ファッション・デザイン・教養を実践的に学ぶ大学

ニュース

【学生の皆さんへ】オンライン授業の実施に伴うFAQ(5/29更新)

update 2020.04.29

5/29(金)更新

 
学生の皆さんへ
はじめに

文化学園大学・短期大学部(以下「本学」)では、皆さんが安心して教育を受けられるようにするため、また新型コロナウィルス感染症の拡大を防止するため、オンライン授業を実施することにしました。新入生の皆さん、在学生の皆さんの多くにとって、オンライン授業を受講することについて不安や心配があることと思います。

しかし、どのような状況にあっても、皆さんが安心して学習できる環境を用意し、よりよい教育を提供していくことが本学の使命であることには変わりありません。現在本学の教職員は、皆さんが安心してオンライン教育を受講できるよう、そして最終的には、皆さん自身が積極的に参加できるような授業を設計・提供できるよう、一丸となって準備を整えているところです。

ここでは、本学が実施するオンライン授業に関して、皆さんから質問が出てくるだろうと思われることについて、現在の時点で答えられることを記しています。オンラインでの授業を不安なく受けられるようにするため、よく読んでください。

なお、今後オンライン授業が進んでいくことに伴い、学生の皆さんの状況、また教職員の準備状況に合わせて、質問に対する答えが変わったり、新たな項目を追加したりすることがあります。なるべく頻繁にこの資料を参照するように心がけてください。
 
 
Ⅰ. オンライン授業の開始に関するFAQ (2020年5月29日現在)

Q1.オンライン授業とは何ですか?
授業の一部または全部の時間について、教員と学生が直接対面せずに、インターネット等で遠隔(オンライン)の授業(教授学習)を行うことです。
pdfアイコン_ss参考:学生のためのオンライン授業導入ガイドver.1.0 P.2「1.はじめに」

 

Q2.オンライン授業が行われる期間は
  いつからいつまでですか?
オンライン授業(オンライン等の授業)は511日(月)から開始します。
今のところ、対面授業に戻る時期は決められていません。新型コロナウィルス感染症の拡大に収束のめどが立ち、皆さんが安心して授業を受けることができる環境が整うまでは、オンライン授業を継続することとなります。前期すべてがオンライン授業等になることも想定されます。

pdfアイコン_ss参考:2020年度 前期オンライン等の授業開始について

 

Q3.オンライン授業はどのようにして行われるのですか?
各授業は、「Google Classroom」というWebサービスを中心として、授業の目的に適した形態で行われます。おもな授業の形態は以下の3通りです。それぞれの授業がどのような形態で行われるかについては、授業ごとに案内されます。

≪オンライン授業のおもな形態≫

  • テキスト・教材配付型:
    講義資料などの学習資料や課題が配信され、学習するタイプ
  • オンデマンド型:
    映像・音声・スライドなどの学習資料が配信され、視聴しながら学習するタイプ
  • ライブ型:
    ビデオ会議システムを用いて授業をライブ配信して双方向で学習するタイプ

学生の皆さんは、インターネットに接続された通信機器(パソコンやタブレット、スマートフォンなど)で、自宅等で講義を視聴したり、課題に取り組んだりすることになります。

pdfアイコン_ss参考:学生のためのオンライン授業導入ガイドver.1.0 P.5「4.授業のタイプ」

 

Q4.受講する授業についての案内は
どのように行われるのですか?
授業の案内は、授業担当の教員から58()までに Google Classroom を通じて行われます。メールをチェックするようにしてください。

pdfアイコン_ss参考:2020年度 前期オンライン等の授業開始について

 

Q5.オンライン授業に関するオリエンテーション等は
行われるのですか?
はい、行います。
担任・副担任の先生から、オンライン等の授業の練習をかねて、オリエンテーションが4月27日(月)から5月1日(金)にかけての期間※に行います。その際に Google Classroom を使用します。
Google Classroomの登録・利用方法(ガイド)pdfを必ず確認してください。
※一部、この期間にオリエンテーションを行えない授業もあります。その場合は授業担当の先生の指示に従ってください。

参考:2020年度 前期オンライン等の授業開始について
オンライン授業について【全学生対象】

 

