大学院工学研究科博士後期課程修了(2012)。博士(工学)。一級建築士。東洋大学ライフデザイン学部人間環境デザイン学科助手、法政大学・東洋大学・桜美林大学・日本大学・日本工学院八王子専門学校等の非常勤講師を経て、2019年より本学専任教員。専門分野は建築史・意匠、図形科学。日本建築学会情報システム技術委員会設計・生産の情報化小委員会「建築情報学技術研究WG」主査、建築討論委員会「戦後建築史小委員会」主査。日本図学会理事・編集副委員長。

 

学位

博士(工学)

業績 (主要著作・論文・作品など)

〈著書〉
  • 『立原道造の夢みた建築』(単著)鹿島出版会, 2016
  • 『建築のカタチ―3Dモデリングで学ぶ建築の構成と図面表現』(共著)丸善, 2020
  • 『世界建築史15講』(分担執筆)彰国社, 2019
  • 『「建築」という生き方』(編・共著)南風舎, 2018
  • 『大江宏・考』(編集協力)法政大学デザイン工学部建築学科, 2013
  • 『グローバル時代における建築情報連携技術―建築生産情報統合ガイドブック<4>』(分担執筆)日本建築学会, 2008
  • 『Future Visionの系譜―水の都市の未来像』(編集協力)鹿島出版会, 2006
〈論文(審査付/第一著者のもの)
  • 立原道造を端緒とする建築家の住宅図面に表現された田園的建築観に関する研究, 法政大学博士学位請求論文, 2012.3
  • 文化服装学院円型校舎の形態構成と空間構造に関する研究,種田元晴, 文化学園大学・文化学園大学短期大学部紀要第51集, pp.31-40, 2020.1
  • 立原道造「無題[浅間山麓の小学校]鳥瞰図」の構図について ―立原道造の田園的建築観に関する研究, 種田元晴, 日本建築学会計画系論文集715号, pp.2141-2147, 2015.9
  • 建築家・立原道造の描く外観透視図に表現された田園的建築観, 種田元晴・安藤直見, 日本建築学会計画系論文集670号, pp.2281-2289, 2011.12
  • 日本の住宅平面図における介在外部空間 ―建築図面情報の抽出による空間解析手法, 種田元晴・安藤直見, 図学研究134号, pp.21-30, 2011.12
  • THE PLANE FORMS OF JAPANESE DEPARTMENT STORES – A STUDY ON THE VARIETY OF FORMS OF BUILDINGS, Motoharu TANEDA, Mitsusato UCHIDA, Naomi ANDO, Proceedings of The 14th International Conference on Geometry and Graphics,  2010.8
〈学会発表(審査無/第一著者のもの)
  • 坂本鹿名夫の円形建築の形態構成に関する研究, 種田元晴, 2019年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp.84-89, 2019.11
  • 立原道造の建築透視図にみる葛飾北斎「冨嶽三十六景」からの影響, 種田元晴, 2019年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠, pp.531-532, 2019.9
  • 立原道造の浅間山と丹下健三の富士山 ―葛飾北斎からの影響をめぐって, 種田元晴, 2019年度日本図学会春季大会学術講演論文集, pp.39-44, 2019.5
  • 立原道造「或る果実店」設計案の図面表現について, 種田元晴, 2018年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp.1-6, 2018.12
  • 大江宏「大串邸」にみる立原道造「ヒアシンスハウス」の影響 ―大江宏の住宅作品に関する研究, 種田元晴・石井翔大, 2018年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠, pp.213-214, 2018.9
  • 建築家・大江宏による「ウォーナー博士像覆堂」の形態構成について, 種田元晴・石井翔大, 2017年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp.43-48, 2017.12
  • 大江宏「追分の山荘」にみる立原道造「浅間山麓に位する芸術家コロニイの建築群」の影響, 種田元晴, 2017年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠,  pp.761-762, 2017.8
  • 立原道造の建築における軸測図の計測性と物語性, 種田元晴, 2016年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠,  pp.287-288, 2016.8
  • 立原道造の建築図にみられる本歌取りのあと, 種田元晴, 2015年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp.43-48, 2015.11
  • 立原道造「SOMMER HAUS」スケッチにおけるフォーゲラー「春」の影響, 種田元晴, 2015年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠, pp.353-354, 2015.9
  • 立原道造の住宅平面図に暗示された外在的田園性, 2014年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 種田元晴, 建築歴史・意匠, pp.569-570, 2014.9
  • 建築設計競技入選案のプレゼンテーション構成に関する研究, 種田元晴, 2014年度日本図学会春季大会学術講演論文集, pp.7-12, 2014.5
  • 立原道造の「住宅・エツセイ」にみる建築観の出自, 種田元晴, 2013年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠, 建築論:原論, pp.543-544, 2013.8
  • 固有景観に着目した映画の都市発信効果, 種田元晴, 2013年度日本図学会春季大会学術講演論文集, pp.119-124, 2013.5
  • 建築家による外観透視図の添景に込められた観念, 種田元晴, 2012 年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp.69-74, 2012.12
  • 立原道造の透視図「無題[浅間山麓の小学校]」における構図の仮想性と田園性, 種田元晴, 2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集, 建築歴史・意匠, 日本近代:作家論(4),  pp.153-154, 2012.9
  • 映画に描かれた住空間のイメージ記述に関する研究, 種田元晴・安藤直見, 2012 年度日本図学会春季大会学術講演論文集, pp.69-74, 2012.5
  • 戦前の外観透視図における建築と自然の関係 ―建築家の透視図表現に関する研究, 種田元晴・安藤直見, 2011年度日本建築学会大会学術講演梗概集 F-2分冊, pp.57-58, 2011.8
  • 昭和初期の「新建築」誌に掲載された建築家による透視図表現について, 種田元晴・徳永祥樹・安藤直見, 2010年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp. 45-50, 2010.11
  • 建築の外部環境へ向けられた意識 ―住宅平面に見る内部空間と外部空間の接続関係, 種田元晴・安藤直見, 2010年度日本建築学会大会学術講演梗概集 F-2分冊, pp.417-418, 2010.9
  • 日本の住宅作品における様態の変遷に関する考察 ―建築の図面情報に関する研究, 種田元晴・安藤直見, 2009年度日本図学会秋季大会学術講演論文集, pp. 27-32, 2009.11
  • 空港ターミナルの平面形態の多様性とその特性に関する考察, 種田元晴・安藤直見, 2009年度日本図学会春季大会学術講演論文集, pp. 173-178, 2009.5
  • 建築家立原道造の描く透視図に表現された田園的建築観, 種田元晴・安藤直見, 2008年度日本建築学会大会学術講演梗概集 F-2分冊, pp. 305-306, 2008.9
  • 世界遺産アーカイブとしての映画の可能性 ―建築・都市空間の記述メディアとしての映画に関する研究, 種田元晴・辻朋子・安藤直見, 法政大学工学部研究集報第44号, pp. 7-10, 2008.5
  • 映画に投影された都市景観に関する研究 ―映画における固有景観と汎用景観, 種田元晴・安藤直見, 2005年度日本建築学会大会学術講演梗概集 F-1分冊, pp. 317-318, 2005.9
〈作品〉
  • 「個室は大吟醸の夢をみる」(集合住宅計画案,「ハモニカ横丁にあつまる建築家」展出品), 2018
  • 「招運香」パッケージデザイン, 2016
  • 「三鷹のエントランス」(集合住宅エントランス改修), 2014
  • 「くらしのキャンバス」(住戸リノベーション), 2014
  • 「おくのいえ―置くための/屋外的な/奥まった家」(住宅設計競技応募案), 2013
  • 「建築的モノクロミーの実践」(住宅内装改修), 2011
  • 「F次亜水」パッケージデザイン, 2009
  • 「新しい風景の創造」展 展示空間デザイン(イタリア文化会館), 2007
  • 似顔絵作品(「法匠展」に毎年出品), 2006~
〈受賞〉
  • 日本図学会優秀研究発表賞(対象論文「坂本鹿名夫の円形建築の形態構成に関する研究」), 2020
  • 日本図学会優秀研究発表賞(対象論文「建築家・大江宏による「ウォーナー博士像覆堂」の形態構成について」), 2018
  • 日本建築学会奨励賞(対象論文「立原道造「無題[浅間山麓の小学校]鳥瞰図」の構図について―立原道造の田園的建築観に関する研究」), 2017
  • 日本図学会研究奨励賞(対象論文「日本の住宅作品における様態の変遷に関する考察 ―建築の図面情報に関する研究」), 2010
  • 日本図学会優秀研究発表賞(対象論文「タイムテーブル法を用いた映像空間サーベイ」), 2010
〈雑誌記事〉
  • 日光とハムレット|松山巖と贅沢な読書会[15], 松山巖・石井翔大・種田元晴, 建築ジャーナル1302号, pp.34-37(企業組合建築ジャーナル), 2020.4
  • 吉田五十八に見る戦後の日本建築と今里隆の実践|今里隆氏インタビュー[1928-], 砂川晴彦・種田元晴・佐藤美弥, 建築討論ウェブサイト(日本建築学会), 2020.3
  • 「混在併存」の原型としての「中宮寺厨子」, 「日本建築の自画像-探求者たちの もの語り」展図録,p.183(香川県立ミュージアム), 2019.12
  • 立原道造が愛した浅間山麓で「田園的建築観」を想う|特集 建築のまちを旅する08 信濃追分・軽井沢, 種田元晴(ナビゲーター), LIXIL eye vol.20, pp.6-9(LIXIL), 2019.10
  • 1973「プーライエ」鯨井勇自邸―こぼしさまの住む小山|居住の夢・戦後住宅 クロニクル 年代記[21], 種田元晴, 建築ジャーナル1295号, pp.38-43(企業組合建築ジャーナル), 2019.10
  • まちをおおらかに酔わせる『ハモニカ横丁』の魔力|特集 ぼくらの再開発, 種田元晴, 建築ジャーナル1294号, pp.20-21(企業組合建築ジャーナル), 2019.9
  • 立原道造「或る果実店」案と追分のコロニイ, 種田元晴, 追分流Vol.3, pp.13-15(信濃追分文化磁場油や), 2019.8
  • 建築CAD黎明期の野心と苦心を聞く|連載 学会発 第16回, 種田元晴, 建築雑誌1724号, p.44(日本建築学会), 2019.5
  • 立原道造がみた夢の続き ―追分の芸術家コロニイ, 種田元晴, 追分流Vol.2, pp.4-7(信濃追分文化磁場油や), 2018.7
  • 「真相」の戦後日本建築|佐々木宏氏インタビュー[1931-], 種田元晴・市川紘司・青井哲人・橋本純・辻泰岳・佐藤美弥・小川格, 建築討論ウェブサイト(日本建築学会),  2018.5
  • 80年前の透視図が導くこれからの建築|アーキテクトトーク, 種田元晴, JARA広報誌PERSPECTIVE2017, pp.39-40(日本アーキテクチュラル・レンダラーズ協会), 2017.9
  • 建築の憂鬱或いは病める装美|特集 建築の明日をひらく最若手の言論, 種田元晴, 建築設計3号, pp.20-21(日本建築設計学会), 2016.4
  • 『建築について』小能林宏城|連載 海図の切れ端―現代建築批評再考④, 種田元晴, 建築雑誌1663号,p.42(日本建築学会), 2014.10