Q6.オンライン授業に関するガイドはどこで確認したり、
ダウンロードしたりできますか?
下記のページから確認(必要に応じてダウンロード)してください。

オンライン授業について【全学生対象】

 

Q7.教科書はどのようにして購入するのでしょうか?(5/8改訂)
文化学園在学生向け教科書・教材等の販売サイトをウェブサイト上に設置しています。以下のボタンから確認してください。なお、教科書は大学(教科書売り場)でも販売していますので、後日、都合の良いときに大学で購入することも可能です。※教科書販売の期間は、6月末までの予定です。

文化学園購買事業部
教科書

 

Q8.日本国外にいます。
教科書をどのようにして入手すれば良いですか?(5/8追加)
科目によって対応が異なることがありますので、まずは、科目担当の先生に確認後、必要な方は購買の販売サイトで購入してください。日本国外にいることで教科書がなかなか手元に届かない、また入手できないことがあった場合でも、そのことによってみなさんが不利益を受けることがないように最大限努めます。
 
【文化学園購買部より】海外在住の皆さんへ:教科書の購入・発送について

 

Q9.ライブ型授業の映像は録画されるのですか?(5/22追加)
本学では、担当教員が予告をしたうえで「ライブ型授業」を録画することがあります。録画した動画は、ネット環境等の不具合等により、受講できなかった欠席者への補講等を目的に限定して利用するものです。学生の皆さんには、ぜひともこの必要性を理解したうえでご協力をお願いします。なお、録画をするにあたって、個人が特定できる形でみなさんの姿や声が入り込まないことを前提としていますが、 授業の形態によりやむをえずそれらが含まれてしまうことが考えられます。あらかじめご了承ください。

 

Q10.オンラインで行われる授業について、
公欠の手続きはどのように行えばよいですか?(5/29追加)
まずは担当の先生に、公欠に該当する理由(慶弔、就職活動など)により欠席することを申し出てください。また、登校できるようになった後に、履修要項の「諸届けの手続きについて」を参照し、A館ロビー階事務局内にある「公欠・慶弔欠席届」に記入後、用紙下欄に従い全ての捺印を得てから教務課へ提出してください。


 
 
II. オンライン授業のための機材やツールに関するFAQ 
(2020年5月29日現在)

Q1.オンライン授業を受けるために最初に
準備しなければならないことは何ですか?
Bunka KNet アカウント(学校Googleアカウント)が必要です。「wu学籍番号@bunka-wu.ac.jp」の形で入学時に皆さんに付与されているものです。
これを、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで使用できるよう準備してください。設定方法については、入学時に配布した「Bunka KNet 教育系ネットワーク利用手引き」を参照してください。
pdfアイコン_ss参考:学生のためのオンライン授業導入ガイドver.1.0 P.3「2.準備すること

 

Q2.オンライン授業を受けるために、
準備しなければならない機器などはありますか?
通信機器(パソコンやタブレット、スマートフォンなど)とインターネット回線が必要ですので、各自で準備してください。

  • 通信機器について
    パソコン(カメラ、マイク、スピーカーを搭載したもの)を利用した受講を推奨します。5月いっぱいはスマートフォンやタブレットによる対応で可能なものを中心として行いますが、6月からは本格的なオンライン等の授業が受講できるよう、各自で準備することで、よりスムーズに授業を受けることができます。パソコンを用意する場合には、学科により推奨する機能やスペックが異なるので、所属学科の先生に確認してください。
  • インターネット回線について
    適切に利用できるインターネット回線を準備してください。新たに、インターネット回線を敷設する場合には、プロバイダの契約や回線工事に数週間の時間を要する可能性があるので注意してください。また、モバイルWi-Fiやスマートフォンなどモバイル回線によるインターネット通信を利用する場合には、契約プランの容量を確認してください。期間や容量による速度制限があるプランの場合には、容量が不足する可能性があります。

参考:2020年度 前期オンライン等の授業開始について
pdfアイコン_ss学生のためのオンライン授業導入ガイドver.1.0 P.3「2.準備すること

 

Q3.オンライン授業を受けるために、準備しなければならない
アプリケーションなどはありますか?
各授業は、「Google Classroom」というWebサービス(無料)を中心として行われます。Google Classroomの登録・利用方法(ガイド)は、大学ホームページにアップしています。オリエンテーション期間中に必ず確認し、基本操作を身につけておくようにしてください。

参考:2020年度 前期オンライン等の授業開始について
pdfアイコン_ss学生のためのオンライン授業導入ガイドver.1.0 P.4「3. Google Classroomの概要を理解しよう
   オンライン授業について【全学生対象】

 

Q4.「Google Classroom」でアカウント登録をするとき、
  個人用の Google アカウント(〇〇@gmail.com 等)を利用しても良いですか?(5/8追加)
Google Classroom を使用できる Google のアカウントは、文化学園大学から配布された学校アカウント「wu学籍番号@bunka-wu.ac.jp」のみです。必ずこちらを使用してください。
(個人用の Google アカウント(〇〇@gmail.com 等)では Classroom を利用することはできません)

pdfアイコン_ss参考:Google Classroomの登録・利用方法(ガイド)

 

Q5.「Google Classroom」でアカウント登録をする際、
誤って「教師」として登録リクエストを送信してしまいました。
どうすれば良いですか? (5/7 追加)
みなさん自身では修正できません。教務課(wu-kyoumu@bunka-wu.ac.jp)にすぐに連絡してください。

pdfアイコン_ss参考:Google Classroomの登録・利用方法(ガイド)

 

Q6.Office 365 Education について、
  本学の契約状況を教えてください。 (5/8追加)
大学として、Office365 Educationの利用契約は結んでいません。
なお、学生の皆さんが学校 Google アカウント(wu学籍番号@bunka-wu.ac.jp)でこれを使用することは特に禁止しません。(ただし、無料版 Office365 の Word・Excel 等では本来のレイアウトから文字や図がずれてしまい、きれいに表示できない場合がありますので注意してください)

 

Q7.履修登録をしたのですが、
  クラスコードの案内が届きません。どのようにすれば良いですか? (5/13追加)
履修登録をした前期開講科目・通年開講科目について、5月8日を過ぎても担当の先生から案内が届いていない場合は、すぐに科目担当の先生に問い合わせてください。(自身のメールの受信フォルダ、迷惑メールフォルダ等もよく確認してください)
なお、クラスコードの案内が届いていない場合で、そのことによって初回の授業に参加できない、提出物の〆切などが間に合わないなどの事態が生じた場合は、必ず科目担当の先生に相談するようにしてください。不利益のないように、できる限りの配慮に努めます。

 
 
Ⅲ. オンライン授業の受講のルール・マナーに関する FAQ (2020年5月29日現在)

Q1.オンライン授業の様子を録画したり、
スクリーンショットを撮影したりして、
共有サイトや SNS にアップしてもいいですか?
 (5/29追加)
してはいけません。他の履修生や教員のプライバシーを侵害する行為や著作権を侵害する行為に該当する可能性があるからです。オンライン授業の受講にあたり、履修生や教員のプライバシーを侵害する行為、著作権を侵害する行為、また情報セキュリティを脅かす行為、授業進行の妨げとなる行為、またこれらが疑われる行為が判明した場合、「文化学園大学・文化学園大学短期大学部の学生懲戒に関する規程 第4条(5)情報倫理に反する行為」に基づき懲戒の対象となることがあります。十分に意識を高めて授業に臨んでください。

【オンライン授業の受講に際しての禁止行為の例】
・オンライン授業に参加するための URL、ID やパスワードを他人と共有すること。
・オンライン授業の様子を担当教員・出席者の許可なく写真で記録し、SNS 等で他人と共有すること。
 また、授業の内容を録音・録画し、Web 上等で公開すること。
・オンライン授業で提供された資料等を、担当教員の許可なく他人に配布すること。

pdfアイコン_ss参考:「文化学園大学・文化学園大学短期大学部の学生懲戒に関する規程」
【学生の皆さんへ】オンライン授業を受講する上での禁止行為について

以上


  • 大学へのお問い合わせ
  • 学校見学 入学相談
  • 資料請求
  • アクセス

TO TOP