修士課程

○指導可能な分野

・昭和期日本の建築家の空間表現と設計思想に関する研究
・建築デザインにおけるコンピュータ利用の変遷に関する研究
・映画に投影された建築・都市空間に関する研究

研究テーマ

昭和の時代の建築(=私たちが暮らしている生活環境の土台)をつくりあげた人びとの想いにせまり、これを語り継ぐ活動に取り組んでいます。とくに戦前の詩人・建築家の立原道造の描いた建築図に注目しています。

研究内容

私たちの生活環境(とくに東京)は、空襲ですべてを失った先人たちの都市を再興しようと傾けた情熱のおかげで、不自由のない規模にまで満たされました。もはや飽和状態といっていいでしょう。しかし、これからの社会に求められる建築は、巨大な施設をどんどんつくって都市化を加速させることだけではないと考えています。

ところで、立原道造の描いた建築スケッチには、自然が多く描かれています。建築の図なのに、ほとんど風景画といっていいものもあります。そこには、「もともとそこにあったものを大事にする姿勢」や、「ありのままの自然を愛でる感性」がみてとれます。まさに、「サステイナブル」(持続可能性)がうたわれ、「リノベーション」(既存改修)が盛んな今日の建築のあり方を予言していたかのような、そんなスケッチなのです。

先人の知恵に学びつつ、これからの建築のあるべき姿を模索していきたいと思っております。

所属学会

日本建築学会、日本図学会、建築史学会、日本建築設計学会、四季派学会

ギャラリー

  • 「くらしのキャンバス」(住戸リノベーション)(2014)

  • 「招運香」パッケージデザイン(2016)

  • 単著『立原道造の夢みた建築』(2016)

  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP